百日祝いってどんなお祝い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

百日祝いってどんなお祝い?

momokaiwai

可愛い我が子が生まれてもうすぐ100日。

そう言えば百日祝いって何をすればいいの?と気になるパパやママも多いのではないでしょうか?

今日はそんなお祝いごとについて紐解いていってみましょう。


百日をお祝いする意味って何だろう?

「百日祝い」って子どもが生まれると、よく耳にする言葉だけれど、何をするお祝いなのかはっきりわからない、という人もいるかもしれませんね。

百日祝いは、いわゆる「お食い初め」あるいは「歯がため」をして「一生食べることに困らないように」という願いを込めてお祝いする儀式です。生後100日ごろに行うことが多いため、百日祝いという呼び方をするようになりました。

ただ、「お食い初め」と言っても実際には離乳食を取り入れる前であることも多いので、実際に食べ物を食べさせる必要もないようです。

また、日取りについてもぴったり100日にこだわる必要もないので、呼びたい人たちの都合のいい日を選んで行えば大丈夫です。両親と祖父母、それに親しい親戚などに尋ねてみるといいかもしれませんね。


百日祝いで準備するものは何?

儀式で使う正式な食器などは箸が柳の白木で、椀には漆器を使うことになっています。

漆器も男の子なら朱色のもの、女の子なら外が黒で内側が朱色のものを使います。

その食器に尾頭付きの焼き魚、すまし汁、煮物、香の物、ごはん(赤飯)などを盛り付けます。

メニューについては地域によって違いがある場合もありますので、自分たちの住んでいる地域での一般的なお祝いの仕方で構いません。

さらに、歯を固めるための「歯固め石」や縁起物の「梅干」を膳に添えることもあります。

最近では、仕出し屋さんや魚屋さんが「お食い初めセット」というものを販売していることもあるので、それらを利用するという人も増えているようです。

プランによっては漆器のレンタルが出来たり、漆器代も込みになっていたりするものもあるようで手軽に準備が出来るようにもなってきています。

希望や好みに合ったものを探してみるのも楽しいかもしれませんね。



儀式を行う手順は?

集まった人の中で子どもと同じ性別の年長者が箸を使って、食べさせる真似をします。それから歯固め石があれば、歯固め石に箸で触れてそのまま子どもの歯茎に触れるということもします。

また、食べ物を食べさせる真似をする際に、「一粒舐め」といって米を一粒だけでも食べさせるということもあります。

食べさせる順番も本格的な儀式では取り決められているようです。「ごはん、汁物、ごはん、魚、ごはん」というのを三回繰り返すそうです。


気になる百日祝いの贈り物

百日祝いでは、儀式も気になりますが、招かれる側も、どんな準備をすればいいのか気になるものですよね。

百日祝いの贈り物(特に祝い食器一式など)は、母方の実家から贈るのが習わしとして言われています。

でも、現在では日常的に可愛いベビー用の食器などを代わりに贈って、その食器を使ってお食い初めをするというご家庭も多いようです。

また、それ以外の立場の人たちも招かれれば祝い膳を頂くことになると思いますので、お膳代程度の現金を包むことも良いとされています。

これについては、出産祝いとして送った人も多いかもしれませんので、最近では家庭によってやり方は異なることが多いようです。

両家のバランスなども気になるところだと思いますので、事前に尋ねてみても良いかもしれませんよ。

本格的でも、カジュアルでも子どもの誕生を祝い、成長を願って楽しく過ごせれば一番だと思います。

また生まれてから100日もすると子どもの表情もまたどんどん変わる時期ですので、集まった人たちでそんな変化を喜びながら、どうぞ楽しいひと時を過ごしてください。



まとめ
百日祝いってどんなお祝い?
百日をお祝いする意味って何だろう?
百日祝いで準備するものは何?
儀式を行う手順は?
気になる百日祝いの贈り物

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存