ミルクアレルギーの赤ちゃん用の粉ミルクの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

赤ちゃんが ミルク を受け付けない、親にとってこんなに切ないことはありません。

ただ、赤ちゃんがミルクを吐くことは珍しいことではありません。

むしろ体の構造上当り前のことです。

でも、元気がない、体重が増えない、激しい下痢や嘔吐を繰り返すといった症状があるときには病気を疑わなくてはなりません。

今回はミルクアレルギー用の粉ミルクの種類を紹介します。


スポンサーリンク

ミルクアレルギーの赤ちゃん用の粉ミルクの種類

アレルギーの種類

真っ先に疑われるのはミルクアレルギーですが、抗体反応で起きる即時型の「食物アレルギー」と細胞免疫によって起きる非即時型の「新生児―乳児消化管アレルギー(N-FPIES)」があります。

「新生児―乳児消化管アレルギー(N-FPIES)」は生後2~4週間、遅くとも3ヶ月以内に発症します。

蕁麻疹、嘔吐、下痢、血便が主な症状で、1995年頃から増加傾向にあり、発症率は0.2~0.3%で年間約2000~3000人の赤ちゃんが新たに発症していると考えられています。


即時型アレルギー

特定の物質に対して特異的IgE抗体を持ち、免疫が過剰反応することで様々なアレルギー症状が起こります。

アレルゲン摂取後、数分から遅くとも1時間以内に症状が出ます。

生後4ヶ月頃から発症することが多く、消化器官から全身にアレルゲンが運ばれるため蕁麻疹を始め呼吸障害、発熱、痙攣など全身に症状があらわれます。

アナフィラキシーショックなど生命にかかわる症状を引き起こすこともあります。

初めて食べたものに反応する場合は胎盤もしくは母乳経由での感作が考えられます。


非即時型アレルギー

即時型アレルギーと異なり、特定のアレルゲンに反応する抗体、特異的IgEを持ちません。

症状が消化管、皮膚に限定的に表れるのも特徴の一つです。

消化器官における細胞免疫によるアレルギー疾患と考えられています。

時間が経ってから発症するため診断、アレルゲンの特定とも難しい疾患です。

軽度のN-FPIESの場合、アレルゲンの除去によって95%以上は3歳までに寛解します。

アレルゲンは牛乳由来のミルクが90%以上、母乳が20%、米、大豆がそれぞれ10%と依存度が高く、それら以外では1%以下です。

消化器官における消化吸収の機能が整うと症状は治まります。

よく似た症状で、アレルギー反応を引き起こす好酸球という白血球が消化管部位で増加する「好酸球性消化管疾患」は厚生労働省によって難病指定されています


診断と治療

即時型アレルギーは血液検査で特異的IgE抗体を調べることができますが、非即時型アレルギーの確定診断は専門医であっても容易ではありません。

自己判断はせず、必ず医療機関で慎重に検査をおこなわなくてはなりません。

「好酸球性消化管疾患」は消化器官の内視鏡検査で分かります。

対処法は症状の重症度によって変わってきます。

食物アレルギー、N-FPIESともに母乳の継続が可能な場合もあります。

でも、場合によっては加水分解ミルク、アミノ酸ミルクなどのアレルギー対応ミルクに切り替える必要が出てきます。

母乳でアレルギー反応が出た場合、対応は3通りです。

まずは母親がアレルゲンの摂取を制限して数日経ってから授乳します。

症状が改善されない場合は食事からアレルゲンを完全除去します。

それでも症状が出る場合は一定期間母乳をやめ、アレルギー対応のミルクに切り替えることになりますが、搾乳は続けて母乳再開に備えます。

こういった負荷除去試験は母子共にリスクを伴うため、必ず医師や栄養士の指導の下行います。

母体の栄養不足は乳幼児のそれより治療が難しくなります。


アレルギー対応ミルク

乳清たんぱく質を低分子化することでアレルギーの抗原性を抑えたミルクで、加水分解乳、アミノ酸乳、大豆乳の3種類に分けることができます。

加水分解乳にもカゼイン加水分解乳と乳清加水分解乳があり、分解度も中等度加水分解乳と高等度加水分解乳とがありますので、症状や体質によって使い分ける必要があります。

中等度加水分解乳(軽度の湿疹や予防用)

E赤ちゃん 森永乳業 カゼイン加水分解乳 ミルクアレルギーには不可 アトピー性皮膚炎の予防用 分子量5000以下

森永 エコらくパック はじめてセット E赤ちゃん 800g (400g×2袋)

MA-mi 森永乳業 ゼイン加水分解乳 ミルクアレルギーには不可 アトピー性皮膚炎の予防用 分子量2000以下

森永 MA-mi 800g

のびやか 明治乳業 乳清加水分解乳 乳糖不耐性には不可 アトピー性皮膚炎の予防用 1500~3500のペプチド分子が15%程度含まれます。

ミルフィー 明治乳業 カゼイン加水分解乳 アレルギー治療には不可 アトピー性皮膚炎の予防用 分子量5000以下

明治 ミルフィー HP 850g

高等度加水分解乳(アレルギー治療用ミルク)

ニューMI-1 森永乳業 カゼイン加水分解乳 分子量1000以下 乳清たんぱく除去

森永 ニューMA-1 大缶 800g

エピトレス 明治乳業 カゼイン加水分解乳 分子量1000以下 乳清たんぱく除去

ペプディエット 雪印 カゼイン加水分解乳 分子量1500以下 大豆レシチン配合 乳清たんぱく除去 大豆アレルギーに注意

アミノ酸乳(成分栄養ミルク 重度アレルギー治療用ミルク)

エレメンタルフォーミュラ 明治乳業 精製結晶アミノ酸乳 たんぱく質含有無 高等度加水分解乳にも反応する場合に用いますが、高価なうえ長期にわたって使用すると肝機能障害、栄養障害が懸念されます。

大豆乳(ミルクアレルギーで大豆アレルギーではない場合のアレルギー治療用ミルク)

ボンラクト 和光堂 大豆分解たんぱく乳 牛乳アレルギーはあるけれど大豆アレルギーはない場合に有効です。しかし、多くの場合大豆アレルギーを誘発するので要注意です。

和光堂 ボンラクトI 360g


アレルギー用ミルクの使用に際して

母乳が出ているのであれば無理に止める必要はありません。

N-FPIESの場合、数週間から数か月の断乳の後、乳製品の除去をおこなってから母乳を再開すると50%は症状が出ないという報告もあります。

ミルクは母乳とほぼ同等の栄養が備わっていますが、微量成分において母乳には敵いません。

アレルギー用ミルクは市販もされていますが、適切な指導のないまま使うのは赤ちゃんの成長に不可欠な栄養が不足する心配があるので、必ず医師に相談してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存