妊娠9か月でやっておきたい7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠9か月 は32週~35週にあたり、妊娠後期に入ります。

お腹も大きくなり、なかなか動くのも一苦労になってくる時期ですね。

体の変化に伴い腰痛や便秘、後期つわりなどの症状が出てくる方も増えてきます。

まもなく出産を迎えるこの時期に、ぜひやっておくべき7つのことを紹介します。


妊娠9か月でやっておきたい7つのこと

やっておくべきこと①体重増加には注意して

この時期になると後期つわりが出てきてあまり食べられないという方もいる一方、食欲が増して体重がどんどん増えてしまうという方も。

もちろん食べる量が少なすぎても赤ちゃんの発育には悪い影響を与えてしまうので、栄養バランスの良い食事を適量食べることがポイントです。

妊娠後期になると今まで我慢していた分といって食生活が乱れやすくなってしまうパターンが多いのです。

ストレスによって暴飲暴食をしてしまったり、嗜好品に偏ってしまったりすることもありますが、やはり最後まで体重管理はしっかりと行っておきましょう。


やっておくべきこと②たっぷり寝て、しっかりと体を休める

9か月になるとお仕事をしていても産休に入る方がほとんどではないでしょうか。

仕事をしているとなかなかできないことがゆっくりと睡眠をとること。

さらに臨月に入るとお腹が大きくなって寝つきが悪くなり朝まで熟睡できなくなるという方も多いです。産後はもちろん赤ちゃんのお世話で眠れない日々が続いてしまいますよね。

もちろん産後の分まで寝だめ、ということは不可能ですが、できるだけ体を休めてゆっくりとリラックスして過ごしておきましょう。

お風呂に入ってしっかりと体を温めると寝つきがよくなって熟睡できますよ。


やっておくべきこと③入院グッズをしっかりと準備

37週になると生産期といわれ、いつ生まれもおかしくない時期に入ります。

そのため、入院準備は妊娠9か月のうちに済ませておくといいですね。

入院する際に必要なものは病院に聞いてみるとリストをいただけます。足りないものがあれば購入しておきましょう。

また、リストにあるもの以外でも、持っていたら役立つもの(いきみのがしのテニスボールやペットボトルのストローなど)がありますので、先輩ママさんや病院の助産師さんに聞いておくのもいいですよ。

臨月に入ると買い物に出かけるのも億劫になってしまうことも。この時期に行っておきましょう。

急な陣痛がきたときのために、準備した荷物はパパや家族に伝えておくことをお忘れなく。


やっておくべきこと④マタニティフォトなど記念に残ることを

妊娠中にやっておけばよかったことの一つに必ずあげられるのがマタニティフォトです。

産後にふと考えてみると、妊娠中の自分の写真って意外と撮ってないことに気づくケースが多いんですよ。

せっかくの大きなお腹、写真に撮っておくと記念に残っていいですよね。

将来お子さんにも、写真を見ながらお話することができます。

9か月だとお腹も大きくなっているのでマタニティフォトにはぴったりの時期です。パパも一緒に撮るとさらに良い記念になりますね。


やっておくべきこと⑤美容院に行っておこう

産後なかなかいくことができないのが美容院。気づいたら半年や一年も行っていないというママもいるほどなんです。

臨月に入るとシャンプーの時に上を向いて横になるのが非常に苦しかったり、特に生産期に入るといつ陣痛が始まってもおかしくないために長時間のお出かけはちょっと心配ですよね。

産後は自分の髪の手入れに時間をとることも難しくなってくることもありますので、この時期に美容院に行っておいて出産を迎えておくことをお勧めします。

産後の抜け毛が心配という方は、その点も踏まえて美容師さんと相談してカットするのもいいですね。

やっておくべきこと⑥産後のファミサポや宅配サービスなど調べておこう

産後はなにかと忙しくてPCやスマホを見ている暇もなくなってしまいます。

この時期に産後のサービスについてしっかりと調べておきましょう。

特に里帰りをせずに夫婦二人で過ごす場合は、何かあったときのためにファミリーサポートや食事の宅配サービスを調べておくといざというときに慌てずにすみますよ。

地域の自治体で補助金が出たりする場合もありますので、お住まいのところに問い合わせしてみるのもおすすめです。

事前登録がいる場合もありますので、早めのチェックが必須です。


やっておくべきこと⑦大掃除、断捨離

出産するとびっくりするほど物が増えていきます。子供のものを置くスペースを確保しているつもりでも気づいたら置けなくなってしまっているということも。

自分のものやパパのものなど、じっくりと仕分けする時間があるのもこの時期までです。思い切って断捨離を行ってみるのもいいですね。家具のレイアウトを変えて赤ちゃんが過ごしやすい空間を作っておくこともおすすめです。

また、里帰り出産の方は9か月頃に帰るケースが多いのではないでしょうか。

パパに掃除を期待できる方はいいですが、期待できない方はしっかりと大掃除をしておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存