ママ友って必要なの?ママ友はいらない…と思っている人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

友達っていう存在はあなたの中で重要な位置を占めますか?

結婚や転勤を機に住む場所がガラリと変わり、それまで仲良くしていた人と頻繁に合えなくなっていく場合、近くに愚痴ったり、遊びに行ったりする友達が欲しいと思うかもしれません。でも色々と後々面倒くさいのではないかと躊躇している人はいませんか?

ママ友 の意味を一緒に考えてみましょう。


スポンサーリンク

ママ友って必要なの?ママ友はいらない…と思っている人に

ママ友って何?

もともと「ママ友」って何なんでしょうか。友達の「友」という漢字を使っていますので、友好関係が発生した人を表しているのでしょうが、これは人によってとらえ方がまちまちのようです。

  • わが子のお友達のお母さん
  • わが子のクラスメートか、塾や習い事が同じ子のお母さん
  • 子供が通う学校のPTA役員活動で仲良くなったお母さん
  • 子供の友達のお母さんというだけで、ただの知り合い
  • 友達ではないが、同世代の子供を持つ顔見知りの親同士をママ友と呼ぶ
  • 最初は子供同士の付き合いから親同士も話すようになって、今では子供は関係なく仲良くなった人。

などなど、本当に人によってママ友の定義が違うようです。

自分はこう思ってママ友という言葉を使って話していたけど、相手は違うみたい…なんてことが起きそうですね。

共通していえることは、個人的に知り合ったというより、子供を媒介に付き合い(知り合い程度も含む)が発生したということのようです。


友達の重要性

親に依存する幼児期を過ぎ、友達の影響を大きく受け始める時期に入る小学生ぐらいから、友達の存在感が自分のなかで大きくなっていきます。

一番影響を受けやすいのは学生時代で、その後、大学や大学院へ進む人、社会人になる人、結婚して子供をもつ人など、それぞれの道を歩んでいきます。

立場が違っても友人関係を続けられる人もいますし、なんとなく疎遠になってしまう人もいますが、「友達」というものが自分の中でどれだけの位置を占めるものかという価値観によっても変わってきます。

家族が一番!という人にとっては、友達はいてもいなくてもそれほど重要ではないようです。

反対に、友達がいないと不安だ、友達がいない人生なんてつまらないという人もいます。

そういう人にとっては、昔からの気がしれた友達という存在は大切だと思いますが、結婚や転勤などで距離的に離れてしまう場合はどうしたらよいのでしょうか。


ママ友がいてよかった

子育てって、マニュアル本があるようでないですよね。インターネットでも色んな情報は得られますが、一筋縄ではいかないのが子育て。

しかも、最近は核家族化していますので、日中お母さんは一人っきりで子供と向き合うことも多く、どうして泣きやまないの?どうしていつもお友達と喧嘩するの?など、解決法が見いだせない悪循環ループに陥った時、側にいて、話を聞いて共感してくれる人が必要です。

人間、一人では生きられないものですから。

今はインターネットが普及し、距離があっても手軽に、遠距離に住む親や友人と連絡がとり合える時代になったのは有難いですが、近くの友の存在とはまた別のようです。

ちなみに、世のお母さん方の約8割はママ友を「必要だ」と言っているそうです。

理由としては、同じような悩みをタイムリーに共有できるから、というのが大きなポイント。「タイムリー」という点も重要なのでしょうね。子供が同じ幼稚園や学校で、同年代だとすれば悩みも似通っていることが多くて共感しやすく、悩んでいるのは私だけではないと気付くことで救われることも多いのだそうです。

親や友人から離れたところで子育てをしているお母さんには産後鬱が多いと聞いたことがあります。悩みを聞いてもらったり、たわいもないおしゃべりをすることって、実は大事ですよね。特に女性は話している内にスッキリしちゃったりすることがよくありませんか?

また、保育園・幼稚園・学校、小児科や小児歯科などの評判は地元のお母さん方の口コミ情報が重要ですし、急なことで遠くに住む親には頼れない、という困った時に手を差し伸べてくれるのも、実は近くの友だったりするんです。ついつい遠慮しがちですが、案外頼まれて嫌がる人って少ないと思いますよ。

ママ友情報の中には、ランチや派閥などがうざいだの、色々ネガティブな情報が主に飛び交っておりますが、同じような立場の人とおしゃべり出来るって、もっと素敵なことだと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存