100日祝いってどんなもの?いつごろするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

100日祝いってどんなもの?

hyakunitiiwai

子どもの成長はどんな時も嬉しく幸せなものです。お子さんの幸せを願って行われる行事はいろいろありますが今回はお子さんが生まれておそらく最初の行事になるであろう100日祝い(お食い初め)のあれこれを見ていきたいと思います。


100日祝いとは

100日祝いとはお子さんが一生食べ物に困らないようにという願いを込めて行う行事です。『お食い初め』『お食い初めの儀』などとも呼ばれています。

100日祝いと言われますが100日を過ぎて日がよく、お祝いする方たちの都合に合わせて行えばよいでしょう。110日、120日などきりの良い日に行うというところもあるそうです。


100日祝いの内容

《祝い膳》

一般的に100日祝いと言えば『お食い初め』とも言われるように祝い膳を用意して行います。基本は一汁三菜です。

尾頭付きの魚(鯛が多いです)、赤飯、汁物(蛤や鯛が多い)、焚き物(昆布や手毬麩などおめでたい雰囲気の物)、香の物(お漬物)、梅干し(しわが出来るまで長生き出来るように)等を高足の漆器の膳に盛りつけて行います。

男女の別で漆器の色を分ける所もあります。

また昔はこのために誂えた漆器を母方の祖父母が贈る習わしがありましたが今はあまりこだわらなくてよいようです。

他に歯固め石を用意するところもあります。

地元の神社の境内で小石を拾って来て使用します。

100日祝いが済んだら再び神社におさめます。

儀式的にこだわる方はやり方があります。

男の子は男性の左膝、女の子は女性の右膝(お祝いの出席者の中で一番年上の方の)に座らせます。

なぜ一番年上の方が抱くのかと言うとその子が長寿になりますようにとの願いが込められているからです。

その状態でごはん、汁物、ごはん、魚、ごはん…の順番で食べさせる真似ごとをします。

この時ほんの少しでも口に入れると縁起が良いと言われていますのでお米一粒でもいいのでお子さんの口に入れてあげましょう。(あまり無理強いする必要はありません。)

その後歯固め石に箸の先をちょんとつけ、その箸をお子さんの歯茎にそっとつけます。

そうすることで今後その子に生えてくる歯が石のように丈夫な歯になると言われています。

《服装》

お色直し式を行うところもあります。それまで白い産着を着せていた赤ちゃんに色つきの着物を着せると言う習慣で、祖父母から着物(小袖)が贈られる地域もあるようですが現在はその後身につけられる洋服で代用することが多いそうです。

おめでたいお祝いの席ですのでご両親もぜひおしゃれしてお祝いできると良いですね。

《お祝いなど》

100日祝いに招かれた場合お祝いを持って行くと良いでしょう。

ベビー食器や洋服が贈られることが多いですが出産祝いと重ならないようにあえておむつや粉ミルクなどの消耗品を贈る方もいらっしゃいます。

ご祝儀として贈る場合は5000円から10000円ほどが一般的です。

お祝いをいただいてもこの場合お返しする必要はないでしょう。

このようにして儀式をきちんと行うところもありますがあまりこだわらずお子さんの健康と長寿を願ってみんなで賑やかにお祝いすることが良い思い出になるでしょう。


最近の100日祝い

昔は両家の祖父母とももっと密なお付き合いでこういったお祝いの時などは料理を作ってくれるおばあちゃんがいて、きっと賑やかで豪華なお祝いの席になったことだと思います。

しかし現在の核家族社会ではなかなかそういった機会も少ないのではないかと思われます。

昔は親戚一同ご近所さんまで招待して行っていたお家もあったそうですが現在では両家の祖父母、両親、お子さんで行えればよいかと思います。

ご両親とお子さんのみで行ってももちろん良いのです。

お祝いだからと、なれない祝い膳を作るのも小さなお子さんを抱えてでは難しいですね。

そんな現在のニーズに合わせて祝い膳のケータリングサービスや仕出しがあったり、お近くの料理店に予約してそこに食事に行く形をとる場合もあります。

外食なら片づけの心配もありませんしね。

また、ご自分で作られる場合はレシピサイトをのぞいても簡単に作れる祝い膳のレシピがいくつも掲載されています。

器も漆器のお膳ではその後利用する機会もないですね…昨今は離乳食で使用できるような、なおかつおしゃれなデザインの物や、材質にこだわって天然木で作られた食器を使うなど様々です。

あまり形式にこだわることなくお子さんの健やかな成長を、家族、親せきでお祝いしようという気持ちが大切です。

100日祝いでは豪華なお料理が並び、おじいちゃんおばあちゃんが孫を抱き、食べさせる真似をしたり、きれいな着物を着せたりと笑顔あふれる一日になる事でしょう。

ぜひみなさんの良い笑顔を写真やビデオにおさめ良い思い出に出来ると良いですね。

せっかくみんなが集まる行事ですので写真館で集合写真を撮られるご家庭もあります。


まとめ

100日祝いってどんなもの?
100日祝いとは
100日祝いの内容
最近の100日祝い

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ