妊娠後期のむくみに効果抜群!弾性ストッキングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠後期のむくみに効果抜群!弾性ストッキングとは?

ninnsinnkouki-mukumi

妊娠をして身体にもさまざまな変化が表れますよね。

そんな変化の中でも悩みの種なのが「むくみ

妊娠後期 に入ると足のむくみが気になってくる妊婦さんも多いです。

そこで、むくみの症状を和らげてくれるのが「弾性ストッキング」です。

ここでは、むくみの原因と弾性ストッキングの効果についてご紹介します。


むくみはなぜ起きるの?

むくみは血液の循環と深い関わりがあります。

心臓がポンプのような働きをすることで、血液が動脈を通って体内を巡り、水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。

それと同時に細胞内で不要になった水分が、静脈やリンパ管へ戻ってきて体内を循環します。

この戻ってくるべき水分が、スムーズに流れずに溜まってしまっている状態が「むくみ」です。


むくみの原因

一般的なむくみの原因は、

  • 長時間立ちっぱなし
  • 運動不足による冷え・血行不良
  • 水分・塩分の摂り過ぎ

これらが当てはまっていることが多いです。

妊娠している場合、身体がお腹の赤ちゃんに栄養を与えようと血液を増加させます。

そのため、血液量が増えたことで体内の水分量も増え、むくみやすい状態になっています。

また、お腹が大きくなって重くなると、足の付け根の方に赤ちゃんが降りてきます。

それが血管を圧迫し、血液の循環を滞らせてむくみの原因に。

あまりにむくみがひどい場合は妊娠高血圧症候群の可能性もあるため、産院で受診をおススメします。


むくみ解消法

そんな悩ましいむくみの解消法をご紹介します。

足を高い位置に上げる

下半身はもともと血液の流れが悪くなりやすい部分です。

寝る時や休憩する時にクッションなどを使って足を20cmほど高く上げましょう。

下半身に滞っていた体液が戻り、むくみを解消してくれます。

足を冷やさない

冷えは妊婦の大敵!冬はもちろん、夏でも冷房で足先が冷えてしまうこともありますよね。

靴下やレッグウォーマーなどで足先の冷えを予防しましょう。

もし冷えてしまったら足湯も効果的なうえ、リラックス出来ていいですよ♪

マッサージをする

マッサージで足の血液を循環させることで、むくみが解消されます。

ですが、お腹が大きくなってくるとなかなか自分では難しいかもしれません。

そんなときはパートナーに頼んでマッサージしてもらいましょう。

夫婦のコミュニケーションも取れて、ゆったりした時間を過ごせそうですね。

ウォーキングする

歩くことでふくらはぎのポンプ機能が働き、血液の循環を良くしてくれます。

妊娠後期は運動不足になりがちなので、体重管理や体力づくりの面でも効果が期待できます。

体調を見ながら無理のない程度に歩いてみてください。

塩分を控え、カリウムの多い食べ物を摂取する

妊娠中は塩分を控えめにしましょう。

必要以上の塩分を摂ると、身体が濃度を薄めようとして水分を多く取り込み、むくみを引き起こします。

余分なナトリウムを外に排出してくれるカリウムを多く摂取するのも効果的です。

バナナやリンゴなどのフルーツや、納豆、こんぶなどに多く含まれています。

弾性ストッキング・着圧ソックスを使用する

一番簡単に試せて効果が期待できるのが「弾性ストッキング」を着用することです。

弾性ストッキングや着圧ソックスは、心臓に近い場所は圧力を加えず、足首の部分に最も圧力がかかるように作られています。

足首から太ももへ徐々に圧が弱くなっているので、下半身で滞っている体液の戻りを助ける働きをしてくれます。


弾性ストッキングの効果は?

着用するときにきついので、足をしめつけてしまって逆効果では?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

弾性ストッキングを着用することで得られる効果が気になりますよね。

筋ポンプ作用を強化!

足を適度な圧力で圧迫することで、ふくらはぎのポンプ機能を手助けしてくれます。

足首からふくらはぎへと上にいくに従って段階的に圧力が低くなるように設計されているため、静脈の血流を心臓に戻してくれます。

老廃物がスムーズに流れることで、むくみ解消に繋がります。

リンパ浮腫の解消!

弾性ストッキングを着用することで、足の静脈内のよどみを少なくし、深部静脈の血流がよくなります。

リンパ管で滞っているリンパの流れも良くなり、リンパ浮腫が改善されます。


弾性ストッキングの注意点

弾性ストッキングは医療用です。着用する前に産院の医師に相談してみましょう。

手軽に試したい方は、市販されている段階圧力ストッキングを試してみましょう。

むくみを予防したい場合は、朝一番に弾性ストッキングを着用するのが大事です。

夜に弾性ストッキングを着用する場合は、圧力が低いものを着用しましょう。

横になっている時は静脈内にかかる圧力が低下するため、弾性ストッキングの圧力が強くなりすぎてしまう恐れがあります。


弾性ストッキングで手軽にむくみ解消!

履くだけで手軽にむくみが解消できる「弾性ストッキング」

むくみが起きやすい妊娠後期に、1枚は持っておきたいアイテムですね♪


まとめ

妊娠後期のむくみに効果抜群!弾性ストッキングとは?
むくみはなぜ起きるの?
むくみの原因
むくみ解消法
弾性ストッキングの効果は?
弾性ストッキングで手軽にむくみ解消!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ