戦国の姫から考える古風な子供の名前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

kofuu-namae-onnnanoko

女の子名前を考えている方で戦国の姫に魅力を感じている方もいるかも知れません。

そんな場合は、戦国の姫の名前からその女の子の名前を考えるのも良いと思います。

歴史が好きな方はよくご存じかも知れませんが、戦国時代には多彩な姫君が生きていました。

そんな戦国の姫から考える古風な名前を紹介します。


スポンサーリンク

戦国の姫から考える古風な子供の名前

綾姫から考える女の子の古風な名前

綾姫の名前はぼんやり知っている方もいると思います。この綾姫は漫画の中でも登場した事があるのです。

徳川家斉と血縁関係があり、その娘です。

綾姫の綾の漢字が入っている女の子の古風な名前を紹介します。

綾(あや)・綾絵(あやえ)

綾歌(あやか)・綾子(あやこ)

綾沙(あやさ)・綾奈(あやな)

綾乃(あやの)・綾羽(あやは)

綾葉(あやは)・綾緋(あやひ)

綾実(あやみ)・綾羅(あやら)

綾瑠(あやる)・佳綾(かあや)

冴綾(さあや)・奈綾(なあや)

乃綾(のあ)・麻綾(まあや)

美綾(みあや)・綾花(りょうか)


徳姫から考える女の子の古風な名前

徳姫の父親に当たる人は、非常に有名な人物です。恐らく、日本ではその人物の名前を知らない人は少ないのではないでしょうか。その父親とは織田信長です。徳姫の徳の漢字が入っている古風な名前をご案内。

志徳(しのり)・千徳(ちとく)

徳絵(とくえ)・徳恵(とくえ)

徳子(のりこ)・徳夜(のりよ)

徳代(のりよ)・美徳(みのり)

椋徳(むくの)


冬姫から考える女の子の古風な名前

冬姫も徳姫と同じように織田信長が父親となります。

この冬姫は、現代でも付けられても可笑しくなさそうな名前ですよね。

そんな冬姫の冬の漢字が入った古風な名前の数々は下記になります。

心冬(ここふゆ)・千冬(ちふゆ)

冬(ふゆ)・冬海(ふゆみ)

冬央(ふゆお)・冬佳(ふゆか)

冬花(ふゆか)・冬霞(ふゆか)

冬季(ふゆき)・冬紀(ふゆき)

冬子(とうこ)・冬兎(ふゆと)

冬夏美(ふなみ)・冬波(ふなみ)

冬乃(ふゆの)・冬実(ふゆみ)

冬寧(ふゆね)・冬凛(とうり)

真冬(まふゆ)・美冬(みふゆ)


南殿から考える女の子の古風な名前

南殿という人物の名前を聞いた事がない方も多いかも知れませんね。

実はこの人物は何処の生まれなのかはよく分かっていないのです。

ただ、この人物は歴史上ではよく知られた豊臣秀吉の側室でした。

この南殿の南の漢字が入った名前をご案内します。

佳南(かなみ)・花南(かなん)

勝南(かつな)・清南(きよな)

琴南(ことな)・静南(せいな)

芹南(せりな)・千南(ちな)

南月(なつき)・南保(なほ)

南瑠(なる)・遥南(はるな)

尚南(ひさな)・陽南子(ひなこ)

宏南(ひろな)・歩南(ふなみ)

星南(ほしな)・舞南(まな)

南(みなみ)・南子(みなみこ)


吉乃から考えられる女の子の古風な名前

吉乃という名前も古風な趣はありますが、現代を生きる女性の名前であっても可笑しくありませんよね。

この吉乃は織田信忠の母親です。

この吉乃の吉の漢字一文字を取った古風な女の子の名前をご紹介。

入吉(いりよし)・吉祥(きっしょう)

美吉(みよし)・吉佳(よしか)

吉香(よしか)・吉川(よしかわ)

吉子(よしこ)・吉穂(よしほ)

吉美(よしみ)・吉羽(よしわ)


駒姫から考えられる女の子の古風な名前

駒姫は徳川秀次の側室であり、その容色は優れている女性だったと言われています。

この駒姫の駒の漢字の一文字を取った古風な女の子の名前も幾つかのパターンが考えられます。

女の子に古風な名前を付けたいと思っている方も、駒の漢字の入った女の子の名前に注目すると良いかも知れません。

駒恵(こまえ)・駒乃(こまの)

駒夕(こまゆう)・駒里(こまり)

春駒(はるこま)


お江から考えられる女の子の古風な名前

お江は徳川秀忠の妻であったとされており、それ以前に2回の結婚を経験していました。

お江は少なからず苦労もした女性の様ですが、徳川秀忠とは仲睦まじかったと言われています。

このお江の江の漢字の1文字を取った古風な女の子の名前をご解説。

青江(あおえ)・郁江(いくえ)

江梨子(えりこ)・江凛(えり)

江瑠(える)・紀江(きえ)

桐江(きりえ)・琴江(ことえ)

静江(しずえ)・智江(ちえ)

波江(なみえ)・信江(のぶえ)

久江(ひさえ)・道江(みちえ)

光江(みつえ)・守江(もりえ)

康江(やすえ)・優江(ゆうえ)

雪江(ゆきえ)・


まとめ

戦国の姫から考える以外にも女の子の古風は非常に沢山の数があります。

初めの頃は戦国の姫から女の子の古風な名前を考えようと思っていたが上手く行かなかったという場合は、他の古風な女の子の名前がある事を思い出しましょう。

大事な子供の名前なので、心底納得の行く物が見つかると良いですね。

ちなみに、この記事で紹介した以外にも戦国時代には姫君は存在していました。

気になるならそちらも確認すると良いですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存