妊娠中の肌トラブル!妊婦のあせも対策はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠中の肌トラブル!妊婦のあせも対策はこれ!

ninnpu-asemo

梅雨も明け、毎日暑い日が続きますね。

妊娠中の夏は身体も大きくなっているので、余計に暑く感じることでしょう。

そんな妊婦さんの夏のトラブルといえば「あせも」です。

ここでは妊婦さんが気になる「あせも」について詳しくご紹介します。


あせもってどんなもの?

あせもは汗疹(かんしん)とも呼ばれている皮膚疾患です。

汗をたくさんかくことによって、汗を出すエクリン汗管が塞がってしまい、汗が皮膚表面に排出されずに皮膚内に溜まることで発症します。

浅いところのあせもは水疱が出来る水晶様汗疹と呼ばれ、かゆみはありません。

深いところのあせもは紅色汗疹と呼ばれ、湿疹を併発して赤くなるため、かゆみがあります。

体温調節が上手く出来ない乳幼児や皮膚の弱い人に多く発症していましたが、近頃は猛暑や酷暑によって一般の成人でも症状が現れやすくなっています。


あせもの原因は?

汗はエクリン汗管という管状の腺から分泌されます。

汗腺があるのは皮膚の真皮部分。そこから汗管という汗の通り道が伸びていて、身体の表面にある汗孔と呼ばれる出口と繋がっています。

そこが塞がれることによって、皮膚の下にある汗管の周りの組織に汗が漏れ出して、あせもとなります。

日本の夏は高温多湿のため、夏場はあせもが出来やすい時期です。

それに加え、妊娠初期の妊婦さんはホルモンの影響で高体温状態が続き、暑さへの対応も鈍くなります。

妊婦さんは妊娠によって新陳代謝が活発になり、体温が上昇しやすくなっています。

また、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、妊婦さんの身体もボリュームアップしていきます。

胸やお腹が大きくなり、皮膚が重なる部分も多くなるため、汗がたまりやすくなります。

妊娠中は肌も敏感になっているため、かゆみがひどくなったり、かきむしって悪化させる可能性もあります。

夏場だけでなく、高温多湿な環境で運動したときや風邪などで発熱したとき、また通気性の低い衣類を着用していたりすると、汗管がつまる原因になります。


どんなところにできる?

一般的にあせもが出来やすい場所として挙げられるのは、

・首周り

・脇や胸の下

・お腹周り

・関節

などです。

汗が溜まりやすいところ・乾きにくいところによく出来ます。

特に妊婦さんの場合、妊婦帯やガードルを着用している方も多くいます。

妊婦帯で締め付けている部分に熱がこもって汗がたまり、あせもの原因となることもあります。


あせも予防

あせも予防に効果的な対策をご紹介します。

汗をそのままにしない

汗をかいたらシャワーを浴びたり、入浴したりして肌を清潔に保つことが一番効果的です。

入浴が出来ない場合は、濡れたタオルやウェットティッシュなどで汗を拭き取りましょう。

通気性のよい衣類を着る

暑い時期には吸湿性の高い木綿や速乾性のある素材の衣類を着用するのが好ましいです。

締め付けが少ないものを選び、汗をかいたらこまめに着替えましょう。

環境を整える

適度に汗をかくことは老廃物を排出するために必要なことです。

ですが、妊婦さんは先述したとおり、暑さへの対応が鈍くなっており、体温が上昇しやすい身体になっています。

エアコンや除湿器などを上手に使って、室温と湿度を調節して快適に過ごせるように環境を整えましょう。


あせもが出来てしまったら

あせもが出来てしまったら、市販の薬は使わずに、産婦人科か皮膚科を受診しましょう。

妊婦さんの肌は、妊娠前と比べて非常に敏感になっています。

今まで使えていた薬が合わなくなる場合もあります。

病院でもらえるお薬なら安心出来ますし、医師に相談することをおススメします。

家でのケアとしては、刺激の少ないボディーソープでやさしく洗い、しっかり泡を洗い流しましょう。

タオルでやさしく押さえて水気を取り、ゴシゴシこすらないように気をつけましょう。

いかかでしたか?

妊婦さんは普段より汗をかきやすく、あせもが出来やすくなっています。

あせもを無意識にかきむしることで細菌感染を起こし、化膿することもあります。

ただでさえ妊婦の夏は大変です。

あせも予防をしっかり行い、もしあせもが出来てしまったら早めに病院でお薬をもらいましょう。


まとめ

妊娠中の肌トラブル!妊婦のあせも対策はこれ!
あせもってどんなもの?
あせもの原因は?
どんなところにできる?
あせも予防
あせもが出来てしまったら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存