妊娠検査薬を使う時期には注意が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

「もしかして妊娠したかも……?」そう思った時、一番最初に手に取るのが 妊娠検査薬 です。

ドラッグストアなどで購入でき、誰でも気軽に使える妊娠検査薬。

しかし、正確な結果を得るためには、正しい使い方を知っておく必要があります。

妊娠検査薬を使う時期や注意点などをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

妊娠検査薬を使う時期には注意が必要?

妊娠検査薬とは

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬とは、尿の中に含まれるhCGというホルモンを計測して、妊娠しているか否かを判定する薬のことです。

hCGとは、受精卵が着床して胎盤が出来ると胎盤の中で作られ始めるホルモンの名称です。

妊娠していない時にはhCGが尿中に含まれることはないため、hCGの値を測定することで妊娠の有無が分かるという仕組みになっています。

妊娠検査薬の使い方

製品によって細かな部分は異なりますが、一般的な妊娠検査薬では、スティックの先端にある尿を吸収するパーツ(尿吸収体)に尿をかけてキャップをし、1分程度放置します。

妊娠している場合は、判定窓と呼ばれる部分にラインが現れます。

尿吸収体に上手く尿がかけられない場合は、紙コップに採尿をしてから、尿吸収体を一定時間浸して検査を行うこともできます。

製品のオフィシャルサイトなどでは、判定の見分け方を画像つきで説明しているので、参考にしてみると良いでしょう。


妊娠検査薬を使う時期

妊娠検査薬を使うのに適している時期は、一般的に生理予定日(妊娠4週目頃)の一週間後頃と言われています。というのも、hCGが尿の中に出てくるのが妊娠4週目頃とされているからです。

妊娠4週目より以前に検査を行った場合、仮に妊娠していたとしても、hCGの量が不十分で陰性判定が出てしまう可能性があります。

「妊娠しているかどうか早く知りたい」と思っていたとしても、より正確な結果を得たいと考えるのであれば、妊娠の可能性がある性行為を行った日から数えて4週目頃までは、妊娠検査薬を使ってのチェックは待つようにしましょう。


妊娠検査薬を使う際の注意点

とても便利な妊娠検査薬ですが、使う際にはいくつかの注意点があります。

使用説明書をちゃんと読む

妊娠検査薬の使い方は製品によって異なります。

きちんとした結果を得たいのであれば、多少面倒に思っても、使用説明書にはちゃんと目を通すようにしましょう。

尿吸収体に尿をかける時間や、判定が出るまでにかかる時間をしっかり把握しておくことで、より正確な結果を得ることができます。

生理が始まらない

妊娠検査薬で陰性の結果が出たにも関わらず、生理予定日を過ぎても生理が始まらない場合は、3日程期間を空けてから再検査をするようにしてください。

前述のとおり、実際には妊娠しているのに、hCGの量が足りずに偽陰性の判定が出ている可能性があるからです。

また、不正出血や腹痛など気になる症状が見られる場合は、何らかのトラブルが起きている可能性があるため、できるだけ早めに専門医を受診しましょう。

確定診断を受ける

妊娠検査薬で陽性判定が出た場合は、産婦人科を受診して、医師の診察による確定診断を受けるようにしてください。

妊娠検査薬では、正常妊娠であるかどうかまではわかりません。経腟超音波などの検査を行って、初めて「正常妊娠である」という確定診断を得ることが出来ます。

妊娠にはさまざまなリスクが伴います。

胞状奇胎や子宮外妊娠など、放置していると母体の命に関わるケースもゼロではありません。

母体とお腹の赤ちゃんの安全を守るためにも、妊娠検査薬でのチェックだけで済ませてしまわずに、必ず専門医を受診しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存