無認可保育園とはどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

働くパパママにとって、子供を預ける保育園探しが、赤ちゃんの生まれる前の妊娠中からスタートすると言われる昨今です。

子供の数に対して絶対的に保育園の数が足りない都市部では、年々保育園探しの競争が加熱しています。

認可保育園に入園を希望しながらも、それが叶わない児童は「待機児童」と呼ばれ、無認可保育園 に通うことになります。

ではその無認可保育園と呼ばれるところはどのような所を指すのでしょうか。

まとめてみました。


スポンサーリンク

無認可保育園とはどんなところ?

認可保育園と無認可保育園とは

保育園は、法律上では「保育所」と呼ばれるのが正式名称ですが、幼稚園と比較して保育園と呼ばれています。保育園は認可保育園と無認可保育園に分けられます。認可保育園と言うのは、児童福祉法に基づく児童福祉施設のことを言い、施設の広さ、保育士など職員の人数、給食を作る設備の有無、、園内外の施設の有無、防災管理、衛生管理など国が定めた認可基準をクリアして都道府県知事に認可された施設を意味します。運営費も国や自治体から助成金が出るので、保育料が比較的安いのが特徴です。申し込みや保育料の支払いは、現在居住している自治体に対して行ないます。ただし入園するには条件があり、保護者が病気だったり、フルタイムで仕事をしていて日中不在な場合など「子どもを保育することが困難」な状態であると認識されなければ入園を受け付けてもらえないこともあります。

一方、国が定めた認可基準の全てを満たすことが出来なかったり、行政の都合で認可が下りなかった保育園を無認可保育園(正しい名称は認可外保育園)と呼んでいます。例えば他の基準は全て満たしていても、十分な広さの園庭がない保育園などは無認可保育園ということになります。基本的には無認可保育園はすべて民間での運営となっていますが、中には国や自治体から助成金が出ている園もあります。しかしたいていの無認可保育園はそれらが受けられないため、保育料は認可保育園に比べて高くなる傾向にあります。認可保育園と違い、入園の申し込みは各園に直接提出します。入園の条件は認可保育園のようには厳しくなく、保護者が仕事に就いていなくても入園を許可される場合もあります。


無認可保育園の入園条件をもう少し詳しく

無認可保育園は、児童福祉法に基づく国や自治体の認可を受けていないため、入園条件に「保育に欠ける理由」について問われることはありません。園によって基準は異なりますが、週に1日だけでも、働いていなくても預けることは可能です。手続きも認可保育園より簡単な場合が多く、入園しやすいのが特徴です。都市部の認可保育園に入れない「待機児童」の多い地域では、まず初めに無認可保育園に入園を決めておき、空きが出来たら認可保育園に転園させるケースも多いようです。しかし人口の集中する地域では、無認可保育園でさえもすでに予約でいっぱいの場合があるので、まずは現在の住まいの地域では保育園の状況がどのようになっているのかを早めに調べておきましょう。


無認可保育園はどんなことをするの?

「無認可」「認可外」と言う言葉を見ると、認可のある保育園と比べると見劣りがしたり、ブラック企業が経営しているのでは?などと疑ってしまうかもしれません。でも認可保育園になるための基準にあと少し不足している部分があったため認可が下りなかっただけのところもあり、無認可保育園の中にも、一部自治体から助成を受けて運営している保育園は、保育環境も認可保育園に近いものがあります。保育園の面積が狭かったり、園庭がないなど、施設面で少し見劣りすることもありますが、その分独自のカリキュラムを行っていたり、家庭的雰囲気で人気となっている園もあります。また、保育時間も保護者の都合を聞いてもらえたり、臨機応変に対応してくれるところもあります。ただ、どんなに良いところでも無認可保育園は認可保育園より助成金が出ない分高額な保育料が必要となります。どの無認可保育園を選ぶのかは保護者の下調べが肝心なので、必ず見学に行き、納得が出来るまで園を知ることが必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存