妊娠中から胸の張りをほぐしてマッサージしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

munenohari

女性なら憧れるふわふわのおっぱい。

授乳はもちろん赤ちゃんが生まれてきてからですが、カラダは着々と準備を始めているようです。

妊娠中 に 胸の張り を感じたら、体が準備している合図。家庭でできるマッサージを始めてみましょう。


妊娠中から胸の張りをほぐしてマッサージしよう

妊娠中の胸の変化

妊娠したことで気づく体の変化として、先ずは女性のシンボルであるおっぱいではないでしょうか。

お腹が目立ってくるのと同様に、おっぱいも大きく変化します。

赤ちゃんの誕生にあわせて授乳ができるように、おっぱいも準備していますので、胸の成長を妨げない、12カップ上になる、マタニティブラを使用することをおススメ。

ブラの締め付けは、つわりを助長することもあります。数ヶ月のことだから、新しく購入するのはちょっとという方も、最近は、産後に授乳ブラにもなるものが主流ですので、結構長くお世話になると思いますよ。

サイズは大まかで大丈夫ですので、通販などで色々調べてみても楽しいです。

大きくなる他に、乳輪、乳頭の色の変化に一番驚いたという方が多いようで、大きくなった乳輪、黒ずんだ色にショックを受けて、このままだったらどうしようと心配される方もいらっしゃいます。

しかし、出産後には元に戻りますので、ご安心を!


どうしてマッサージが必要なの?

赤ちゃんを出産したら、勝手に乳首からピューと、おっぱいが出てくるようになるのではありません。

赤ちゃんに吸ってもらって、刺激を受けて、少しずつでてくるようになります。

生んだ後の最初の5日くらいの時期に出る、黄色っぽいおっぱい、いわゆる初乳ですが、大変高い免疫力を持つと言われていますので、是非是非赤ちゃんに飲ませてあげたいですが、飲みにくいおっぱいや、あまり出てこない場合、嫌がって飲まなかったりすることがあります。

いやがらずに飲んでくれるために、おっぱいをマッサージしておく方がスムーズです。

ただ、マッサージを始める時期として、大体20週前後からがよいとされていたり、妊娠後期からで十分という情報もあり、いつから始めたらよいのか迷うところですが、母体の状態により異なったり、病院や産院の方針によっても違ったりするので、定期健診に行かれる際に、助産師さんに質問をしてみるとよいでしょう。

特に、切迫早産の場合は、医師の判断が必要です。

乳頭が小さかったり大きかったり、扁平気味、陥没している場合は、特にマッサージが必要です。

赤ちゃんが飲みやすい形に変化できるようにした方がよいと思われます。

ただし、妊娠初期はまだ安定もしていませんし、乳首への刺激から、子宮収縮につながったりと、危険性がありますのでお勧めしません。

赤ちゃんは乳首の先から、一本の糸のように出てくるおっぱいを、チュッチュッと乳首から吸うのではなく、乳輪を唇でしごいて、乳首は、口の中ほどの上あごに巻き込んでおっぱいを飲みますので、かなり乳首が伸びることになりますし、しかも、母乳が出てくる管は一本ではなく、数本あります。

それらをすべて開通させておき、赤ちゃんが飲みやすい、よくのびる丈夫な乳首にしておくと、後ほどスムーズに授乳ができるようになるので、マッサージで、柔らかくて強いおっぱいにしておいた方がよいのです。


マッサージはどうやって?

赤ちゃんが飲む母乳は、お母さんの血液です。白い血液と思ってもよいかもしれません。血液のめぐりが良くなる入浴中、もしくは入浴後におススメします。

乳房全体のマッサージ方法

  1. 両方のおっぱいを下から両手で支える
  2. おっぱいの脇に親指を立てるような感じで添えて、胸を、体からはがすようなイメージで外側へ 引っ張る
  3. 片方のおっぱいを両手で包み込んで、円を描くように胸の形に添ってマッサージする

乳首へのマッサージ方法

  1. 親指、人差し指、中指で乳首を深くつまみ、乳首を付け根からやさしく引っ張る
  2. 乳輪をつまみ、周りをやさしく圧迫していく
  3. 乳頭を3本の指でつまんで、やさしく引っ張りながら、手首で左右にひねって回転させる

全体で10分から15分くらいを目安にして、あまり長くしないように気をつけて下さい。乳首を刺激することで、お腹に張りを感じたときは、手を止めて休むか中止して下さいね。

力加減も難しいですが、あまり力いっぱいマッサージをすると、乳腺を傷つけてしまうおそれもありますので、程よい力加減でのマッサージを。

湯船に入っているリラックスタイムなどに、家庭で簡単にできるマッサージ。

少しの時間でいいので、毎日続けるようにしていれば、赤ちゃんが吸いやすく、トラブルに強いおっぱいになっていきますので、頑張って続けて下さいね。


まとめ

妊娠中から胸の張りをほぐしてマッサージしよう
妊娠中の胸の変化
どうしてマッサージが必要なの?
マッサージはどうやって?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ