妊娠超初期の下腹部痛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠超初期 の体は何かと不安定なもの。

そんな時期に 下腹部痛 が起きると、心配になってしまいますよね。

ここでは、妊娠超初期に起きることが多い下腹部痛の症状や原因、対策、注意点などをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

妊娠超初期の下腹部痛について

妊娠超初期の下腹部痛の症状とは

卵子に精子が受精して受精卵となり、子宮内膜に着床すると、妊娠成立となります。

しかし、妊娠が成立したからといって、母親の体調にすぐさま変化が現れるわけではありません。

多くの場合、何らかの体調変化を自覚するのは生理予定日から1週間ほど過ぎた頃です。

その頃になると、下腹部痛や、早い人ではつわりなどの症状が起こってきます。

妊娠超初期に現れる下腹部痛の症状として比較的頻度が高いのは、「生理痛のような重い鈍痛」「チクチクと針で刺すような痛み」「ズキズキした痛み」「子宮のあたりを引っ張られるような痛み」です。

また、足の付け根や恥骨などに痛みを感じる人もいます。

妊娠に心覚えがあり、生理予定日から1週間ほど過ぎた頃に上記のような症状が見られる場合は、妊娠超初期に伴う下腹部痛の可能性があるといえます。


妊娠超初期の下腹部痛の原因とは

妊娠超初期に下腹部痛が起きる原因としては、「子宮が大きくなり始める」「子宮への血流が増す」「産道を広げるために骨盤周辺のじん帯がゆるむ」などが挙げられます。

また、妊娠によるホルモンバランスの変化で卵巣が腫れたり、同様にホルモンバランスの変化で便秘や下痢などが起きたりすることで、下腹部痛を訴える人もいます。

下腹部痛の程度や頻度は人によってさまざまで、はっきりとした痛みを感じる人もいれば、違和感程度の人もおり、また下腹部痛がまったくないという人もいます。


妊娠超初期に下腹部痛が起きたらどうする?

妊娠超初期の場合は、妊娠自体が未確認なケースも少なくないため、まずは産婦人科で妊娠を確認する必要があります。

無事に妊娠が確認でき、上記に当てはまるような症状が見られる場合は、妊娠超初期の下腹部痛の可能性が高いと考えて良いでしょう。

妊娠超初期の下腹部痛は、妊娠に伴うさまざまな変化に体がなじもうとしている現れです。大抵の場合は、時間の経過と共に症状が和らぐ・消失するので心配は要りません。

しかし、妊娠超初期は流産しやすい時期でもあるので、「重いものを持つのは避ける」「激しい運動はしない」「ストレスをためない」「無理はしない」など、普段以上に体調に気を配る必要があります。また、「下腹部を冷やさない」「冷たいものをとりすぎない」など、体の冷えにも気をつけた方が良いとされています。

妊娠超初期の下腹部痛は、お腹の赤ちゃんがママに「無理をしないで」と教えてくれているサインだと考えて、できるだけ安静に過ごすようにしましょう。


こんな症状があったら要注意

妊娠超初期に見られる下腹部痛の多くは心配の要らないものですが、「出血がある」「下腹部の張りが強い」「我慢できないほどの痛みがある」などの場合は、流産の危険性があるため、早急に専門医を受診する必要があります。

特に、出血がある場合は急を要するケースも少なくないため、かかりつけの産婦人科や、旅行などで遠方にいる場合は近くの専門医を、できるだけ早く受診するようにしてください。


妊娠以外に下腹部痛を引き起こす病気とは

妊娠超初期以外にも、下腹部痛を引き起こす原因はたくさんあります。

特に、妊娠の心当たりがない・妊娠が確認できていない(していない)にも関わらず痛みが長引く場合は、次のような病気が原因で下腹部痛が起きている可能性が否めないため注意が必要です。

下腹部痛を引き起こす病気

子宮筋腫

子宮に「筋腫」と呼ばれる良性の腫瘍ができる病気です。

子宮の中に出来る「粘膜下筋腫」「筋層内筋腫」、子宮の外に出来る「漿膜下筋腫」の3種類に分けられます。

症状としては、下腹部痛・月経過多・腰痛・頻尿などが挙げられます。

子宮内膜炎

子宮内膜が細菌に感染して炎症を起こす病気です。

不妊検査の1つとして行う卵管通水検査の際などに感染して起きる場合があります。

症状としては、下腹部痛・下腹部の不快感・微熱・膿性帯下・不正出血などが挙げられます。

子宮内膜症

子宮内膜や、それに類似した組織が、子宮内腔以外の場所で発生・増殖する病気です。

成人女性の10~15%が罹患しているとされ、近年は増加傾向にあります。症状としては、下腹部痛・性交時痛・排便痛・不妊などが挙げられます。

また、胸膜・肺・尿路など性器以外の場所に発生した場合は、生理周期に合わせて血痰・下血・血尿などの症状が見られる場合もあります。

このように、ひとことに下腹部痛といっても、妊娠超初期の心配不要なものから、治療を必要とする病気によるものまで、原因はさまざまです。

下腹部痛が長引く場合は、念のため専門医の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存