妊婦さん必見!!マタニティ―シートベルトの必要性!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊婦さん必見!!マタニティ―シートベルトの必要性!?

matanitelisi-toberuto

こんにちは^^

1歳の息子を育てている、1児のママです!

妊婦さんの時って、何かとマタニティー用品を揃えたのを覚えています。

マタニティー用の洋服・ブラジャー・パンツなどなど、お腹が大きくなるにつれて今まで通りのものだとダメなのが多くなってきますよね

その中でも、けっこう必要になってくるのが「マタニティーシートベルト」です!

「え!?マタニティー用のシートベルトなんてあるの??」と私も最初は驚きでした!!

車を使わないと、買い物に行けないところに住んでいたため、車は必需品でした。

でも、お腹が大きいと、お腹が締め付けられて苦しくていつも気持ちが悪くなってしまっていました…

私と同じ悩みをお持ちの方けっこういらっしゃるのではないでしょうか!?

そんな時に出会ったのが妊婦用シートベルトの「マタニティーシートベルト」!

こんな便利なものがあったのかと思ったぐらいです☆

マタニティ―シートベルトのおかげで、つわりの時期やお腹が大きくて苦しい時にとても快適に過ごすことができました^^

今回は、車を必需品としている妊婦さんのために、赤ちゃんとママの命を守る「マタニティーシートベルト」についてご紹介いたします♪


そもそもマタニティーシートベルトとは!?

マタニティ―シートベルトとは、一般のシートベルトよりも、下腹部を支えてくれるため、締め付けられている感じがしません!

臨月でも平気で使えちゃいます!!

マタニティーシートベルトを1つ持っていると便利ですよ♪

ママが苦しみから解放されるのと共に「赤ちゃんとママの命を事故から守ってくれる働き」があるので万が一のためにも準備しておきましょう^^

詳細はこちら妊娠用・妊婦用シートベルト補助具 タミーシールド Tummy Shield


普通のシートベルトを上手く活用しよう!

大きいお腹にシートベルトって、締め付けられるのでとっても心配ですよね。

でも、車はたまにしか乗らないから、マタニティーシートベルトを買うのはちょっと…

という妊婦さんのために、もしもの時には危険なのでオススメはしませんが普通のシートベルトを工夫してみましょう!!

腰ベルトをお腹の下にまわす

腰骨と足の付け根を固定する位置に

肩ベルトは胸から脇に位置する

こうすることで、お腹への負担を軽減できます!


妊婦さんはシートベルトをしなくてはいけないの!?

「ずはり、しなくても大丈夫です!」

妊婦さんのシートベルト着用義務は、免除されます。ただし母子手帳の携帯が必要です。

携帯していない場合は病院へ問い合わせを行うこともあります。

ママやお腹の赤ちゃんの体調が悪くなってまで、シートベルトを着用しなくてもいいそうです。

しかし、妊娠しているからシートベルトをしないというわけではなく、シートベルトが腹部を横断しないように着用すればママもお腹の赤ちゃんも万が一事故があった時に、障害を軽減できるので、妊婦さんでもシートベルトの着用を推進しています!

いくら自分側が気をつけて運転していても、相手に事故を起こされてはひとたまりもありません…

気をつけようがない事故もあるのです。

私もマタニティ―シートベルトを購入する以前に車に乗っていたのですが、お腹が苦しくても「もしも」のためにシートベルトは着用しいていました。

※普通のシートベルトを長時間付けるのはけっこうつらかったです…

そんな時のためにも、お腹の赤ちゃんを守ることを第一に考えてシートベルトをすることをおすすめします☆


まとめ

いかがでしたでしょう?

このシートベルト1本でママとお腹の赤ちゃんの命を守ってくれると考えると、やはり買うべきだと思います!!

ネットでも買えると思いますが、品物を見たい方は車用品店に売っていますよ♪

安いもので2000円台で買えます。手が出せないような金額ではありませんので安心してくださいね!!
2000円台で帰るマタニティーシートベルトの詳細はこちら↓

(バンプベルト) Bump Belt 妊婦用 マタニティー シートベルト No.SF1193144A

この機会にぜひ、検討してみてはいかがでしょうか(^ ^)?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ