自賠責交通事故後遺症障害の等級しだいで医療保険からも等級認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自賠責交通事故後遺症障害の等級しだいで医療保険からも等級認定

kouisyou-iryouhokenn

子供の事故からリスクを考える後遺症障害

子供をあらゆる事故から守るリスクマネジメントとして、又、後遺症障害リスクを避けることが大切で、『こども医療保険』を推薦します。

子供は、交通事故や転事故に遭遇すると、事故当時は、元気でもしばらく経過して、後遺症障害として発症する場合もあります。

しかし、後遺症障害保険の対応ができないケースもあり、その要因の多くは、後遺症の発見が遅れることにあります。

後遺症障害とは事故後180日以内(外貌醜状の場合は90日程度で認定されることもあります)に医師が診断して、後遺症の等級認定をおこない医療費が補償される保険です。

自分の体調変化が、はっきり伝えられない子供には、保険の適応が難しいと考えられています。


交通事故の後遺症認定は3年間

交通事故後、数年間経過して脊髄の神経系統による症状で体がしびれを起こし、歩行障害の症状が出た場合。

加害者の過失責任は3年間です。3年間を越えると時効が成立するので、加害者に補償を求めることは出来ません。又、任意保険も180日以内の報告に対して補償の適応としています。

例えば3歳児

例えば、3歳児が、180日以内に、後遺症障害を訴えることは、非常に難しく、180日以内の後遺症障害の認定は困難とされています。

民事訴訟になっても、公判には、費用も、後遺症障害発症の原因特定など難しい問題が多く、

長期間の調査になるケースも多く、時効との闘になると言われています。

交通事故過失消滅時効期間は、3年間で大人も子供も同じです。

意識をはっきり伝えられない子供には不利な後遺症障害

その1 後遺症障害の認定

例えば、自己意思が、はっきり伝えられない3歳児では、極少の体のしびれなど、

成長期の症状と似ている症状なので、医師に診察されても、変化を見落とすことも多く、後遺症の認定も難しい問題です。

発熱や、外傷、又は、骨の体調の変形などは、親や医師も変化に気付きやすいですが、神経系統の問題は、発見が難しく、後遺症障害と確認されても、3年間を超えるケースが出てきます。交通事事故で、首の打撲による後遺症障害などは、一度は聞かれたこともあると思います。

その2 こどもの方が認定が難しい

例えば、3歳の児童が、体調の悪さを伝えられないことで、後遺症障害発生リスクは非常に高くなります。大人より、こどもの方が後遺症障害のリスクが高いとも言われており、一生涯を後遺症障害と戦うことになる可能性もあります。

しかし、子供が体の変化を訴えても、原因が交通事故に特定されても、加害者の過失時効は、3年間です。3年経過すれば、訴訟できない。起訴すら起こせないケースもよく聞く話です。

リスクを回避する子供医療保険に注目です。

こどもの成長期後に、後遺症障害が発症した場合に、安心出来る補償は、『こども医療保険』です。

例え、交通事故で、後遺症障害が、5年経過し、発症しても、『こども医療保険』に加入しておけば安心です。

事故と言っても交通事故とは限りません。自分で、転倒した場合の事故や、遊戯具(ブランコやジャングルジム)での事故など、多種多用な事故が想定されます。

その3 多額の医療費の回避

具体的には、『3歳時に交通事故に会い、8歳で脊髄に傷が見つかり、後遺症障害が発症して、歩行困難になる。』⇒最終的には、手術や長期入院、リハビリを必要とした場合、多額の費用が必要となります。交通事故の場合、当時の加害者が分かっているのに、何の請求もできません。

その4 自己責任

子供の自身転倒のケースを考えて見ましょう。

子供自身の転倒なので、後遺症障害が発症し、手術や入院費、リハビリ費用の多額の費用負担を回避する方法は、『こども医療保険です。』

子供のリスクマネジメント

こども医療保険に加入することは、多くのリスクから子供を守ることになります。

後遺症障害を発生しても、入院しても、通院しても、原因に、関係なく保険が適応されます。

こどもを守る安心安全な環境を整える保険になります。

子供達の将来のためにも多額の費用負担リスクを出来るだけ、避できるマネジメントとして、『子供医療保険』を検討してみましょう。


まとめ

自賠責交通事故後遺症障害の等級しだいで医療保険からも等級認定
交通事故の後遺症認定は3年間

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存