ニキビケアで実践し改善した方法!完全版!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

「私が実践し改善したニキビケア完全版!!」

nikibikea

私が実践し改善した ニキビケア の完全版です。

ニキビがあるだけで様々な場面で自信がもてなかったり、辛い思いをしていると思います。

私もそうでした、でもそのニキビには原因と解決法がきっとあるはずです。

私が改善したニキビケアをそんなニキビに悩む方達にご紹介しシェアていきたいと思います。

  1. ニキビの原因、
  2. ニキビに良い成分、栄養素、
  3. ニキビに良い食べ物、食べ方、
  4. 避けたほうが良い成分、避けたほうが良い食べ物、
  5. ニキビに良い生活の仕方、ニキビにNGな行動、

この全てを分かりやすく具体的にシェアできたらと思います。


「ニキビの原因」

まずはじめにニキビの元となってしまう原因を知りその後その対処法をシェアしたいと思います。

ニキビには、シロニキビ、アカニキビ、キニキビと種類がありますがどれも要因は、ほぼ一緒です。

現代ストレスや、不摂生な生活と食事、成長ホルモン、毛穴の汚れ、乾燥などなど、様々な理由がありますがどれも共通して要は、皮脂分泌が結果として活性化してしまうためにニキビになってしまうんです。

分かりやすく説明すると、本来はサラサラでうぶ毛など小さな毛穴から汗などと一緒に出てくるはずの油が、毛穴の汚れ、ストレスや男性ホルモン等によって固まってしまい、毛穴から出れなくなり溜まって出来るのがニキビなんです。

ですので要はこの油が固まってしまう現象を防げばニキビはできにくくなると言うことになります。

いたって単純です。

道路が塞がれて渋滞が起きて玉突き事故が起こるとニキビは腫れあがり破裂してしまうのです。

そしてその破裂し大きくなった毛穴にバイキン等が入ってしまうと治りにくくなってしまうのです。という事はこの油の固まりを抑えればいいのです。

次はそのために必要な成分栄養素をシェアしていきたいと思います。


「ニキビに良い成分、栄養素」

まずはその成分と栄養素を何がどういった効果を促すかは置いといてニキビに良い成分、栄養素をズラーっと一気にあげていきたいと思います。

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンP
  • ミネラル
  • リコピン
  • ベータカロチン

他にも沢山ありますが、私の独自理論では最も重要なので以上を抑えておきましょう。


「ニキビに良い食べ物、食べ方、効果」

さて2、で上げた栄養素をより多く含んだ食材と食べ方をシェアしていきたいと思います。

「ビタミンA」

なぜビタミンA、が必要かと言うと、ニキビの原因で説明した毛穴の通行止めをふせぐためです。

このビタミンA、ニキビの原因の一つ乾燥を抑え、お肌に潤いを与えてくれます。

更にはビタミンA、が新陳代謝を活性化してくれます。

すると体内の脂肪の燃焼に役立つのです。

そうです脂肪が燃焼すればサラサラの皮脂が固まりにくくなり通行止めを無くしてニキビの原因を抑えてくれるんです。

この「ビタミンA」が多く含んだ食材は「ニンジン」です

オススメの調理方はオリーブオイル炒めです。

ビタミンAは脂溶性なのでより摂取しやすくなります。

後で紹介しますがニンジンにはベータカロチンも多く含んでいるのでオリーブオイル炒めしてください。

ニンジンにはミネラル、ビタミンCなどお肌にはとても良いのです。

他にもビタミンAが多く含んだ食材は、ほうれん草、です。

「ビタミンB2」

ビタミンB2にはニキビの原因にもなる脂質をエネルギーに変えて新たな細胞を作りお肌をキレイにしてくれる効果があります。

この「ビタミンB2」が多く含んだ食材は「赤パプリカ」です。

「ビタミンB6」

ビタミンB6には皮脂の分泌を抑えてくれる働きがあります。

そうです、この皮脂が増えすぎると通行止めが起きてニキビの原因になってしまいます。

また赤パプリカには「ミネラル」多くふくまれています。

この「ビタミンB6」が多く含んだ食材は「ニンニク」です。

ニンニクには、疲労回復やニキビの原因のストレスにも効果があります。

そしてニンニクに含まれるアリシンには強い殺菌効果があるので魅力的です。

食べ方は先ほどのニンジンやほうれん草と一緒にオリーブオイル炒めて召し上がって下さい。

「ビタミンC」

ビタミンCには、抗酸化作用があります。

この抗酸化作用とはお肌が酸化して老化してしまうのを防ぐ作用の事を言います。

さらにビタミンCにはビタミンEを強くする作用もあるんです。

また低下してしまうとニキビの原因にもなるコラーゲンの生成の助けもしてくれるんです。

この「ビタミンC」が多く含んだ食材は「赤パプリカ」です。

食べ方としてはサラダ等で生のままと、先ほどのニンジンやほうれん草、ニンニクと一緒にオリーブオイルで炒めて召し上がって下さい。

赤パプリカを購入の際は真っ赤な物を選んでください。

より栄養が豊富です。

「ビタミンE」

このビタミンEには、活性酸素から肌の酸化を防ぐ作用の抗酸化作用が強くあります。

脂質が酸化するのを防ぐため血管の老化を防いでくれます。

これは重要な事でこの血管を通って先程から説明している成分等が皮膚まで到達する事でニキビからお肌を守ってくれるからです。

そうです、血流をよくすることで皮脂も固まりにくくなりニキビ予防につながるのです。

この「ビタミンE」が多く含んだ食材は「アーモンド」です。

おやつ等で毎日数粒食べるだけでも構いません。

「ビタミンP」

このビタミンPには、血流改善、動脈硬化の予防、毛細血管の助けもします。ストレスを和らげ、ニキビからお肌まで栄養素を運ぶ毛細血管の道路を通行止めから守ります。

またビタミンCの働きを持続させる効果もあるんです。

この「ビタミンP」が多く含んだ食材は「トマト」です。

食べ方は生でサラダと先ほどのニンジンやほうれん草、ニンニク、パプリカと一緒にオリーブオイルで炒めて召し上がって下さい。

購入の際は真っ赤な物を選んでください。

より栄養が豊富です。

「リコピン」

このリコピンには、血流改善、動脈硬化の予防、血糖値を下げる効果、さらにはがん予防、もうニキビへの効果は説明いりませんね、そしてこの「リコピン」が多く含んだ食材は「トマト」です。

「ベータカロチン」

この「ベータカロチン」が多く含んだ食材は「ニンジン」です。

また、ニンジンには「ミネラル」多くふくまれています。


「避けたほうが良い食べ物」

これは、糖質の多い食べ物全般です。

糖質はニキビにならないために必要なのビタミンB2、6、を奪ってしまいます。

そしてお酒です。お酒にも多くの糖分がふくまれています。

さらにお酒には血液の毒素を増やしてニキビの原因にもなります。

続いて冷たいものを食べたり飲んだりし過ぎない事。

体の中を冷やす事で油や、皮脂を固めニキビの原因になってしまいます。

それに、常識ですが脂分の多いもの全般です。


「ニキビに良い生活の仕方、ニキビにNGな行動」

まず注意したいのがシャンプーやボディーソープです。

できれば無添加の物にすぐ変えましょう。

そして体は手で洗うようにしましょう、刺激の強いタオル等で洗うのはNGです。

そしてシャンプーや石鹸の洗い残りが付着しているとニキビの原因になるのでよーく洗い落としましょう。

衣類の洗剤

これもすぐにできれば無添加の物に変えましょう。

衣類の洗剤も残ったものが肌に触れニキビの原因になります。

時には裸で過ごす

一人で居る時などは何も着ないで過ごすのもニキビ予防になります。

触らない!

かいてしまったり、むやみに触るのはNGです。

バイキンなど悪化や新たなニキビのの原因です。

枕カバー、ベットシート、掛け布団、等をこまめに洗って下さい。

規則正しい生活と適度な運動!

そして肌の再生時間の10時頃からはできればお休みになって下さい。

眠ってから3時間後から肌の再生時間と言われています。

また、カフェインの過激な摂取はNGです。

タバコはNGです、説明不要!!


「最後に」

以上の事を辛抱強く心がけて見てください。

必ず良くなって行くはずです。

そして病院で一度見てもらいましょう。

近年では良い治療があるようです。


まとめ

ニキビケアで実践し改善した方法!完全版!!
1「ニキビの原因」
2「ニキビに良い成分、栄養素」
3「ニキビに良い食べ物、食べ方、効果」
4「避けたほうが良い食べ物」
5「ニキビに良い生活の仕方、ニキビにNGな行動」
「最後に」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ