妊婦の冷え性対策と冷えによる胎児への悪影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ninnpu-hie

妊婦 に限らず 冷え は女性の大敵です。

体の熱は筋肉で作られますが、男性に比べて女性は筋肉の量が少ないため、熱を発しにくく、その上生理で血液が失われるので冷え性の人が多いのです。

体質だからと放っておくと、新陳代謝が低下し、肩こりや肌荒れ関節の痛みや免疫力の低下にも繋がります。

特に妊娠中はホルモンバランスの乱れから自律神経に影響があらわれ、身体が冷えやすくなっています。

たかが冷えと侮ってはいけません。

妊婦の冷えは赤ちゃんにも良くないのです。


妊婦の冷え性対策と冷えによる胎児への悪影響

冷えから起こる症状

冷えには遺伝的なものも多いのですが、ストレスや不眠などで自律神経が乱れていたり、筋力が低下したりしても冷えはひどくなります。

冷え性の症状は、主に疲れや体力の低下、手足のむくみ、抜け毛、白髪、シミ、シワ、くすみ、たるみです。

しかし、肩こり、腰痛、関節痛、胃弱、便秘、不眠、生理不順、不妊といった他の疾患の誘因になりかねませんから安易に考えてはいられません。


妊娠中の冷えがNGな理由

冷えの結果起こる便秘や腰痛にも増して妊婦が気を付けなくてはいけないのがお腹の張りです。

体が冷えると血行が悪くなります。

血行が悪くなると子宮が収縮してお腹が硬くなります

これがお腹の張りです。頻繁にお腹が張ると早産や流産の危険性が高くなります。

特に切迫早産、切迫流産と診断された人は体を冷やさないように十分注意が必要です。

子宮が収縮すると子宮の中にいる赤ちゃんは圧迫されて窮屈なので外に出ようとしてしまいます。

出産時にはこれが陣痛になってお産が進むのですが、あまり早い時期から強い収縮を繰り返すのは赤ちゃんの成長にも良くありません。

お腹が張っている状態は、赤ちゃんも居心地がよくはないのです。


冷え対策には

職場やスーパーは夏でもクーラーがきいて肌寒いこともあります。

薄手のカーディガンやショールなど羽織れる物を常備しておきます。

冷えを防ぐにはお腹だけではなく太ももや足首、首など熱の逃げやすいところもしっかりとガードします。

冬は厚手のソックスやレッグウォーマーを、夏でも素足ではなく薄手のソックスを穿くようにします。



お腹や腰にカイロを貼るのもおすすめですが、低温火傷に注意してください。寝るときは湯たんぽを布団の足元に入れておきます。

レンジで加熱するタイプの湯たんぽなら水漏れの心配もありません。

入浴は半身浴が冷えにはよく効きます。

40℃以下のぬるめのお湯に30分以上浸かることで副交感神経が刺激され、血行が良くなり、冷えの緩和になります

肩まで浸かると心臓に負担がかかりますので、お湯の量は胸の下までにします。

のんびりとリラックスすることがポイントです。

特に冷えの症状の重い時はお湯に天然塩を大さじ2くらい加えるとよく温まります。

冬至以外でもゆず湯にするのもいいですね。

爽やかな香りでリラックスできますし、ゆずには体を温める効果があります。

山椒の葉をお茶パックに詰めてお湯に入れるのも効果的です。

生姜の搾り汁を加えた湯での足湯も即効性があります。

冷えているからといって熱いお風呂に浸かるのは逆効果です

交感神経を刺激して緊張感が高まります。

また、アロマオイルは、妊娠中は禁忌のものもあります(クラリセージ、ラベンダー、ベルガモット、サフラン、ローズ、ローズマリーなど)ので、注意が必要です。

5か月の戌の日に巻く腹帯には、お腹を温めるとともに腰痛予防の役割もあるので真夏以外は着けることをおすすめします。

晒は巻くのが面倒かも知れませんが、お腹の変化に合わせて自分で調節できるので出産まで使えます。

ガードルタイプや腹巻タイプでマジックテープのものもあるので使いやすいもので良いでしょう。


冷やす食材 温める食材

きゅうり、トマト、ナス、ゴーヤ、スイカ、バナナ、オレンジ、コーヒーなど夏が旬の食材や熱帯地方の食材、果物は体を冷やす物が多いです。

反対に玉ねぎ、にんにく、生姜、ごぼう、人参、小松菜、サクランボ、紅茶など冬が旬の食材や寒冷地方の食材、根菜は体を温める物が多いです。

ニラや山椒、胡椒にも体を温める効果があります。

柿は体を冷やすとよく言われますが、適量であれば問題ありません。

むしろむくみの解消に役立つカリウム、高血圧の予防につながるタンニンを多く含む良質な食材です。

38週を待たずに生まれた赤ちゃんでも、IUCや医療技術の発達で健康に育つことができるようになってきました。

妊娠週数にもよりますが、赤ちゃんの体重が1500g以上であればリスクは少なく、2000g以上であれば普通に成長することが多いです。

それでもやはり呼吸器が完成する34週以降までは、できるだけ子宮の中で過ごさせてあげることが理想です。

流産、早産は冷えだけが原因で起こるわけではありません。

特に流産は先天的な原因に寄るところが大きいのですが、冷えによる子宮の収縮は赤ちゃんにとって決して好ましいものではないことは知っておいてください。



まとめ

妊婦の冷え性対策と冷えによる胎児への悪影響
冷えから起こる症状
妊娠中の冷えがNGな理由
冷え対策には
冷やす食材 温める食材

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ