妊婦の冷え性対策におすすめな事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊婦 にとって冷えは大敵です。

冷え性は、母体や胎児にさまざまな悪影響を及ぼすことが分かっています。

そこで、妊婦の 冷え性 対策におすすめな事をご紹介したいと思います。

冷えにお悩みの妊婦さんは、ぜひ参考にしてみてください。


妊婦の冷え性対策におすすめな事

冷え性が母体や胎児に及ぼす影響とは

冷え性は、母体や胎児にさまざまな悪影響を及ぼします。

冷え性の人は、そうでない人に比べて、お腹が張りやすい・腰が痛い・足がむくむ・足がつるなどの不調を感じやすくなります。

また、切迫流産・切迫早産・逆子などのリスクも増します。さらに、体が冷えると痛みに対する感覚が鋭敏になり、陣痛をより辛く感じたり、良い陣痛がつかずに難産になったりするケースもあります。

また、冷え性の母親から生まれた赤ちゃんには、湿疹がでやすい・神経質でよく泣く・手足の末端が白っぽいなどの特徴が見られる場合があります。

もちろん、すべての赤ちゃんがそれに当てはまるわけではありませんが、妊娠中の母体が冷え性であると、胎児にも何らかの影響が現れる可能性は否めません。

このようなことからも、妊娠中に体を冷やしてしまうのは、できるだけ避けた方が良いと考えられます。


おすすめの冷え性対策

冷え性対策といっても、妊娠中の体はとてもデリケートなもの。誤った対策を行うと、母体や胎児に逆に悪い影響を与えてしまう恐れもあります。

そこで、妊婦でも安心して行えるおすすめの冷え性対策をご紹介したいと思います。

足湯

妊娠中に限らず、冷え性対策の定番として多くの人が実践しているのが足湯です。

全身浴と異なり体への負担も少ないため、子供からお年寄りまで幅広い年代におすすめできる方法です。

足湯のやり方は簡単です。

バケツ・洗面器などの手ごろな容器に、通常よりも少し熱めのお湯を張ります。

そして、お湯の中に塩をひとつまみ溶かします。あとは、くるぶしの上3~4センチくらいまでをお湯に浸けるだけでOKです。

しばらくすると、全身がぽかぽかと温まるのを感じるはずです。

塩の代わりに、妊婦でも使用可能な入浴剤やアロマオイルをお湯に溶かしてみるのもおすすめです。

特にアロマオイルはリラックス効果も得られるので、妊娠中の気分転換には最適です。

半身浴

半身浴は、下半身(みぞおちから下)をお湯につけて入浴する方法です。

足湯ほどではありませんが、全身浴に比べて体への負担が少ないため、長湯をしてものぼせる心配がありません。

半身浴をする時は、足湯とは逆に、お湯の温度を少しぬるめに設定するのがポイントです。

体を半分しか浸けないとはいえども、熱いお湯だとのぼせてしまう危険があります。

特に妊娠中は普段よりのぼせやすかったり、貧血をおこしやすかったりするので注意が必要です。

ぬるめのお湯にゆったりと浸かることで、体のすみずみまでぽかぽかに温められます。

また、入浴中にリラックス効果のあるアロマキャンドルを灯してみたり、読書をしたり、音楽を聞いたり……と独自の楽しみ方をしている人も多いようです。

食生活

冷え性対策には、食生活も大切です。

いくら体の外側を温めても、体の内側が冷えているとすぐに元に戻ってしまいます。

冷え性の改善におすすめの食べ物は、ごぼう・にんじん・しょうが・かぼちゃ・たまねぎなどです。

いずれの野菜も、火を通して温かい内に食べるとより高い効果を得られます。

一方、トマト・セロリ・キュウリなどの野菜は体を冷やす効果があるため、大量に食べるのは控えた方が良いでしょう。

基本的に、冬の野菜は体を温め、夏の野菜は体を冷やすと覚えておくと分かりやすいです。

また、白砂糖・コーヒー・パンなども、冷え性を引き起こしやすい食べ物として知られています。

特に、コーヒーにはカフェインも含まれており、そうした意味でも母体や胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるため、できるだけ摂取は控えるようにしましょう。

コーヒー好きの妊婦さんには、カフェインが含まれていないデカフェがおすすめです。

漢方

足湯や半身浴、食生活の見直しをしてもなかなか冷え性が改善しないという人には、漢方がおすすめです。

妊娠中に薬を飲んで良いの?と思う人もいるかもしれませんが、適切な漢方を選べば問題はありません。

漢方は、症状によって処方が異なります。

手足が冷えるという人には当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)、下痢をしやすく前進が冷えるという人には補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、下半身は冷えるけれど上半身は熱いという人には加味逍遥散(カミショウヨウサン)、むくみがあるという人には当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)がおすすめです。

ただし、漢方と言えども薬であることに変わりはないので、安全を期すためにも、漢方を試してみたいという人は、主治医や薬剤師に相談の上で服用するようにしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存