年齢別の妊娠する確率ってどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

近年は、女性の社会進出や晩婚化の影響で、高齢妊娠・高齢出産も増加の一途を辿っています。

しかし、妊娠・出産年齢が上がるにつれて気になるのが妊娠率の問題です。

ここでは、年齢別の妊娠する 確率 や、高齢妊娠に伴うリスクなどについて詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

年齢別の妊娠する確率ってどのくらい?

歳を取ると妊娠する確率は下がる!?

子供を産むのに最適な時期は、その人の生き方や体調、人生プランなどによって異なるため、一概に「いつが最適」と言い切ることはできません。しかし、一般的には、自然妊娠に最適な年齢は20代~35歳位までと言われています。

その証拠に、不妊の割合を年代別に示したデータによると、25~29歳は8.9%、30~34歳は14.6%なのに対し、35~39歳は21.9%、40~44歳は28.9%と、年齢が高くなるにつれて不妊の割合も右肩上がりに増加することが分かります。

つまり、個人差はあるものの、歳を取ると妊娠する確率は下がると言えるのです。


自然妊娠と不妊治療による妊娠の違い

妊娠には、自然妊娠と、不妊治療による妊娠の2種類があります。

自然妊娠とは、専門医による医療的なサポートを受けず、自然な夫婦生活の中で子供を授かることを言います。それに対して、不妊治療による妊娠は、性交のタイミング指導や人工授精・体外受精など、医療的なサポートを受けた上での妊娠を指します。

年齢が高くなるにつれて自然妊娠の確率が下がることは前述しましたが、不妊治療による妊娠も、両親が高齢の方が妊娠成立の確率は低下するとされています。


現在は高齢妊娠が増えている

現在は、女性の社会進出や晩婚化・晩産化によって、高齢妊娠や高齢出産をするケースが増えています。

2014年のデータでは、その年に出産した全女性の26%が35歳以上の高齢出産だったという報告もあります。つまり、現代社会においては、3人に1人が高齢妊娠・高齢出産をしているということになります。

生物学的には、排卵がスタートする12歳頃から閉経を迎える50歳頃までであれば、妊娠は可能であるとされています。実際に、50歳を過ぎてから妊娠・出産をした事例も、稀ではありますが実在します。

これから先も、晩婚化・晩産化による高齢妊娠・高齢出産は増加していくものと考えられています。


高齢妊娠に伴うリスクとは?

増加の一途を辿る高齢妊娠ですが、高齢での妊娠・出産にはさまざまなリスクが伴います。以下に、主なリスクについてご紹介します。

染色体異常や流産のリスクが高くなる

高齢妊娠や高齢出産にあたり、最も懸念されるリスクの1つが、胎児の染色体異常や流産です。加齢は肉体だけでなく、卵子や精子も老化させます。その結果、胚や受精卵に染色体異常が起こりやすくなります。

染色体異常が引き起こす代表的な障害の1つである「ダウン症候群」を例に挙げると、25歳と40歳の女性を比較した場合、40歳の女性から生まれる子供は、25歳の女性から生まれる子供に比べて約10倍、ダウン症候群を発症するリスクが高まると言われています。

また、染色体異常は流産の原因にもなるため、高齢妊娠であればあるほど、流産のリスクも高くなります。

妊娠中特有の病気にかかりやすくなる

高齢妊娠は、妊娠中特有の病気にかかるリスクも増加させます。

妊娠中特有の主な病気として、高血圧による頭痛・たんぱく尿・むくみなどが現れる「妊娠高血圧症候群」がありますが、40歳以上の初産婦は、そうでない女性に比べて、この病気を発症するリスクが高まると言われています。

また、妊娠中は母体にさまざまな負担がかかり、免疫力なども低下しやすくなります。もちろん個人差はありますが、高齢妊娠の場合は体調を崩しがちになるケースが多いため注意が必要です。

胎児や新生児の死亡率が高くなる

高齢妊娠は、母体だけでなく、胎児や新生児の健康にもリスクを及ぼします。

母体の年齢が高くなると、周産期死亡率(妊娠22週以降の胎児や生後1か月以内の新生児の死亡率)も高くなるということが研究により分かっています。ちなみに、周産期死亡率が最も低いのは25~29歳の女性と言われています。

このことから、高齢妊娠・高齢出産の場合は、妊娠中の胎児の発育状態だけでなく、出産後の胎児の健康にも十分な注意が必要であると言えます。


高齢でも妊娠・出産をするためにはどうすればいい?

ここまで、高齢出産・高齢妊娠におけるリスクについてご紹介してきましたが、35歳以上の女性でも、健康な赤ちゃんを無事に出産している人は大勢います。

高齢でも無事に妊娠・出産をするためには、日頃からバランスの取れた食生活や適度な運動などを心がけ、心身の若さと健康を保つ努力をすると同時に、高齢妊娠・高齢出産に伴うリスクを正しく理解しておくことが大切です。

妊娠を希望する方は、年齢別の妊娠の確率やリスクについて、日頃から最新の知識を得ておくようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存