妊娠初期に絶対に気をつけておくこと!知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

妊娠初期、赤ちゃんができた時って本当に嬉しいし幸せな気持ちでいっぱいになりますよね(^^)

その感動を今でも覚えています!

でも、妊婦さんになったからには「気をつけなければならないこと」が、意外とたくさんあることをご存知でしょうか?

妊娠前の生活と一緒なんて絶対にだめ!!

何気ない行動・生活がもしかするとお腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまって、手遅れに…

なんてことにならないように、今回は「妊娠初期に絶対に気をつけておくこと」をご紹介いたします。

これを読んだ妊婦さんは今日から実行しましょうね!!


スポンサーリンク

妊娠初期に絶対に気をつけておくこと!知っておきたいこと

妊娠初期の喫煙

喫煙なんて絶対にだめですよ!!

今までタバコを吸っていた方は、お腹の赤ちゃんの為に直ちに禁煙しましょう。

タバコに含まれるニコチンが赤ちゃんに悪影響を及ぼします。

・早産、流産

・低出生体重児

・不正出血

・早期破水

・知能の遅れ

タバコには、こんなにもリスクがあるのです。

もちろんご自身だけでなく家族にも禁煙してもらうようにしましょう!


妊娠初期の飲酒

じつは妊婦さんがお酒を飲むと、血液を通じて赤ちゃんにほぼ同じ濃度のアルコールが胎盤を通じて届いてしまいます。

妊婦さんがアルコールを摂取し続けると、お腹の赤ちゃんには以下の障害の可能性が出る場合があります。

・脳の発達の遅れ

・体や知能の障害

また、「胎児性アルコール症候群」の赤ちゃんが生まれることもあるので、今までお酒を飲んでいた方も禁酒しましょう!


妊娠初期のカフェイン

コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインには、長期にわたり多量摂取していると「流産・死産」リスクが非常に高まり、また「胎児の発育の遅れ」などの悪影響の恐れがあります。

また、胎盤を作るのに必要な血流を妨げる効果があるので、妊娠中はカフェインの摂取に気をつけましょう!

意外な食べ物・飲み物にも入っていることがあるので表示などを気にしてみるといいかもしれません。

また、私がよく利用していたのが「スターバックス」です。スターバックスには「ディカフェコーヒー」といって、カフェインが抑えられたコーヒーが販売されています!

メニュー表には載っていないので、店員さんに直接言ってみましょう♪


妊娠中の生もの

妊婦さんは特に免疫力が低下しています。

今までは平気で食べていた生ものでも、細菌に感染してしまうことがありえます。

特に生肉についている「トキソプラズマ」という細菌には、お腹の赤ちゃんに障害がでる可能性があります。

生肉、生魚、生野菜などは火を通してから食べましょう!

もちろん「お寿司」も例外ではありません。

どうしても行きたい方は、火が通っているものや、加工されているお寿司を食べて雰囲気だけでも味わいましょう!


妊娠中の薬

妊娠すると市販の薬は飲めなくなります。

妊娠4週間目以降には、赤ちゃんの器官が作られる大切な時期になるので、この時期にママが薬を飲んでしまうと成長に影響を与えてしまいます。

普段飲んでいた薬でも、病院に行って「妊娠している」ということを伝え、新しい薬を処方されることをおすすめします!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

妊娠中は、我慢することばっかりでイライラする!

と思いがちですが、イライラは赤ちゃんにとって悪影響なのです。

ですから、引きこもるのではなく外に出て無理のない程度に体を動かし気分転換をしたり、ディカフェコーヒーや子供が産まれると行きにくい焼肉屋さんや高級レストランなどに行ってみるのもいいかもしれませんよ(^^)

妊婦期間はたったの10ヶ月です。

この10ヶ月を赤ちゃんのためと思えば短いものですよ♪

マタニティライフたくさん満喫してください(^^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存