人参の離乳食レシピ!ニンジン嫌い克服レシピとにんじんの栄養と効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

離乳食 初期から使える にんじん は、ほんの少ししか使わないときや、茹でたり刻んだりするときも扱いやすく、離乳食作りの強い味方です。

保存も効くので常備している家庭も多いのではないでしょうか。

栄養と効能も高いのでニンジン嫌いの子どもにも克服してもらい好きになって欲しい野菜の一つでもあります。

にんじんには独特の香りがあってそれを嫌う子どもも多いですが、昔と違って香りの穏やかな品種も出てきています。

早い時期から美味しいにんじんの味に慣れさせておけば苦手になることもないですよ。


スポンサーリンク

人参の離乳食レシピ!ニンジン嫌い克服レシピとにんじんの栄養と効能

にんじんを使った離乳食

ゴックン期 5~6か月ごろ

にんじん粥 

にんじんを1cmくらいの厚さに切って水から柔らかく茹で、潰してから裏漉しします。

すり潰した十分粥に混ぜるとトロミがついて食べやすくなります。

にんじんはまとめて茹でてペーストにしてから小分けにして冷凍しておくと便利です。

フードプロセッサーにかけた後ざるで濾せば簡単です。

食べ慣れたら裏漉しの必要はありません。

冷凍するときは製氷皿がおすすめです。

月齢に合わせて十分粥を七分、五分に、ニンジンも潰したり刻んだりと変えていきます。

にんじんパン粥

小鍋に食パンの白い部分と野菜スープ、にんじんのペーストを入れて弱火でトロトロになるまで煮ます。

にんじんスープ

ペーストにしたにんじんを野菜スープか溶いた粉ミルクでのばします。

にんじんヨーグルト

プレーンヨーグルトに果汁100%のりんごジュース又はオレンジジュース少々を加えたにんじんのペーストを混ぜます。

ジュースは少しずつにんじんにとろみがつくくらいまで加えます。

ヨーグルトはアレルギーの心配があるので慎重に。

豆腐とにんじんのピュレ

絹ごし豆腐は茹でて裏漉しします。

にんじんは軟らかく茹でて潰し、裏漉ししてから野菜スープか出汁少々でのばします。

豆腐の白とにんじんのオレンジのコントラストを活かして盛り付けましょう。

モグモグ期 7~8か月ごろ

にんじんのトロトロ煮

にんじんは1cmくらいの厚さの銀杏切りにして出汁で柔らかく茹で、取り出して潰します。出汁に戻し、水溶き片栗粉でゆるくトロミをつけます。

白身魚のにんじんあんかけ

白身魚は茹でてしっかりと火を通し、すり潰します。

にんじんは1cmくらいの厚さの銀杏切りにして出汁で柔らかく茹で、取り出して刻むかフォークで潰します。

魚とともに出汁に戻し、水溶き片栗粉でゆるくトロミをつけます。

白身魚はタイ、ヒラメ、カレイなどの脂の少ない魚が向いています。

お刺身を使うと簡単です。

にんじんのカッテージチーズ和え

軟らかく茹でて潰したにんじんを裏漉しタイプのカッテージチーズで和えます。

チーズはアレルギーの心配があるので様子を見ながら。

にんじんのパンプティング

軟らかく茹でたにんじんはざっと潰します。

湯むきして種を取ったトマトも小さく刻みます。

耳を取った食パン(8枚切り1/4枚分)をちぎり、卵黄(1/3個分)と牛乳(または溶いた粉ミルク)大さじ2を加えます。

にんじんとトマトを加えてよく混ぜ、耐熱性の容器に入れてオーブントースターで固まるまで焼きます。

にんじんゼリー

ペーストにしたにんじんに野菜スープを加え、寒天で固めます。

粉寒天4gで約600mlの液体を固めることができますが、寒天は消化が悪く胃腸に負担をかけるので一度にたくさん食べさせないように気をつけてください。

ゼラチンは動物性たんぱく質由来なのでまれにアレルギーを引き起こすことがあります。

1歳を過ぎるまでは使わないほうがいいでしょう。

根菜のトロトロ煮

にんじんは1cmくらいの厚さの銀杏切りに、じゃが芋、大根は5mmくらいの角切りにします。

全部まとめて出汁で軟らかく煮たら、にんじんを取り出し、じゃが芋や大根と同じくらいの大きさに刻みます。

鍋に戻して水溶き片栗粉でゆるめにトロミをつけます。

カミカミ期 9~11か月ごろ

にんじんチジミ

にんじんは軟らかく茹でて細切りにします。ボウルにじゃが芋のすりおろし、小麦粉、牛乳少々を入れて滑らかに溶き、にんじんを加えます。

フッ素加工のフライパンで、手で持てるくらいの大きさに焼きます。

にんじん入り鶏団子

軟らかく茹でてから細かく刻んだにんじんと鶏ささみの挽き肉、茹でて冷ました絹ごし豆腐、片栗粉をよく混ぜます。

沸騰した出汁に直径2cmくらいの大きさに丸めた肉団子を入れ、中までしっかりと火を通します。

団子が小さすぎると丸飲みしてしまう可能性があるのであまり小さくし過ぎないように気をつけてください。

にんじん白玉

白玉粉をすりおろしたにんじんで捏ね、500円玉くらいの大きさに丸めて平たく潰し、熱湯で浮き上がるまで茹でたら冷水で手早く冷まします。

そのままでもいいですし、出汁にトロミをつけたあんをかけてもいいです。

丸飲みしないように小さく切って食べさせます。

にんじんパンケーキ

パクパク期 1~1歳半ごろ

ホットケーキミックスにすりおろしたにんじんを加えて焼きます。

グリルにんじんスティック

手で持ちやすいように棒状に切ったにんじんをオーブンかグリルで軟らかくなるまで焼きます。


離乳食ににんじんを使う時のコツ

茹でる

にんじんの栄養素で最も特徴的なのがビタミンAに変わるβ―カロテンです。

β―カロテンは熱に強く、加熱調理で破壊されることはありません。

また、にんじんの栄養素は細胞膜に守られているため、そのままでは吸収しにくいのですが、茹でたり油で調理したりすることで効果的に栄養を体内に取り入れることができます。

離乳食の初期に油は向きませんし、茹でることで独特の香りも抑えられます。

あまり細かくしてしまうと軟らかく茹でられないので、大きめの銀杏切りにして茹でてから潰します。

トロミをつける

芋類や葉野菜、実野菜に比べてでんぷん質や水分の少ないにんじんは舌の上に残りがちです。

慣れるまではお粥に加えたり片栗粉でトロミをつけたりして舌触りと喉越しをよくしてあげましょう。

すりおろすより茹でてすり潰すほうが食べやすいです。

色鮮やかに盛り付ける

きれいな色もにんじんの魅力の一つです。

鮮やかな色彩は赤ちゃんの脳を活性化させるのでパッと目を引く美しい盛り付けを心掛けましょう。

新鮮なにんじんを使う

最も多く流通している5寸にんじんは一年中手に入りますが、旬は秋から冬にかけてです。

旬の野菜は栄養価も高く、甘味も増します。

皮ごと調理する

にんじんは皮の近くにたくさん栄養があります。

皮はピーラーでできるだけ薄く剥きましょう。


にんじん嫌い 克服レシピ

独特の匂いが苦手な子どもが多い、にんじん。

大人でも食べられない人がいるくらいです。

でも、家庭料理の定番、カレーやシチューにはつきものですから食べてもらえないとつらいです。

給食にもしょっちゅう登場しますから、早くにんじんの美味しさに気づかせてあげたいですね。


西洋種と東洋種

原産はアフガニスタンで、ヨーロッパに伝わった西洋種とアジアに伝わった東洋種があります。

日本には16世紀に東洋種が中国から伝わりました。

江戸時代後期には西洋種も伝わり、明治以降は栽培しやすく栄養価の高い西洋種が主流となりました。

現在流通しているにんじんのほとんどは「五寸にんじん」という15~20cmの長さのものです。

1970年代以降日本に残っている在来の東洋種は金時人参だけと考えられています。

金時人参は鮮やかな赤い色でお節料理や京料理など日本料理の彩に欠かせません。

にんじん独特の香りと甘味が強く、赤い色はリコピン(リコペン)です。


にんじんの花

いくつもの細い茎の先に白い小さな花が集まって咲く姿は、レースのコースターか白い線香花火のようです。

普通にんじんは花が咲く前に収穫してしまうのでなかなか見る機会はありませんが、可憐な花を見たらにんじんが好きになるかも知れませんよ。


にんじんの栄養

緑黄色野菜に多く含まれるカロテンは、英語のキャロットが語源です。

その由来の通り、にんじんのβ―カロテン、α―カロテンの含有量は緑黄色野菜の中でトップクラスです。

カロテンは体内でビタミンAに変わり、目や胃腸の粘膜を保護して免疫力を高め、活性酸素を抑制する働きがあります。

また、にんじんのカロテンには喫煙によるがんを抑制する働きがあると言われています。

にんじんの葉は、若返りのビタミンとして知られるビタミンEを始め、各種ビタミン、ミネラルに富んだ栄養満載の緑黄色野菜なので、新鮮な葉つきにんじんが手に入ったらラッキーです。


にんじん嫌い克服法

日本料理に花を添えるにんじんの「ねじり梅」。

にんじんを梅の花に見立てて五枚の花弁を立体的に切り出します。

見た目が可愛いと思わず食べてしまうかもしれませんよ。

輪切りにしたにんじんをクッキーの型で抜くだけでもいいですよ。

いろんな型で抜いて、料理の中で探すのも楽しいです。

にんじんは皮が薄いので本当なら剥く必要はないのですが、ピーラーを使ってお手伝いをしてもらうといいかも知れません。

剥き残しの心配もありませんし、自分が手をかけた料理は不思議と美味しく感じるようです。

ピーターラビットの絵本をプレゼントしてみるのもいいかも知れません。

可愛いウサギが美味しそうににんじんを齧る姿に、つい手が伸びるかも。


にんじんの美味しいレシピ

にんじんのグリル 

西洋にんじんは加熱すると甘みが増します。

にんじんを縦に切ります。オリーブオイルと塩、胡椒(なくてもいいです)を絡めて余熱していないオーブンに入れ、250℃まで温度を上げます。温度が上がったら10分くらい焼きますが、時々様子を見て串を刺し、中まですっと通れば焼けています。

にんじんケーキ

(15cmのホール型1台分 カップケーキなら6個分) 同名の絵本と一緒に

卵2個をボウルに割り入れ、1本分のにんじんのすりおろし、砂糖1/2カップ、はちみつ大さじ1、サラダ油1/4カップ、薄力粉1カップ、ベーキングパウダー小さじ1、シナモン小さじ1/2を加えて混ぜます。クッキングシートを敷き詰めた型に流し入れて180℃のオーブンで30~40分焼きます。

にんじんのきんぴら 細

く切るほどにんじん臭さが気にならなくなります。

フライパンに油小さじ1/2を敷き、細切りにしたにんじん1本分を弱火で7~8分かけてじっくりと炒めます。しんなりしたら砂糖小さじ1を振り入れてよく絡め、酒大さじ1、味醂小さじ2、醤油大さじ1の順に加えます。仕上げに胡麻油で香りをつけ、炒り胡麻を振ります。

にんじんしりしり 

沖縄の郷土料理です。

ツナ缶小1缶は油を軽く切ってフライパンに入れます。にんじん1本はピーラーで削りながら同じフライパンに入れます。中火にかけて炒め、にんじんがしんなりしたら醤油大さじ1を回しかけます。仕上げに胡麻をたっぷりと振ります。鰹節を加えてもいいです。

にんじん入り「がに」 

九州の郷土料理ににんじんをプラス。

さつま芋とにんじんを細切りにします。同量の水で溶いた薄力粉を絡め、箸でつまんで180℃の油に落し入れ、カラッと揚げます。カニのように見えるので、「がに」と呼ばれます。

にんじんのポタージュ 

ご飯でとろみをつけて生クリームで濃厚に。

にんじん1/2本と玉ねぎ1/2個を薄切りにしてバターで炒めます。軟らかくなったらご1/4カップとブイヨン1個、水300mlを加えて5分煮ます。ミキサーに移してガーッと混ぜ、滑らかになったら再び鍋に戻します。牛乳(豆乳でも)100ml、生クリーム50mlを加えて温め、塩、胡椒で味を調えます。みじん切りのパセリをのせると綺麗です。

にんじんドレッシング 

甘味のある綺麗なドレッシングです。生野菜以外に茹でた肉にかけても。

にんじん30gと玉ねぎ15gはすりおろします。りんごの絞り汁大さじ2、ワインビネガー大さじ2、サラダ油大さじ2、オレンジジュース大さじ2、砂糖小さじ1弱、バルサミコ酢少々を混ぜます。

にんじんの葉の天ぷら 

薄い衣で緑鮮やかに揚げます。

葉のついていない茎の部分は硬いので、葉先を摘み取ります。薄力粉:水=1:2で衣を作り、葉をくぐらせて180℃の油でカラッと揚げます。

にんじんの葉の振りかけ 

醤油味でご飯が進みます。

にんじんの葉の軟らかい部分をザクザクと刻みます。フライパンに胡麻油小さじ1/2を入れて温め、にんじんの葉、じゃこを加えて炒めます。砂糖少々と醤油で味つけし、鰹節と炒り胡麻を加えます。

金時人参は匂いも味も濃いのでハードルが高いですが、鮮やかな赤い色が料理を品よく演出してくれます。

日本の伝統的な野菜の一つなので食べられるようになるといいですね。

薄く切って梅型で抜いてお雑煮に入れるとお正月の食卓がぐっと華やかになりますよ。


にんじん 栄養 効能

よく見かけるオレンジ色の西洋にんじんは春やら初夏にかけてと晩秋から冬にかけての二回旬があります。

春夏にんじんはみずみずしくしゃっきりとしていてサラダなど生で食べるのに向いています。

冬にんじんは身が充実して甘味があり、煮物や炒め物など加熱調理するのに向いています。

一年中手に入り、彩がきれいで料理のバリエーションが多く日持ちのするにんじんは家庭でも重宝する野菜の一つです。

昔に比べて甘味が増し、にんじん特有の臭いが薄くなったためずいぶんと食べやすくなりました。

カロテンの語源がキャロットであり、カロテノイドはにんじんから発見されたことからも分かるように、流通量の多い野菜の中でβ―カロテンの含有量は圧倒的です。

葉はβ―カロテンのほかにもビタミンやミネラルが豊富なので丸ごと利用すると豊富な栄養素を摂取することができ、美容や健康にも大いに役立つ優れものです。


にんじんに含まれる栄養素

β―カロテン

 体内でビタミンAに変換されるβ―カロテンは皮膚や粘膜を強くし、脳に光の刺激を伝えるためのロドプシンという物質の再合成に必要で、目の機能を正常に保つ働きがあります。

にんじんはβ―カロテンの含有量がダントツに多く、中ぐらいのサイズのにんじん半分で脂溶性ビタミンであるビタミンA(レチノール)は動物性食品にしか存在せず、体内に蓄積されるため過剰症として頭痛、皮膚の剥落、脱毛、筋肉痛などが知られています。

また、長期にわたり過剰摂取すると胎児に奇形が発生することが報告されていますが植物性食品にはビタミンAの前駆体であるカロテンの形でしか存在しないので過剰症の心配はありません。

ビタミンE

 「若返りのビタミン」ともいわれるよう、細胞の老化や酸化を防ぎます。

ビタミンK

 止血作用があり骨も健康を維持するのにも必要です。

カリウム

ナトリウムとともに生命活動の維持に不可欠です。血圧降下作用もあり、ナトリウムと協力して体内の塩分濃度をコントロールする働きがあります。


にんじんの葉に含まれる栄養素

β―カロテン

 にんじん同様豊富に含まれますが含有量はにんじんの根部分の1/5です。

ビタミン類

 体の発育や機能を正常に保つ働きがあるビタミン類は体内で合成されないか、合成されても必要十分量に達しないため食事から摂る必要があります。にんじんの葉にはビタミンB12とビタミンD以外のビタミン類がどれも豊富に含まれており、とくにビタミンA、E、K、C、葉酸は200gで一日必要摂取量を超えます。ビタミンEはにんじんの根部分の2倍、ビタミンKは50倍も含まれています。

カリウム

 にんじんの根部分の2倍の含有量があります。

カルシウム

 日本人には摂取しにくいミネラルの一つですが血液中には必ず一定量が必要で、不足すると骨に蓄えられたカルシウムを溶け出させて補います。そのため長期的に不足すると骨粗鬆症などの原因になります。

マグネシウム

 カルシウムとの相互作用によって骨や歯の形成を促進したり、心臓や筋肉の収縮を調節したりします。300種類以上の酵素の反応活性に関わります。

リン

 カルシウムと結合して骨の硬度を高め、人間のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)や細胞膜、遺伝子を司る核酸の構成成分となる、補酵素を合成するなど生命活動に重要な役割を担っています。

多くが赤血球の成分であるヘモグロビンに含まれ肺から各組織へ酸素を運ぶ役割を担います。

亜鉛

 細胞の正常な分裂やたんぱく質の合成、性ホルモンの合成、インスリンの合成に不可欠です。食品中の葉酸を体内で利用可能な形に変換するためにも必須です。

 ヘモグロビンの生成を助け、腸管からの鉄の吸収を促進するなど鉄の代謝に欠かせません。

マンガン

抗酸化酵素であるSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)の活性化に欠かせません。


にんじんの効能

カロテンは免疫力をアップし、皮膚や粘膜を保護したり強くしたりする働きがあるので風邪や感染症の予防に役立ちます。

目の機能を正常に保つ作用もあるので白内障、緑内障、視力低下の予防にも効果的です。

赤い色が特徴の金時人参などの東洋にんじんには強い抗酸化作用を持つリコピンが含まれ、がんや動脈硬化、心臓病の予防に効果があるともいわれています。

にんじんの持つある種の因子は、白血球を増加させて免疫力を高めることやがんのリスクを軽減させることが近年の研究で明らかになってきており、世界的にもがん予防に期待が持たれています。

ビタミンEの抗脂質酸化作用や抗老化作用はアンチエイジングに、ビタミンKはカルシウムの吸収に役立つため骨粗鬆症の予防に効果的です。

カリウムは血圧を安定させる働きがあるため血栓や動脈硬化の予防にも役立ちます。

また、体内の水分量を調節する働きもあるのでむくみの防止、解消も期待できます。


有効な摂取方法

カロテンは皮のすぐ下に最も多く含まれているので無農薬の物は皮を剥かずに使いましょう。

カロテンは油と一緒に摂取すると吸収率がグンとアップするので炒めたり揚げたりする調理方法が効果的です。

にんじんにはビタミンCを壊す酵素が含まれているのでビタミンCを多く含む食材と合わせるときはあらかじめにんじんを下茹でしたり、酢をかけておいたりするといいですよ。


おわりに

にんじんの根はとにかくβ―カロテンの豊富さが魅力。品種改良が進んでβ―カロテンの含有量はますますアップしていますが残念ながらそのほかの栄養素は減少気味です。

それを補うのがビタミン、ミネラルが豊富な緑の葉っぱです

スーパーなどでは葉を落とした状態で売られていることがほとんどですが、運よく葉つきのにんじんが手に入ったら、ぜひ胡麻油で炒めて甘辛く調理したりてんぷらにしたりして美味しく食べてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存