足を骨折!お風呂や日常で使える便利グッズは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ある日突然足を 骨折!普通に歩くのはもちろんのこと、日常生活もままならない……。

そんな状況に陥る可能性は、決して誰しもゼロではありません。

不幸にして自分や家族が骨折してしまった時慌てることのないように、骨折をした時にお風呂や日常生活で使える 便利グッズ をチェックしておきましょう。


スポンサーリンク

足を骨折!お風呂や日常で使える便利グッズは?

骨折が起きる原因とは?

骨折は、外傷・過度の運動・病気などによって引き起こされます。

その中でも特に頻度が高いのが外傷による骨折です。

転倒や高い場所からの転落、衝突、事故などによって外圧がかかった結果、骨が折れてしまうのです。

特に、転落や事故といった強い外圧がかかると、複数の部位で同時に骨折が起きたり、複雑骨折や内臓破裂などを伴ったりするケースもあり大変危険です。


骨折の症状は?

切り傷など目に見えるものとは異なり、骨折は体の内部で起こるため、見た目には分かりにくいケースも少なくありません。

骨折の主な症状としては、痛み・変形・異常可動性(関節以外の部位で骨が曲がること)・内出血・腫れなどが挙げられます。

このような症状が見られる場合は骨折の可能性があるため、念のため医療機関を受診するようにしましょう。

また、受診の際は骨折の専門的な治療が可能な「整形外科」を選ぶようにすると安心です。


骨折の応急処置について

「もしかして骨折したかも……」と思ったら、病院に行くまでの間、次のような応急処置を行うようにしましょう。

患部を冷やす

氷が手に入るのであれば、氷をビニール袋などに入れて即席の氷嚢を作り、患部を冷やしましょう。

ただし、氷嚢を直接肌に当て続けていると凍傷を起こす恐れがあるので、ハンカチやタオルで包んだ上で使用するようにして下さい。

添え木を当てて布などで固定する

添え木になるものがあれば、患部に添えて布やタオルなどで固定することで、骨折した部位を保護することができます。

添え木をする場合は、布やタオルをきつく巻き過ぎると血流を妨げてしまう恐れがあるため、強く縛り過ぎないように気をつけましょう。

患部を心臓より上にあげる

骨折した患部を心臓より上にあげることで、患部の腫れを抑えることができます。

足を骨折した場合は、横になって台やクッションなどに足を上げておくだけでも効果があります。


骨折の治療方法

骨が折れてしまった箇所を即座に治すのは不可能です。

基本的には患部をギプスなどで固定して安静を保ち、自然に骨が修復されるのを待つというのが、骨折のスタンダードな治療方法となります。

骨がずれている場合は、ずれたままくっついてしまうのを防ぐために、骨を正常な位置に戻すための処置が行われます。

皮膚の上から医師が手で骨の位置を整復する「徒手整復」、ずれた骨を牽引装置で持続的に引っ張る「牽引による整復」、手術を行う「観血的整復」などがあります。

骨が自然に修復されるのを待つ場合も、上記に挙げたような修復を行う場合も、患部が治癒するまでの間はギプスで固定を行います。

骨の骨折では、大腿部のギプス・下腿のギプス・ギオプシーネ・ギプスシャーレなどが症状や骨折部位に合わせて使われます。


骨折中にあると便利なグッズ

ナップサック


骨折中は身動きが不自由だったり、移動の際に松葉杖を使わなければならなかったりと、日常生活にもさまざまな制限がかかります。両手を自由に使えるナップサックは、骨折中のお出かけには欠かせないアイテムです。あらかじめ必要なものを詰めておくと、外出時にとても便利です。

ギプスカバー&ギプスシューズ

足を骨折した場合の必須アイテムとも言えるのが、ギプスカバーやギプスシューズです。

ギプスシューズ&のびのび靴下(すね丈)のセット ※簡易シューズカバー&清拭タオル2本付  ギプス サンダル 骨折 靴【hm】

価格:2,680円
(2017/12/6 20:17時点)
感想(0件)

ギプスを装着した状態で外出すると、地面に足をつけていなくても、徐々にギプスが汚れてきてしまいます。

★★セット商品★★ギプスサンダル&ゆったり大きな靴下のセット ケガ用 骨折用 ギプスカバー ギブス 靴 外出用ギプスシューズ

価格:2,660円
(2017/12/6 20:24時点)
感想(134件)

特に1ヶ月、2ヶ月と時間が経つにつれ、初めの内は白かったギプスが真っ黒になってしまった……なんてことも珍しくありません。

真っ黒に汚れたギプスのまま、家の中で過ごしたり、ベッドに入ったりするのはなんだか気持ち悪いですよね。

そのような事態を避けるためにも、外出時にはギプスシューズを使用することをおすすめします。

また、入浴時にはギプスを濡らさないように防水仕様のギプスカバーをつけるようにしましょう。

ギプスカバーやギプスシューズはインターネットの通販サイトなどでも手軽に購入できるので、万が一骨折をしてしまった時はチェックしてみて下さい。


その他の便利グッズ

上記に挙げたもの以外にも、両手を自由に使える松葉杖「アイウォークフリー」

【即出荷】◆送料無料・正規品◆ 松葉杖 【iWALKFree2.0 アイウォークフリー】 松葉づえ 歩行補助 歩行サポート 両手が使える ハンズフリー ニークラッチ ニーウォーカー

価格:29,160円
(2017/12/6 20:28時点)
感想(1件)

就寝中の足のむくみを予防する「足枕」など、さまざまな便利グッズが販売されています。

日常生活にかかる負担をできるだけ減らして安静を保ち、骨折を早く回復させるためにも、これらの便利グッズを上手に活用していただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存