おじいちゃんおばあちゃんが贈る 孫のお誕生日に贈りたい絵本3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

おじいちゃんおばあちゃんが贈る 孫のお誕生日に贈りたい絵本3選

mago-tannjyoubi

お父さんともお母さんとも違う、「おじいちゃん」「おばあちゃん」は子ども達にとってもちょっと不思議で特別な存在。

自分の子どもとも少し違う立ち位置の、とっても可愛い お孫さん たちの お誕生日 に、とっておきの 絵本 を プレゼント に贈ってみませんか?

さすが、おじいちゃんおばあちゃん!」なんて言われるような絵本を選んでみましたよ。

ただ贈るだけではなく、ぜひお膝に乗せて、もしくはお泊りの時のお休み前のとっておきとして、一緒に読んであげてくださいね。

読み聞かせをしてもらった本は、ただ贈られただけの本よりもずっとずっと子ども達の記憶に残る1冊になるのですから。

お節介をひとつ申し上げるなら、ご購入の「前」に、選んだ本がすでにおうちにあるものではないかどうかの探りを入れておくといいかもしれませんね!


「ほっぺに、ちゅー。」(まんまるちゃんシリーズ) 


詳細はこちらから→ほっぺに、ちゅー。 (こども絵本)

 ムラマツエリコ なかがわみどり/えとぶん JTBパブリッシング

小さなお孫さんをお持ちのおじいちゃんおばあちゃんにオススメなのが、このコミュニケーション絵本。

絵本を読みながら、ほっぺたをくっつけたり、撫でてあげたり、絵本を通してふれあいのきっかけを作ることが出来るからです。

そして何より厚手の絵本なので少しくらい乱暴に扱っても大丈夫!

わんぱくで育ち盛りの子どもさん相手にちょっと疲れ気味のお母さんに、おじいちゃんおばあちゃんのプレゼントだから大切にしなくちゃ!とプレッシャーを与えるのではなく、おもちゃのように遊んでもらっていい絵本だからねと一声添えて贈ることも出来るのがよいところ。

シリーズもたくさん出ていますので、反応がよければぜひ続きもプレゼントしてあげてくださいね。


「ぼくは孫」



詳細はこちらからぼくは孫 (レインボーえほん)

板橋雅弘/作 西村敏雄/絵 岩崎書店

とってもストレートな題名ですが、実際「孫」って何だ?と思っている子どもさんも多いはず。お父さんともお母さんとも違う、とってもやさしいおじいちゃんとおばあちゃん。

どうしてそんなにやさしくしてくれるのかな?ぼくが「孫」だから?そんな愉快な疑問から始まるこの絵本。

「おじいちゃんとおばあちゃんのうちはまるでてんごく」、そんなことを言われたら嬉しくなっちゃいますよね。でもそう思っているお孫さんは実際たくさんいます。そんなてんごくでのお泊りのときに特にオススメな1冊。

意外と難しい「孫」の意味、ぜひ一緒に読みながら考えてみてください。そして、自分達がお孫さんをどれだけ大事に思っているかも合わせて教えてあげてください。なんせ、大切なお誕生日の贈り物なんですから!


「MAPS 新・世界図会」

 

詳細はこちらから→マップス: 新・世界図絵 (児童書)

アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ/作・絵 徳間書店児童編集部/訳 徳間書店

この本は、小学生くらいのお孫さんがいらっしゃるおじいちゃんおばあちゃんにはぜひオススメしたい絵本です。

絵本というにはあまりにもたくさんの情報が詰まった、まさに「世界図会」。

30センチを超える大きなページの中に、これでもかと世界の国々の情報が詰まっているんです。

その国のメジャーな食べ物、歴史的な建物、偉大な人物、動物や植物…、ポーランドの人気作家夫婦が世界中をすみからすみまで調べ上げ、三年かけて作り上げた傑作。

世界42ヶ国のすべてが詰まった、ページをめくるだけで世界旅行をしているような気持ちになれる絵本です。

ちょっと大きくて、お値段ももちろんそれなりにするので、購入前にぜひお父さんお母さんに贈ってもいいかのご相談を。(本棚に入りきれないかもしれませんからね!)

お孫さんが大きくなってからも何度でも読み返せる、まさにとっておきの1冊になること間違い無しですよ。


まとめ

おじいちゃんおばあちゃんが贈る 孫のお誕生日に贈りたい絵本3選
ほっぺに、ちゅー。
ぼくは孫
MAPS 新・世界図会

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ