妊娠したら温泉入っちゃいけないって聞いたけどほんと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中 の 温泉 は母体や胎児に悪影響を与えるので控えるべき」という話を聞いたことのある人は多いと思います。

たしかに、ひと昔前まで温泉の禁忌事項には「妊婦」の記載がありました。

でも、本当に妊娠したら温泉に入ってはいけないのでしょうか?

妊娠と温泉の関係や注意点などをご紹介します。


スポンサーリンク

妊娠したら温泉入っちゃいけないって聞いたけどほんと?

妊娠中でも温泉の利用はOK

まず、妊娠中でも温泉を利用することは問題ありません。

かつては、温泉入浴を控えるべき者の項目に「妊婦」が記載されていたことから、妊婦が温泉に入るのはNGとされていました。

しかし、2014年に温泉法が改正され、禁忌事項から「妊婦」が外されたことで、公式にも妊娠中の温泉の利用がOKとなりました。

過去の温泉法でなぜ妊婦がNGとなっていたのかは、環境省の記録にも残っていないため不明とされていますが、妊娠中は体調が不安定でのぼせや貧血を起こしやすい・お腹の大きな妊婦は濡れた床で滑って転倒しやすい、というような懸念から、そのような措置が取られていたのではないかと考えられています。

現在では、妊娠中であっても温泉の利用は何ら問題ないとされています。

ただし、妊娠中の温泉入浴にはいくつかの注意点もあるので、事前にきちんとチェックしておきましょう。


泉質に気をつける

入浴は問題ないといっても、妊娠中の体はデリケートです。

肌荒れや体調不良を引き起こさないためにも、泉質は刺激の少ない単純泉を選ぶと良いでしょう。

また、泉質によっては妊婦の入浴を禁止にしている温泉もあります。

お湯に入る前には、必ず注意事項に目を通すように心がけてください。


長湯はしすぎない

温泉にゆっくり浸かりたい、という人も多いかと思いますが、長湯をしすぎると、のぼせや脳貧血を引き起こし、転倒などにもつながる恐れがあるので注意が必要です。

1回の入浴時間は、10分程度を目安にすると良いでしょう。

気持ち早めにお湯から上がるようにすると安心です。

また、妊娠中は血圧が上がりやすくなるため、血圧の上昇を招きやすい熱すぎる温泉・低温すぎる温泉は避けるようにしてください。


足元に注意する

温泉の床は、温泉成分の影響もあり、自宅の浴室に比べてぬるぬると滑りやすい場合が多いものです。

特にお腹が大きくなってくると、足元が見えにくい・身体のバランスが取りにくいなどの理由で、転倒しやすくなります。

滑って転倒し、固い床にお腹や腰を強く打ち付けると、最悪の場合流産や早産を招いてしまう恐れもあります。

そのような事態を招かないためにも、足元には十分に注意をして移動するようにしましょう。


入浴後は十分な水分補給をする

温泉に入ると、体の水分が大量に失われます。

脱水状態にならないためにも、入浴の前や後には、コップ1~2杯程度の水分補給を行うようにしましょう。


妊娠初期や臨月の入浴は避ける

妊娠初期や臨月は、母体も胎児も不安定な状態です。

温泉法ではOKとされていても、この時期はできるだけ、温泉の入浴は避けた方が賢明です。

温泉旅行は安定期に楽しむことをおすすめします。


妊娠中のストレスを温泉でリフレッシュ

妊娠中は体調不良に加えて様々な制約があり、ストレスも溜まりがちです。

ストレスを溜めこむことは、母体にもお腹の赤ちゃんにも良くありません。

先にも挙げたように、妊娠中の温泉入浴にはいくつかの注意点がありますが、その部分にきちんと配慮をすれば、温泉を楽しむことは可能です。

ぜひ、正しい入浴方法をチェックした上で、妊娠中のストレスを温泉でリフレッシュしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存