小姑と同居!嫁の9の体験談むかついた小姑の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

結婚する前は気がつかない事が多い 小姑 の生態ですが、ある時急に牙を剥くことがあります。

遠く離れていると危害が少なくてすむのですが、同居しているとそうはいかないのが現状です。

今回は小姑にむかついた、ストレスを感じた嫁の体験談を紹介していきます。最後まで読んでみてくださいね。


スポンサーリンク

小姑と同居!嫁の9の体験談むかついた小姑の実態

小姑とのストレス体験9人の体験談を紹介します。

小姑に嫌われているのは納得がいかない

姑との関係は、うーん、まずまずといったところですが、それより問題なのが、小姑です。これがねえ、本当に厄介で・・。いろいろ事情があって、今一緒に住んでいるんだけど、どうも生活を立て直す兆候が見られません。確か当初は3ヶ月くらいで出ていくって言ってた気がするけど・・。しかもね、この小姑の何が嫌かって、生活態度が本当に気にくわないんです。ろくに仕事もしていない癖に、夜はかなり遅くまで遊んでいます。で、昼過ぎに何か食べる物は無いかと、起きてくる。こちとら、色々することがあるのに、そんな不規則な生活をされると、1日の計画が全く上手く進みません。で、そういうことを、指摘すると・・。何やら不満そうな顔で、こちらを睨んでくるんです!指摘ったって、ホントごくごく柔らかい表現ですよ。それなのに、なんなんですか。あの態度は!(なんかちょっと自分が姑みたいで嫌だなあ)。そんなこともあって、多分、というか完全に小姑には嫌われている私。どうして嫌われなきゃいけないの?全くもって納得がいかないですよ!夫はというと、年齢が7つ離れているという事もあって、かなりの溺愛ぶり。正直、我が子よりもかわいがっているような節があります(考えすぎ?)。姑は姑で、彼女の自由奔放な感じを、むしろ良い事のように捉えていますし・・。とにかく、小姑が帰ってきてからの私の立ち位置というか、存在意義がかなり薄まっている感じがあるんですよね。ホント、早く出ていってほしいものです。

挨拶しないなんて非常識

久しぶりに実家へ行きましたときのことです。もちろん「こんにちは。お久しぶりです。」とあいさつして部屋に入るのですが、そこにおられた主人の姉気味は挨拶しないどころか顔を上げもしないのです。スマホに熱中しています。私は無視されているのだと思い仕方ないという想いでいるしかありませんでした。幼稚園には教えがあります。「挨拶は、作業を止めていたしましょう。」という言葉です。子供たちは知っているのですが、きっとこの50歳を過ぎました小姑はきっと「挨拶は作業を止めて行うもの。」ということを知らないのでしょう。しかし、挨拶もしないなんて非常識極まりないのですが、言うわけにはいきません。同居いたしますと毎日がこのような事で満たされるのでしょう。核家族という気楽な生活と、同居という大いなるストレスと効率性のジレンマは現代社会の問題点ともいえるでしょう。実は、そのようなストレスこそが認知症を防ぐらしいということも知られているのですが。

もしかして嫌われている?

ケンカするほど仲がいい、なんてことを言いますが、あれって割と的を得た表現だと思います。仲が良いという事は、それだけ一緒にいる時間も多い訳ですからね、そりゃ当然、相手の嫌な部分が見えてきて当然なのです。結局のところ、「ケンカをしても一緒にいたい」、そう思える相手こそが、真の意味で仲がいいと言えるんじゃないでしょうか。そんな事を想うようになったのは、姑がそれとは真逆の立場の人物だからです。毎日一緒にいるのにケンカをしたことが一度もない。これって、ちょっとおかしいと思いません?普通なら、ガミガミ、ネチネチ、家事や生活態度のことで言われると思うんですけどね。いや、もちろん、それはそれで嫌なんだけど・・。でもね、長年一緒にいて、全くケンカが無いというのもいかがなものかと。もしかして、怒るほどの相手ではないと思われてるのかな?それって、嫌われているのと同じ事ですよね。何かきっかけがあれば、関係性が前進すると思うんだけど・・。うーん、何かいい手はないものか。

出来れば会いたくないので避けてます

二番目の子供が生まれて、旦那の実家で同居を始めました。旦那には、姉がいて、シングルマザーで、実家の近くに住んでいます。一番イライラしたことは、子供の面倒を押しつけてくることです。義姉には、彼氏がいるのですが、デートをするときは、実家に預けてきます。姑は、子供が苦手なので、甥の面倒をみるのは、私になってしまいます。しかも、連絡なしにやってきて、子供を置いていくのです。私達の子供も小さいので、大変なのに、その上、甥っ子の面倒まで。甥は可愛いですし、惨めな生活をしているようで可哀想なので、出来るだけ、甥の負担を減らしてあげたいなと思いますが、義姉には会いたくないのが本音です。デートなので、おしゃれをして実家に来ることも腹が立ちます。

出戻った旦那の姉から受ける陰湿な意地悪に涙

優しい旦那様と可愛いい二人の子供との穏やかな日々をメチャクチャにするのが小姑の訪問です。旦那様の実家は車で15分。義理の両親とはつかず離れず上手くやってきました。ところが旦那様の姉が昨年、離婚して実家に戻ってから状況は一変しました。子供無し、仕事は実家の酒屋の店番。時間を持て余す小姑は何かと理由をつけてやってくるのです。特に旦那様の休みの土日祝祭日を狙ってやってきます。安いスナック菓子をお土産と称してもってきては我が家のようにくつろいでいます。さんざん居座った挙げ句、帰ると私の料理、子育てについての悪口を義理の両親に言っています。それも嘘ばかり。おかげで義理の両親からも嫌味を言われる始末です。やっぱり実の娘に嫁はかないません。こんな理不尽な意地悪に耐えられず旦那様や子供達にも当たってしまう涙の日々です。

子供の教育に小姑が干渉して来ます

主人の妹と長年同居をしていますが、義理の妹は子供の教育の関していちいち干渉して来ます。子供が悪いことを叱っていても義理の妹が、割り込んで来て私を悪者にして子供をかばって子供の良い叔母さんを演じて来るのでムカつきます。子供は、叔母が甘やかすので何かあると義理の妹に助けを求めて、親子関係が最近ギクシャクしています。夫に相談しても、妹に甘く何も言えず、ますます私のストレスは増すばかりです。この間も妹に「親子関係に割り込まないで」と言うと逆キレされてしまい言い負かされてしまいました。その時は、さすがに子供が私の味方になってくれそれが妹には面白くなかったようでそれ以来、妹は前より扱いにくくなり困っています。

小姑が勝手に妻の役割をしている

ダンナの妹は私達夫婦よりも2歳下です。私達が結婚した時、小姑はまだ高校生でしたが、両家の顔あわせの時には盛大に膨れて一言も喋らずで初対面から印象が悪かったのです。結婚してダンナの実家へいくと、まず小姑が飛んできてダンナに抱きつき、腕をまわして居間へと引っ張って行ってしまいます。私は一人玄関先に取り残されてどうしたらいいかとおろおろしてました。お風呂の世話や飲み物運びもダンナの分は全て小姑がし、席もダンナの隣には小姑が勝手に座り、お箸で「はい、あーん」などと食事を運ぼうとしたりします。ダンナはさすがにそれは無視しますが、妹が可愛いらしくてデレデレ、逆に義父母が私に気を遣って小姑をたしなめてくれるのですが、義理の実家では居場所がなくて馬鹿らしく感じます。

小姑の方がお姑さんより口うるさい!なんとかしてくれ

旦那の姉や妹こと「小姑」の方が、年齢が近いせいかめんどうくさい存在だと私は感じてしまっています。だって、遠慮がないですからね。まだ旦那の両親の方が気遣いはありますよ。しかし小姑さんにいたっては、すごく悪い意味で「友達感覚」のお付き合いをしたいのか、デリカシーなく距離なし感覚ぐらいで接してこようとしますから。ですからひじょーうにストレスがたまるわけです!まずもって、小姑さんは口うるさい!本当に口うるさいです!お姑さんよりも、イラッとくる発言内容が多いだけに、非常に腹立たしいですしね。しかもあちらさまはこちらからしたら悪い意味で「友達感覚」で接してこようとしますから、容姿やファッションのことにまで言及してきて、まさに「口うるさい!」というものですよ。口数自体も多いですし。本当にもうストレス源です。

小姑との同居生活は最悪・・出て行ってほしいです

夫の姉と同居しています。彼女は出戻りです。小姑との生活は毎日最悪です。姑だけでもストレスがたまるのに、小姑まで一緒に住むことになるなんて私って不幸だなと思います。同居をしていない友人がとても羨ましいですね。給料日になると小姑は姑と旦那を誘って外でご飯を食べに行きます。小姑のおごりです。しかし私は呼ばれません。一人で留守番です。普段から小姑のお世話をしているのに、感謝の気持ちを言われたことがありません。世の中には良い小姑もいっぱいいると思うのですが、私の小姑は本当にひどいんです。できるなら出て行ってほしいのですが、まさか私がそう言うことはできません。姑は小姑が家にいることが嬉しいようですし、旦那も何も思っていません。私一人が小姑に出て行ってほしいと思っています。だからきっと小姑が出ていくなんて無理ですね。小姑と同居するとわかってれば結婚しなかったと思います。それぐらい小姑との同居は最悪です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?あるあると感じたこともあるかと思います。

ストレスをためないようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存