どうしたらいいのかわからない!子育てで思わず涙してしまったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうしたらいいのかわからない!子育てで思わず涙してしまったこと

namida

子どもは妊娠・出産を経てようやく出会えた宝物。

可愛くて愛おしくてかけがえのない存在なのに、慣れない育児にイライラや不安を感じ、思わず 涙 を流してしまうことってありますよね。

子どもはこちらの思う通りに反応してくれるとは限りません。

何をしても泣きじゃくるわが子に、どうしたらいいのかわからなくなってしまうこともしばしば…。

ここでは先輩ママたちが子育てで思わず涙してしまった出来事をご紹介します。


母乳が出ない

出産後、初めて授乳する時はとても感動しますよね。

ふにゃふにゃの赤ちゃんが一生懸命おっぱいを飲もうとしているのを見ると、愛おしい気持ちが溢れてきます。

しかし、母乳は出産すれば自然と出てくるものとは限りません。

マッサージをしたり、食事を改善したり、母乳の出を良くするように頑張ってもなかなか母乳量が増えずに悩むママは少なくありません。

お腹が空いて泣く赤ちゃんに満足できるほどの母乳を出せない辛さ。

無理やりおっぱいをくわえさせようとしても赤ちゃんが嫌がって泣いたり、身体を反ったり…。

授乳しても足りずにお腹が空いて泣き続けるわが子を見て、母親失格だと涙するママもいます。

日本では母乳で育てたいと思うママや母乳で育てるべきという周りの声が多い傾向にあります。

ですが、授乳がストレスになり、ノイローゼのようになってしまうのであれば、母乳にこだわらずにミルクを飲ませてあげてください。

粉ミルクは母乳と同じ成分で栄養的にも全く問題はありません。

悩んで辛そうなママを見るより、笑顔のママからミルクを飲ませてもらえる方が、赤ちゃんの心もお腹も満たされるでしょう。


寝てくれない

赤ちゃんのお世話で辛いと感じることが多いのが「寝かしつけ」です。

特に生後6ヶ月頃から始まる夜泣きの時期は、何をしても寝てくれずに気が付いたら明け方だったなんてこともあります。

赤ちゃんは大人よりもずっと睡眠が浅いため、起きやすい状態です。

まだ上手く眠ることができないため、寝た!と思って布団に寝かせようとするとビクッ!と身体をこわばらせて大泣き…そしてまた抱っこでゆらゆらを延々と繰り返す夜も多いです。

ママも夜は疲れも溜まって、寝たいのに寝られないもどかしさがイライラに変わり、「なんで寝てくれないの!?」と思わず泣いてしまうことも。

ママに体力があるときはいっそ開き直って部屋を明るくして遊ばせたり、車でドライブしたりととことん付き合えればいいですが、毎日のことになると辛いですよね。

そういうときは周りに頼って、少しでも身体を休めてください。

とはいえ子どもが泣いている声がしていると気になってなかなか眠れないのがママなんですよね。

夜泣きの時期は、夜は泣くもの!と思って昼間に睡眠を取るなどして備えておくママも多いようです。


食べない

生後5~6ヶ月頃から離乳食が始まります。

ゴックン期・カミカミ期・パクパク期を経て幼児食へ移行し、大人と同じようなごはんを食べることが出来るようになります。

ですが、ママと赤ちゃんに立ちはだかる「ごはん」の壁は、思った以上にママたちを苦しめる場合も。

母乳やミルクと違うものを口にする赤ちゃんが離乳食を「異物」だと思って、口からべーっと吐き出してしまうこともあります。

離乳食が進むといろいろな食材や調理法を試していく必要もあります。

味が気に入らなかったり、固さや食感が気に入らなかったりすると全く食べないことも。

せっかく作ったごはんを食べてくれないのは、かなり堪えます。

いろいろ試行錯誤して「これなら!」と思ったメニューを出しても、食べてくれなかった時はとても悲しかったことを覚えています。

小食や食べムラは赤ちゃんの時だけでなく、幼児以降も悩み続ける問題の1つです。

正解はない

子育ては「これ!」といった正解がなく、他の子では効果があったことでもわが子に当てはまらないこともあります。

悩みを改善しようといろいろ工夫しても、思ったような結果が出ないと努力が報われないと感じて泣きたくなりますよね。

でも同じように悩んでいるママはたくさんいます。

あまり考え過ぎず、周りの成功例がうちにも当てはまったらラッキー♪ぐらいの気持ちでいる方が穏やかな心で子どもと接することができるかも。


まとめ

どうしたらいいのかわからない!子育てで思わず涙してしまったこと
母乳が出ない
寝てくれない
食べない
正解はない

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存