思わず楽しくなる本を!子育て中のママにオススメ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

kosodatetyuu-honn

慌しい毎日の中で、誰にもほめられることなく頑張り続けるママたち。

そんな育児中のママに今必要なのは、共感なのではないでしょうか。

大変だよね、あるあると誰かに分かってもらうこと、また同じように誰かのしんどいや楽しいを「あるある」と理解すること。

それが、貴方はけして一人ではないということを、頑張る子育て中のママに伝えてくれるように思います。

難しい育児書や講演会に時間を割けなくても、本をめくるとそこにはたくさんのママたちの頑張りが広がっています。

読みやすいエッセイマンガに、ふふと笑いをこぼしながら、そうそうと頷いてみる時間を作ってはみませんか?

誰かの頑張りを見守ることは、自分の頑張りをまずは自分で褒めてあげようという気持ちにも繋がります。

一緒に笑って怒って考えて、そんなオススメ本を3冊選んでみましたよ。


育児なし日記vs育児され日記」 


育児なし日記vs育児され日記

 逢坂みえこ/著 ベネッセコーポレーション

一生懸命育児を頑張るお母さん、そんなお母さん達のことを「育児をされる側」である当の子ども達はどんな風にみているのでしょうか?

そんなこと、考えたことありました?

多くのママ達が一度はお世話になる育児雑誌「ひよこクラブ」にて連載されている人気漫画「育児なし日記」。

赤ちゃんである「ハルくん」は「乳母」(もちろんお母さんです!)の奮闘を赤子らしい自由な発想で見守ったり、邪魔したり、憤慨したり、喜んだり。

育児されて」いるのですから、もちろんちょっと偉そうなその態度も可愛いし、偉そうながらに一生懸命なハルくんと彼に振り回されるお母さんの頑張りの日々は読んでいるだけで思わず共感と笑いがこぼれてしまう一冊です。

もしかして、うちの赤ちゃんもこんな風に「育児されている」のかな?と思うと、ご機嫌が悪いときにも上手に気持ちを切り替えて対応が出来るかも!

げらげら笑って、時にはホロッ…。

読み終わったときには、子どもの顔がより一層可愛く見えるかもしれませんよ!


マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK」 


マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK―「生まれたらこうなる!」・・・って、教えておいてよ、もー!!

フクチマミ/著 主婦の友社

多くのお母さん達が日々考えているであろう、「赤ちゃんが生まれたらこうなるって事前に教えといてよー!」という訴え。

そんな声がたっぷり詰まった、まさに育児マンガのバイブルともいえる1冊。

妊娠中にどれだけたくさんの育児書を読んでいても、いざ赤ちゃんが生まれてくると想像とは違うことばかり!

「うちの子だけ?」「私が間違ってる?」「人に聞いてたのと違う」「本に書いてあったことと違う!」と思わずパニックになってしまうこともあるでしょう。

そんな「生まれる前に言っておいて欲しかった…!」と思わずこぼしたママ達の愚痴を集めて、ぎゅっと詰め込んだのがこの本です。

もちろん全てが参考になるというわけではありませんが、それでも同じ悩みをもつママがいるということは何より励みになることでしょう。

読んで笑って元気になれる、頼れる実践育児マンガです。


おかあさんの扉」 


おかあさんの扉 (オレンジページムック)

伊藤理佐/著 社

エッセイマンガのさきがけとしても有名な伊藤理佐さん、自身の一戸建て購入や飲み会での失敗談を赤裸々に描き出す爆笑エッセイマンガでも有名な伊藤さんが一人娘との日々をこれまた笑い満載で描いた「おかあさんの扉」。

突如開かれたその扉の先で待っていた娘さんとの日々は、まさに爆笑必須。

四十歳になってから恵まれた子どもさんだからこそ、「体力がない!」「仕事はある!」と無理をごり押ししていくパワフルさは憧れてしまうほど…!どんどん成長していく娘さんとの日々にうんうんと頷いたり、無茶苦茶な解決法に「えー!」と度肝を抜かれたり。

目が離せないこと間違いなし!

ご主人であり、娘さんのパパでもある吉田戦車さんがお父さんの視点で子育ての日々を描いた「まんが親」もオススメですよ。


まとめ

思わず楽しくなる本を 子育て中のママにオススメ3選
「育児なし日記vs育児され日記」
「マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK」
「おかあさんの扉」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存