お誕生日にお孫さんに贈るならオススメ絵本3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

お孫さん への プレゼント、特に お誕生日 に何を贈ろうか悩んでいるおじいちゃんおばあちゃんも多いのではないでしょうか。

本好きになってもらいたい、と本屋さんを訪れてもたくさんの本の前で何を選べばいいか困ってしまう事もしばしば。

そんな迷えるおじいちゃんおばあちゃんのために、お孫さんの年齢別におすすめの1冊を選んでみました。

もちろん、これがベストという訳ではありません。

大切なのは、おじいちゃんおばあちゃんが「ぜひおススメしたい理由がある本」を選ぶことではないでしょうか。

思い入れがある、昔読んであげたことがある、そんな1冊がきっとお孫さんにとっても特別で大切な1冊になることと思います。

大好きなおじいちゃんおばあちゃんに選んでもらった本ならきっとお孫さんも喜ばれる事間違いなしですよ。


おじいちゃんおばあちゃんからお誕生日にお孫さんに贈るならオススメ絵本3選

たまごのあかちゃん」 


大型絵本 たまごのあかちゃん (こどものとも年少版劇場)

かんざわとしこ/ぶん やぎゅうげんいちろう/え 福音館書店 

0・1・2歳のお孫さんには、一緒に絵本を楽しむ時間を作れる1冊を。

たまごのあかちゃんは「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ? 

でておいでよ」の掛け声で、たまごのなかからたくさんの赤ちゃんが出てくる様子を描いた絵本。

大きなたまごがあれば小さなたまごもあり、掛け声につられて出てきた動物達は皆とっても楽しそう。

カラフルな色合いで、鳴き声や擬音を使って動物達のいきいきとした姿を描き出しているこの本はおはなし会でも定番の1冊。

可愛いお孫さんに絵本を贈るのなら、ぜひ一度お膝に乗せて一緒に読んであげてみてください。

上手に読むことに一生懸命にならなくても大丈夫、赤ちゃんだから分からないかもなんて不安に思わなくても大丈夫。

思っているよりもずっと豊かなリアクションに、読み聞かせのとりこになってしまうかもしれませんよ!


いいからいいから」 


いいからいいから

長谷川義史/作 絵本館 

幼稚園から小学生までのお孫さん、特に少し離れて暮らしているお孫さんにはおじいちゃんおばあちゃんのことを思い出させるような1冊はいかがでしょうか。

おじいちゃんと暮らすぼくの目線から、愉快な日々を描いた「いいからいいから」は子ども達にも人気のシリーズ。

もしかしたら、幼稚園や小学校でも読んだことがある本かもしれません。

ですが、子ども達は自分が知っている本、読んだことがある本を「共有」するのが大好きなんです。

先を知っていても、何度も何度も読んだ本でも、大好きな人と読むことはまた別。

ぜひ何度でも何度でも、お孫さんが飽きるまで読み聞かせをしてあげてくださいね。

おじいちゃんとぼくの愉快な日々は、大人が読んでも思わず笑顔になれるお話ばかりですよ。


ようせいのおしろのぶとうかい」 


ようせいのおしろのぶとうかい (メリーゴーラウンドえほん)

マギー・ベイトソン/さく 大日本絵画

絵本好きのご家庭でも、なかなか手を出しにくいジャンルというものがあります。

それが「しかけ絵本」。

子ども達にはどうしても力加減が難しく、ついついパーツを壊してしまいがちなので図書館などでも貸出をしてもらえないことが多い仕掛け絵本は高価なこともあり、子ども達にとっては憧れの1冊でもあります。

だからこそ、お誕生日のような特別な日の贈り物にはぜひお勧めしたいジャンルでもあるんです。

「ようせいのおしろのぶとうかい」は、仕掛け絵本でも珍しいメリーゴーラウンド絵本。

開いて楽しむだけではなく、絵本の表紙を裏表紙をくっつけて付属の紐で結ぶことによってお人形のお家のように置いて楽しむことも出来るまさに「遊びと仕掛けたっぷりの絵本」になるんです。

人形たちを使ってお話を楽しむことも出来ますし、おもちゃとしても遊べます。

特別な日の特別なプレゼントとしての「仕掛け絵本」、おススメですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ