子供のしもやけ対策と昔から言われている迷信の根拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

child

冬になると悩まされる「子供のしもやけ」。

たかがしもやけと軽く考えがちですが、重症化すると痛みや痒みで日常生活に支障が出る恐れもあります。

しもやけを悪化させないためにも、原因や症状、昔から言われている 対策 について詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク

子供のしもやけ対策と昔から言われている迷信の根拠

しもやけの原因

冷えや寒さによって血流が悪くなると、しもやけが起こります。

気温の高い春や夏は平気なのに、気温が下がる秋や冬になるとしもやけになってしまうのは、秋や冬は体が冷えやすく、血流が滞りがちだからです。

特に、子供にしもやけが多いのは、外で遊ぶ機会が多い(体が冷えやすい)ことに加えて、雪遊びなどで濡れた手足をそのままにした結果、皮膚の温度が低下して血流が悪くなるからと考えられます。

雪合戦やソリ滑りをした後に、しもやけで酷い目に遭ったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

さらに、しもやけには体質(遺伝)も関係しています。

体質的に体が冷えやすい、つまり冷え性の人は、そうでない人に比べてしもやけになりやすいと言えます。

親や兄弟などに冷え性体質・しもやけ体質の人がいる場合は、手足を冷やさないようにするなどの注意が必要です。


しもやけの症状

しもやけというと、手や足の指先、耳たぶ、鼻といった体の末端にできるものというイメージが強いですが、実は手足全体が腫れを起こすような症状が現れるケースもあります。

手や足の指先など末端部分にしもやけができた場合は、赤紫色の発疹ができた後に痒み・痛みといった症状が起こります。

手足の冷えやすい子供などに良く見られる症状です。

一方、手足全体が腫れるようなしもやけは、青年期から成人の女性に発症するケースが多いとされています。

こちらも痒みや痛みといった症状が現れ、放置していると重症化する場合もあります。


子供のしもやけ対策

子供のしもやけ対策には、昔から様々な民間療法が存在しますが、確実な効果が期待できる方法の1つが温冷交代浴です。

しもやけ対策の温冷交代浴とは?

温冷交代浴とは、名前の通り「温かいお湯」と「冷たい水」を交互に浴びる入浴法です。

昔から、しもやけの時は熱湯と冷たい水をそれぞれ張った桶に患部を浸すと良いとされてきましたが、温冷交代浴は一流のアスリートやアーティストも実践している、れっきとした疲労回復法です。

海外の国立スポーツ研究所の論文でも、その効果のほどは実証済みです。

温かいお湯と冷たい水を交互に浴びることで血管の収縮が起こり、血行が促進されるというメカニズムです。

しもやけは冷えによる血行不良が原因で起こるため、血行を促進することで症状の改善や治癒が期待できるというわけです。

温冷交代浴の方法

温冷交代浴の方法はとても簡単です。

   1.  コップ一杯の水分補給を行う

    2. 40~42度のお湯に1~2分程度浸かる

    3. 10~15度の水に1~2分程度浸かる。シャワーを使う場合は10~30秒ほど浴びる

    4.2~3を6~12分間ほど繰り返す

温冷交代浴を行う際は、必ず水で終わるようにしましょう。

水風呂や水シャワーを最後に浴びることで、体表の毛穴がキュッと閉じて汗が出にくくなり、体の内側に熱を保温できるからです。

また、長時間行ったからといって、高い効果を得られるわけではないという点も覚えておきましょう

過度な温冷交代浴は逆に体調不良を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。

足浴・手浴だけでもOK!

子供のしもやけ対策として温冷交代浴を行う場合は、足浴や手浴だけでも十分な効果を得られます。

先に述べた方法と同じ手順で、足や手をお湯と水に交互に浸ければOKです。

子供の場合、無理に全身浴を行うと、水風呂に入るのを嫌がったり、刺激が強すぎて体調不良を起こしたりするケースも少なくありません。

しもやけが出来ている患部を浸すだけでも症状の緩和は期待できるため、無理のない範囲で温冷交代浴を行うことをおすすめします。

温冷交代浴の効果

温冷交代浴を行うと、毛細血管の拡張と収縮が交互に行われます。

そうすると、血管のポンプ作用が促進されて血流が良くなり、しもやけの原因になる冷えが改善されるだけでなく、乳酸や老廃物といった疲労物質の除去にも効果的です。

また、温冷交代浴には自律神経の乱れを整える作用もあります。

自律神経には体をリラックスさせる副交感神経と、血の巡りを促進させる交感神経があり、温かいお湯は副交感神経を、冷たい水は交感神経を刺激します。

2つの神経を交互に刺激することで自律神経の働きが高まり、乱れが整うと考えられているのです。

温冷交代浴を行う際の注意点

しもやけ対策だけでなく、健康にも良いとされる温冷交代浴ですが、場合によっては体に悪影響を及ぼす恐れもあるため、以下の点にはご注意ください。

温冷交代浴を控えた方が良い人

・高血圧や心臓・循環器疾患の持病がある

・重度の炎症がある

・発熱や体調不良がある

・食事の直後

また、温冷交代浴を行った後にも、コップ一杯程度の水分補給を行うと良いでしょう。


まとめ

子供のしもやけ対策と昔から言われている迷信の根拠
しもやけの原因
しもやけの症状
子供のしもやけ対策

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存