妊娠したらいつまで仕事を続けても大丈夫?注意すべきことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

1歳4ヶ月の息子を育てている、1児のママです!

私もそうでしたが、現役でバリバリ 仕事 をしていた時期に 妊娠 が発覚しました。

赤ちゃんができたことはとても嬉しいのですが、同時に仕事はどうしよう…と悩むこともありました。

私の場合はつわりがとても酷くてこのまま働いていても返って職場に迷惑をかけると思い、すぐに退職をしてしまいました。

同じような境遇や思いを抱えている妊婦さんがいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな方のために「妊娠が発覚したらいつまで働くことが可能なのか」また「仕事をする上で注意すべきこと」などご紹介いたします!


妊娠が発覚したらいつまで仕事を続けても大丈夫?注意すべきこととは!?

仕事はいつまで続けられる!?

仕事内容によりますが、保育士さんは妊娠9ヶ月まで働くことができました。

自分の体の具合と相談し、また職場の理解を得やすいところなのかにもよると思います。

育休・産休がある会社であれば、そういった福利厚生をうまく利用して、無理に働かず子供がある程度大きくなり保育園に預けられるようになるまで体を休めるのも一つの方法ですよ!

「いつまで」ということはないので、ご自身が今なされている職種内容は妊娠中でも無理なく働くことができるのか?といったところで判断してみてはいかがでしょうか?


妊婦さんが仕事をする時の注意点!

立ち仕事の場合

接客業等でずっと立ちっぱなし、座れるのは休憩時間の30分だけ…

妊娠中はつわりや体調不良、立ちっぱなしで血行が悪くなり足が浮腫む、体重増加で腰に負担がかかるなどリスクは多々あります。

立ち仕事は自分が思っている以上に大きな負担がかかっていますよ!

職場に事情を説明したうえで配慮してもらったり、休日はゆっくり休むなど工夫が必要です。

座り仕事の場合

立ち仕事よりも座り仕事のほうが負担が少なくて良いかも!?と、思いがちですがじつは座り仕事もいろいろリスクがあります。

大きくなったお腹で長時間座りっぱなしだと、お腹を圧迫してしまい、吐き気やむくみの原因になります。

運動不足による冷えや体重増加も心配なので、適度に運動したり、時々立ってストレッチをしたり、座ってもできるストレッチやマッサージなどをして工夫しましょう!

重い荷物を持つ仕事

お腹に力が入ると、お腹が張りやすくなり妊娠初期なんかはとても危険です。

自転車・バイク・自動車に乗る仕事

お腹に振動が伝わりお腹が張ることもあります。

万が一事故にあった時には取り返しがつかないことも考えられます。

自動車では、長時間座り続けることで血流が悪くなりエコノミー症候群を引き起こす原因になるので注意しましょう!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記の記事を読んでいただいたうえで、今後仕事を続けるかどうか決めてみてください♪

もし仕事を続ける場合には、急な体調不良も考えられますので周りの理解や支えを得てから仕事をする決断をしてみてはいかがでしょうか?

あなたの体はもう1人のものではないのですよ?

私もキャリアを大切にしていたので、ギリギリまで働こうと決めていました。

私の職種は立ち仕事が主だったので正直とてもツラかったです。

そして何よりもツラかったのが「周りからの理解が得られていなかった」こと…

仕事は1人でするものではないことは当たり前ですよね?

そんな中で妊婦さんが仕事場に居ると変に気を使ったり、休憩時間が変わったり、忙しい時間帯に動けないなどの理由からあまり歓迎されていないことが分りました。

それがストレスとなり結果的に仕事を辞めてしまいました…

仕事もキャリアも大切かもしれませんが、新しい命のためにママになる準備期間をしっかりと過ごすことをオススメします(^^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ