子供の習っている・習わせたいお稽古事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子供 にとって お稽古事 は、学校とはまた違う「学びの世界」を広げてくれるものです。

だからこそ、できるだけ我が子が関心を持って取り組めそうなお稽古事を選んであげたいですよね。

お稽古事選びに迷っている方のために、習っている&習わせたいお稽古事をご紹介します。

ぜひ参考にされてみてください。


スポンサーリンク

子供の習っている・習わせたいお稽古事

お稽古事選びのポイントとは?

お稽古事選びをする際に一番大切なポイントは「子供が興味を持って長く続けられそうか?」という点です。

どんなお稽古事でも、ある程度長く続けなければ成果は得られません。始めてみたは良いものの、半年や一年で辞めてしまったのではもったいないですよね。

そんなことにならないためにも、お稽古選びをする際には、子供が自分から興味を持ち、さらには楽しみながらそのお稽古事を続けていけそうか否かをしっかりと考えておく必要があります。

通わせたいと考えている教室やクラブに、体験レッスンの日が設けられている場合は、まずは1度、体験レッスンに参加してみることをおすすめします。

体験レッスンでは、レッスンの内容や教室・クラブの雰囲気、先生の指導方法などを見ることができます。また、実際にレッスンを受けてみることは、子供が興味を持って続けられそうか否かを判断するための大きな材料にもなります。

お稽古事選びをする際には、向き・不向きを考えて決めるべきという意見もありますが、幼稚園や保育園、小学校低学年などの小さな子供の場合は、実際にやってみなければ分からないという面も少なくありません。

そのため、特に小さな子供のお稽古事選びをする時には、向き・不向きよりも、興味を持って続けられそうな内容かどうかをポイントとした方が良いでしょう。


途中で挫折をしないために気をつけること

習い始めの頃は楽しく通っていたけれど、レッスン内容が難しくなるにつれて挫折してしまう子も少なくありません。

でも、せっかく続けてきたものを、途中で辞めてしまうのはもったいないですよね。

そんなことにならないためにも、お稽古事をする際には次のような点に気をつけましょう。


お稽古事を通じて子供の何を育てたいのかを考える

漠然とお稽古事選びをするのではなく、お稽古事を通じて子供の何を育てたいのかを、しっかり考えておくことは大切です。

例えば、音楽の感性を育みたいのならピアノ、語学力を育みたいのなら英語、体力を育みたいのなら水泳というように、目的に合ったお稽古事選びをすることは、長く続けていく上で大事なポイントです。


お稽古事の内容に関心を持つ

子供のお稽古事の内容に関心を持つことは、子供のモチベーションを保つためにも必要です。お稽古事はさせているけど、内容については先生に任せきりで親はまるきり無関心……では、子供も張り合いが持てませんよね。

口を出し過ぎるのもそれはそれで問題ですが、適度に関心を持って、子供と一緒にお稽古事を楽しむような姿勢を見せることは大切です。


ある程度の年齢になったらお稽古事の数を絞る

子供が小さな内は、向き・不向きを知る上でも、色々なお稽古事を体験させてみるのは良いことだと思います。

ただし、ある程度の年齢になったら、お稽古事の数を1~2つに絞った方が、1つ1つの事にエネルギーを集中できるので、その分上達しやすくなると言われています。

小学1~3年生頃になるとある程度の向き・不向きも分かってくるので、その頃を目安に1度子供と相談をして、数を絞り込んでみるのも良いでしょう。


先生選びをしっかり行う

どんなお稽古事でも、先生選びはとても重要です。

お稽古事の内容には興味が持てても、先生の指導方法がその子に合わなかったり、先生自身との相性が悪かったりすると、途中で挫折してしまう原因になってしまいます。

教室やクラブを決める際には、周囲のママ友に評判を聞いてみるなど、先生に関する情報もしっかり集めておきましょう。


人気のお稽古事をご紹介

今、人気を集めているお稽古事をご紹介します。

水泳

今も昔も不動の人気を誇るお稽古事です。

体力がついて風邪などの病気にかかりにくくなる、水に慣れるなどのメリットがあります。

また、道具などを揃えなくてもすぐに始められるため、お稽古事の入門編としても人気です。

英語・英会話

英語・英会話も人気ランキングで常に上位にランクインするお稽古事です。

子供の内から始めておけば習得が早そう、小さな内から英語に耳慣れさせておきたいなどの理由から習わせている方が多いようです。

ピアノ

女の子の習い事の定番と言えばピアノです。

自宅にピアノがなくても、電子ピアノで十分対応できるため、マンション暮らしの方でも気軽に始めることができます。

もちろん、男の子でもピアノを習っている子は多く、男女共に楽しめるお稽古事の1つです。

その他にも、サッカー、書道、ダンス、そろばん、空手、体操、バレエなど、色々なお稽古事があります。

上記でご紹介したポイントなどを参考にしていただき、ぜひ、親子で楽しみながら長く続けられるお稽古事を探してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存