寝返りはいつからするの?他の赤ちゃんと比べがち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

寝返りはいつからするの?他の赤ちゃんと比べがち?

negaeri-sinai

生まれた直後は「もう何も望むことはない!生まれてくれてありがとう!」と涙を流したのもつかの間…ついつい気になる赤ちゃんの発達。

遅いんじゃない?

大丈夫かな?

と気になりだしたら止まらないですよね。

その気持ち、よーく分かります。

寝返り は赤ちゃんの一番初めの発達段階といってもいいものですから、いつから 寝返りをするのか特に気になってしまうでしょう。


赤ちゃんっていつから寝返りするの?

赤ちゃんがいつから寝返りを始めるか…についてですが、実は赤ちゃんの寝返りは特に「いつ」と決まっているわけじゃないんです。

「いつから」という区切りなんてなしで、生後2ヵ月から体をねじって寝返りを頑張ろうとしている赤ちゃんだっています。

それがくるりと返るのは、その赤ちゃんのタイミングだと言えるでしょう。

それでも、どうしても目安が欲しいなら、6・7カ月位が平均かな?ととらえておいてください。


生後6カ月健診で寝返りについては指摘されるの?

健診は同じ時期に生まれた赤ちゃんが集まる楽しい場…ですが、自分に余裕がないと逆に苦しくなる場合だってあります。

自分や赤ちゃんに何らかの心配があったら、とにかく人のことが気になって仕方ない、それはもう「気にしないで下さい」といっても無理なことだと思います。

この6か月健診ですが、寝返りについて何か言われるかというと…言われません。

そもそも寝返りがいつから始まるという時期は明確になっていませんし、6・7カ月で寝返りしないのは「異常」とはいえないのです。

でも、首の座りが良くない場合には、もしかしたら指摘されるかもしれません。

それでも、寝返りに関して不安で仕方ないという場合は、健診で保健師の方に色々聞いてみましょう。


寝返りが遅い赤ちゃんは運動神経が良くないの?

せっかくだから、足は速い方がいい…私に似て運動音痴だったらどうしよう。

運動神経が良い方が親も嬉しいので、逆に、運動神経が良くなかったらどうしようと悩んじゃうことってありますよね。

気になる寝返りの時期と運動神経の関係についてですが、はっきり言って全く関係ありません。

寝返りが早くてもあとあと運動が苦手な子供もいれば、寝返りが遅くても小学校ではリレーの選手だった!という子供もいるんです。

そんなわけですから、寝返りが遅いからといって運動神経以外の他の発達(例えば、言葉の出の早さ)などにも関係しません。

旦那さんに似たら、運動神経がいいけれど、私に似たらそんなことはない…どっちに似るか、お楽しみはまだもう少し先です。


まとめ

いつから寝返りをするのかな?と楽しみにしているママほどその時期が長く感じるかもしれません。

お鍋で沸かしているお湯が、見ているとなかなか沸騰しないのに、他のことをしているとあっという間に湧いたように感じるのと同じです。

赤ちゃんの大切な発達の段階ですので、もちろん楽しみには違いありませんが、気にしすぎるのは考えものです。

寝返りをするしないという事実を気にしすぎて疲れ切っちゃうよりも、赤ちゃんが色々なことに興味を持ちだした様子、手足をバタバタとし出した様子、自分なりに試行錯誤して体をひねろうとしている様子…そういった寝返りまでの過程を見守ってみましょう。

それはとても愛らしい様子で見ていて飽きません。いずれは寝返りをひょいひょいしてしまうようになるわけですから、この「寝返りしたくてもできない一生懸命な時期」は今しかありません。

赤ちゃんが上手に足を交差させて体をひねり出したら、今度は初めての寝返りを見過ごさないようにするのが大変ですね。

赤ちゃんを目の届くところに寝かせて、赤ちゃんが動いている気配を感じた時は、手を休めて覗いてみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ