妊娠したら家事を変えよう! 賢い手抜きが夫婦を救う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠したら家事を変えよう! 賢い手抜きが夫婦を救う!

335236

妊娠 と同時に様々な体調の変化に襲われます。

子どもを身ごもり、嬉しさと不安とが入り混じる不安定な心と、日々変わりゆく身体、そして自分ではコントロールできない悪阻。

初めての妊娠の方はもちろん、2人目以降の方もそのしんどさを経験しているがゆえに、ちょっぴり憂鬱になったりもしますよね。

今回は、そんな頑張りすぎる妊婦さんにお伝えしたい「家事の手抜き」の必要性とその方法についてお伝えします。


100%今まで通りは無理! 自分と周りが理解することが大事です

今まで通りの家事や仕事、生活を何不自由なく継続する、ということは妊婦にとって、とても難しいことです。

まずは、自分が出来ない事への罪悪感や失意感から脱して、甘える事を覚えましょう。

ただ、しんどい…気持ち悪い…眠い…を繰り返しているだけでは、パートナーもオロオロするばかりになります。

どういうニオイが苦手だとか、時間帯はココがきついだとか、昼は眠いのに夜は寝れないなど、どうあるのかを話します。

「察してもらう」は期待してはいけません笑。

優しい旦那様をお持ちの方でも、ケアするタイミングが違うと腹が立ってしまうのが妊婦のサガ。

まずは話しましょう。

そうすることで、「体調の悪い自分」を出しやすくなり、頑張りすぎることが少しずつ減るはずです。

こちらの記事も参考にしてくださいね

家事を圧倒的に楽にする時短アイテム~調理器具ベスト~


家事はゆっくり、出来ないことを少しずつ旦那様へシフト

家事を一人でテキパキこなすのではなく、旦那様に手伝ってもらいましょう。

ですが、決して大量に頼んではいけません! 

基本、『頼むのは一日一つだけ』です。

妊婦だから、体調悪いから、と言ってすべてを頼んでいては、旦那様もパンクしてしまいます。

主婦が一日かけてやる仕事を、外で働いた後に全てやる、なんてことは一日しか持ちません。どうしても出来ない事を頼んでみましょう。

面倒くさいですが、頼む時には「どうして出来ないのか、なにがしんどいのか」説明を。

男の人は理由が明確なほど、納得して動いてくれます笑。

「理由が分かる」からこそ、だんだんと言わずともやってくれる旦那様になっていくはずです。

そして、他のやらなくてはいけない事は「一日がかり」で、ゆっくりやります。

私の場合、室内の寒暖の差で吐き気を催すタイプだったので、トイレに行くたびに気持ち悪く、リビングに戻るとまた気持ち悪く、トイレに戻り…という、しんどいものでした。ですから、冬の洗濯干しはまさに地獄でしたし、お料理も毎回吐き気との戦いでした。

夕食は、朝の10時に作り始めて、なんとか夕食に間に合わす。

食べるのは30分ですが、「ちゃんと自分が作る」ことで家庭内の役割を感じることができるはずです。

また、一日体調と相談して過ごすことになりますから、自分の悪阻の特徴を早めに掴むことができます。


文明の利器は惜しげもなく利用しましょう

日々の家事では、お掃除ロボットや食器洗浄機、洗濯乾燥機、保温調理機…。

上げ出したらきりがないほどありますよね。

これらを新しく買うのは、なかなかのハイコストですが、子供が生まれたら、今まで以上に家事がままならなくなります。

「これだけは欲しい!」というものは思い切って買うのも手です。

お料理さえ、作らずともコンビニや惣菜屋さん、冷凍食品もびっくりするほど充実しています。

毎日出来合いでは、健康管理や経済面でもよろしくありませんが、たまのメインや、一品足しなら存分に活用しましょう。

私の場合、焼きそばすら満足に作れない主人なので料理だけは苦労しながらも、作る毎日…。

冷凍野菜には大変助けられました。

買い物を頼んでも、いまいち苦手なようだったので、ネットスーパーもフル活用! 楽できるところは楽していきましょう。


さいごに

お腹の中に命を宿し、育てる、ということは決して容易いことではありません。

私が一人目を産んだ時の先生が言ってくださった名言があります。

赤黒い胎盤を両手に載せて「お母さん、ちゃんと見てあげてください。赤ちゃんを育てるためだけに、この10カ月で身体が作り上げたものなんです。自信を持ってくださいね、あなたは素晴らしいんです」と。 

産後疲れた身体がジワーッと癒やされる感覚に包まれたことを今でも忘れません。

赤ちゃんが生まれると、つい赤ちゃんばかりに気が取られますが、女性の身体は必死に赤ちゃんを育てているんです。

ちょっとしんどいとき、「ありがとう」と言って甘える勇気を持つことが、自分の身体と赤ちゃんと、そして夫婦の関係を大切にするということなのではないかと思います。

読んで下さった方が楽しい妊婦生活、そして無事に赤ちゃんと出会えるように、祈っています。


まとめ

妊娠したら家事を変えよう! 賢い手抜きが夫婦を救う!
100%今まで通りは無理! 自分と周りが理解することが大事です
家事はゆっくり、出来ないことを少しずつ旦那様へシフト
文明の利器は惜しげもなく利用しましょう
さいごに

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存