妊娠しているときこそ「運動」を!そのメリットとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

1歳3ヶ月の息子を育てている、1児のママです!

妊娠中のみなさん!運動 してますか?

妊娠中 は、体が思うように動かなかったり、つわりや体調不良のせいで気分がすぐれなかったりといろいろありますよね?

お腹に赤ちゃんがいる時は安静にしておくべき!

気分が憂うつだから外には出ない!!

そんなこと思っていませんか?

じつは、妊娠している時こそ「運動」することが大切になってくるのです!

今回は、妊娠中の運動について、メリットや注意点を踏まえてご紹介いたします♪

どうぞ、参考までに最後までお付き合いください。


スポンサーリンク

妊娠しているときこそ「運動」を!そのメリットとは!?

妊娠中に運動はしてもOK!?

じつは、妊娠中の運動はいいことばかり!!

自律神経を整える働きがあるため、心身ともにリラックスできる状態が期待できます。

妊娠中は思うように体が動かず、すぐに疲れたりとイライラしたりしますよね。

また、ホルモンバランスの影響で情緒不安定の状態になる方が多いので、運動をして気分転換することをとてもオススメします!

そのほかにも、いろいろなメリットがあるのでご紹介します♪


妊娠中に運動をするメリットとは!?

便秘の解消

どんどん大きくなる子宮が原因やホルモンバランスの影響で妊娠中は便秘になりがちです。

食べ物で改善しようとしてもつわりのせいで食欲がなかったり、市販の下剤は妊娠中は飲むことができなかったりと便秘の改善方法は難しいものですね。

そんな時にオススメするのが「運動」です!

適度なウォーキングは、腸を刺激してくれるので腸が活発に動くようになり便秘の解消が期待できます。

病院で薬に頼りたくない方は、ぜひ軽めのウォーキングを試してみてくださいね(^^)

体重管理

妊娠後期になると特に体重の増加が気になります。

健診のたびに「体重管理」と言われるほど、体重の増加に厳しい病院もあります。

妊娠後期はつわりもなくなり好きなものを食べがちになり、赤ちゃんと胎盤以外の体重は全部自分の身になってしまいます。

適度な運動をして、体重管理をしましょう!

自律神経を整える

先ほどもご紹介したように、妊娠中は情緒不安定の状態になることもしばしば…

つわりで体調が悪く、大きいお腹で思うように体が動かせないなどでイライラ…

ちょっとした些細なことでも怒ったり・涙したり・不安に思ったりと妊婦さんは本当に精神的にも大変ですよね?

そんな時は外に出て、外の空気を吸ってみましょう!

体調が良ければ一緒にウォーキングをしてみてはいかがでしょうか?

気分が晴れてつわりを忘れることができたり、気分転換にもつながるので自律神経を整える働きが期待できます♪


オススメの運動方法

ウォーキング

1日30分と決めて、天気や体調が良ければ毎日続けましょう!

マタニティヨガ

教室などがあり、呼吸法とゆっくりした動きを取り入れる運動になります。意外とじっとり汗をかくことができますよ!

マタニティビクス

こちらも教室などがあります。「お腹がこんなに大きいのに大丈夫!?」と思うほど激しい運動をします!思いっきり汗をかきたい方にオススメです!!

マタニティスイミング

水圧を利用した運動方法になります。激しく泳ぐわけではありませんが、スイミングは意外と運動量が多いスポーツです!


運動するときの注意点

妊娠初期の場合

妊娠初期は低い確率ではありますが「流産」の可能性があるので注意が必要です。

というのも、妊娠初期は受精卵と子宮との繋がりがまだ未熟なのです。

上下に激しい運動、筋トレ、自転車、球技などは控えましょう。

産婦人科で相談を!

かかりつけの産婦人科の先生に運動しても大丈夫なのか聞いてみることが大切です。

特に「マタニティスイミング、マタニティビクス」などは特殊な運動になりますので医師の許可が必要とされる場合が多いのです。

まずは、始める前に一言相談してみて「OKサイン」が出てから、安心して運動を楽しんでください!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

妊娠中は運動を控えがちになってしまいますが、運動することでメリットもあるんですよ!

体調が良い日、天気が良い日を選んで運動してください。

無理することは絶対にやめましょう!

お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうので、あくまでも体調が万全の時に気分転換程度にと思うぐらいにしてくださいね♪

ぜひ、限られたマタニティライフをお過ごしください(^^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存