大切な命を守りたい!おすすめの妊婦用シートベルトをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ninnpuyou-si-toberuto

シートベルト の大切さは良く分かっているけれど、妊娠中 はお腹を締め付けられると吐き気がしたり、赤ちゃんが心配だったりして、どうしてもシートベルトを敬遠してしまう……そんな人は多いと思います。

ですが、大切な命を守るためには、シートベルトは必要不可欠な存在です。

妊婦とシートベルトの関係や、シートベルトをしないことで懸念される危険、そして妊婦におすすめのマタニティシートベルトなどをご紹介します。


スポンサーリンク

大切な命を守りたい!おすすめの妊婦用シートベルトをご紹介

妊婦はシートベルトをしなくてもいいって本当?

妊娠中はお腹が大きくなるため、シートベルトをするのもひと苦労ですよね。

ベルトでお腹が締め付けられて、苦しくなったり、気分が悪くなってしまったりした経験を持つ妊婦さんも多いかと思います。

ところで、法律上、妊婦はシートベルをしなくても良いのでしょうか?

その答えはNOです。

たしかに道路交通法では「やむを得ない理由がある時」は、シートベルトをしなくても良いと規定されています。

また、道路交通法施行令では、「妊娠中であることにより座席ベルトを装着することが療養上又は健康保持上適当でない」場合、シートベルトの着用義務が免除されると記載されています。

これを読むと、一見「妊婦はシートベルトをしなくても良い」と誤って捉えてしまいそうになります。

しかし、道路交通法・道路交通法施行令で言っているのは、シートベルトをしなくても良いのは「やむを得ない理由」があり、さらには「療養上又は健康保持上適当でない」場合に限られる、ということです。

妊婦=シートベルトをしなくても良い、というわけではないので、その点注意が必要です。

日本婦人科学会は、「シートベルトが腹部を横断しないように着用すれば母体と胎児にかかる交通事故時の障害を軽減できる」と言っています。

ママと赤ちゃんの大切な命を守るためには、急病などやむを得ない場合を除き、正しい方法でシートベルトを着用することが重要です。


シートベルトをしないことの危険性

シートベルトは、車が急停車をしたり、衝突事故を起こしたりした時に、体がフロントガラスを突き破って外に飛び出したり、ダッシュボードや前の座席にぶつかったりすることを防いでくれます。

シートベルトをしていないと、事故の際に車外に放り出されたり、ダッシュボードや前の座敷に体を強打して、赤ちゃんだけでなく自分自身の命も失われたりする危険があります。

「お腹が苦しいから」「面倒だから」というような安易な理由でシートベルトの着用を怠った結果、取り返しのつかない事態に陥ったケースも少なくありません。

赤ちゃんや自分の命を守るためにも、車に乗る際は、出来る限りシートベルトの着用を心がけましょう。


妊婦がシートベルトを使う際の注意点とは?

安全を守るためにシートベルトをつけた方が良いのは確かですが、妊娠中のお腹をベルトで締め付けるのはやっぱり心配ですよね。

妊娠中にシートベルトを使う際は、腰ベルトをできるだけ太ももに近い場所に通す、肩ベルトは肩から胸に抜けるようにしてお腹にかからないようにする、などの工夫が必要です。

このような工夫をすることで、妊婦でも比較的楽に、かつ安全にシートベルトを使うことができます。

腰ベルトの位置をお腹の真上から少しずらすだけでもずいぶん楽になりますよ。


おすすめの妊婦用シートベルト

上記の方法を試しても、「やっぱりお腹が苦しい」「赤ちゃんに問題がないか心配だ」という人は、妊婦用のシートベルトを使うという方法もあります。

今は、いろいろなメーカーから妊婦用のマタニティシートベルトが販売されているので、赤ちゃん用品やカー用品の専門店で探してみると良いでしょう。

以下に、おすすめの妊婦用シートベルトをいくつかご紹介します。

タミーシールド


妊娠用・妊婦用シートベルト補助具 タミーシールド Tummy Shield

オーストラリアで開発された、マタニティシートベルトです。

本体を座席の上に置き、本体装着用ベルトで座席に固定した後、通常通りにシートベルトを締め、肩ベルトをゆるめながら腰ベルトをクッション全部の金属フックにかければ装着完了です。

肩~胸と太ももで体を固定するため、お腹に不快な圧がかからず、安全で快適なドライブを楽しむことができます。

マタニティーシートベルト


日本育児 nihonikuji カー用品 マタニティーシートベルト 横41×縦30×厚み1.5cm 150g 5124184001 妊婦の方対象 お母さんと赤ちゃんをしっかりガード

日本育児から販売されている妊婦用のシートベルトです。

前述のタミーシールド同様、肩~胸と太ももで体を固定する仕組みのため、臨月の妊婦さんでも圧迫感を覚えずに使用することができます。

実際に使用した人の口コミ評価も高く、安心して使える製品です。

妊娠中はつわりが気分が優れなかったり、大きなお腹が邪魔だったりで、シートベルトをするのが億劫だと感じる人も多いかもしれませんが、大切な2つの命を守るためにも、ぜひ上記に挙げたことを参考にしていただき、車に乗る際はシートベルトを使用するようにしてください。


まとめ

大切な命を守りたい!おすすめの妊婦用シートベルトをご紹介
妊婦はシートベルトをしなくてもいいって本当?
シートベルトをしないことの危険性
妊婦がシートベルトを使う際の注意点とは?
おすすめの妊婦用シートベルト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存