子供の情操教育にも?一緒に楽しめる場所ってどんな所?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の情操教育にも?一緒に楽しめる場所ってどんな所?

jyousoukyouiku

子供連れのお出かけってみんなどんな所に行くのでしょう。

どんな所が一緒に楽しめるんだろう。

車で?電車で?ある程度子供達が大きくなった我が家の場合をご紹介してみます。


保育園

子供達が保育園の頃は専らお休みは、動物園、遊園地を巡っていました。

自然と触れ合うのが良いのかなと、当時はインターネットもそれ程使いこなしてはおらず、ガイドブックを購入して、あちこち順番に行っていました。お天気だとお弁当持ちで行けば、一日遊べます。残念ながら植物園だと“もう早く帰ろう”の連発で見事に興味が無くて残念でした。

ただ、大体はそこだけでは飽きてしまうので、大縄跳びやフリスビー、バトミントン等を持って行って、飽きたらやったりしていました。その頃一番好きだった遊びは、段ボールを広げて、その上に座って大きな公園に有る、長い土や芝生が有る“斜面”を滑り降りる遊びが大好きでした。お金もかからずこれは随分長い間遊ぶ事が出来ていました。身体を動かす事は大好きでした。


児童館

児童館には随分お世話になりました。家には無い様な遊具も色々と有りますし、地域の子供達も来ていて、お友達も来るからとよく遊んでいました。こちらで出来る様になった事は、色々と有りましたが、一番良かったなと思ったのは一輪車です。中々家の周りでは危なくて出来ませんが、近くの児童館なら、運動場の様な広い場所で自由にさせて貰えたので、いつの間にか出来る様になっていて驚きました。自分自身は一輪車など全く乗る事も出来ないので、純粋に凄いなと思いました。


池や川

お父さんが川の魚が好きだった為、子供達を連れて川に行く事も多かったです。

川で何をするかと言うと、主には自然の川の魚を捕まえて遊ぶのです。石の間に居る魚を捕まえようとするのですが、中々難しく色々と子供なりに工夫して採るのも楽しいらしく、今でもアウトドアに行く時は川が有る所しか選びません。メダカや、タニシ、ザリガニ等々、それを捕獲して飼育していました。

流されそうになったり、靴を流されたりと、危ない事も何回か有りましたが、自然の生き物にも詳しくなり、たくましくなりこれはこれで良かったのかなと思っています。


交通公園

車で30分位の所に有る、公園で実際の道路や信号機が有って、ゴーカートや自転車で交通規則を学ぶ事が出来る公園です。よく学校の遠足などにも使われる様な公園でこういう所は一日居てもお弁当を広げる場所もたくさん有るし、ゴーカートや自転車を借りても50円~100円で使えるし、伸び伸びと子供達も遊べて良いですね。男の子なら特に車に乗る体験と、ただ走るだけでなく信号や横断歩道等で、実際の道路さながらに一旦停止をしなくてはならないので、楽しいでしょう。

自転車も変わった自転車が有って、大人でも楽しい公園です。二人でこぐ事が出来たり、前と後ろのタイヤの大きさが違ったり、大きな三輪車とか、通常では体験出来ない様な自転車に虜でした。他にも身体を使って遊べる遊具もたくさん有りましたし、一日全身で遊べる公園でした。


アスレチック

やはり全身で遊べる場所でよく利用したのが、アスレチックでした。

縄のはしごを上り下りしたり、川の上に渡されたロープを滑車に掴まって端から端に行ったり来たりしたり、木で作られた迷路等々、とにかく一日全身を使い汗だくで遊べました。

こういう施設は全身を使えるので、良い運動になりますし、夜もよく寝られて一石何鳥にもなりました。


プラネタリウム

私が星が好きだったので、子供にも見せようとプラネタリウムは行きましたが、大きな天体望遠鏡に少し興味を持った程度で、残念な結果でした。プラネタリウムの投影もいつの間にか暗いので寝てましたし、がっかりでした。雲を発生させる装置も有って、それにはその時は興味津々でしたが、今はもう覚えてないようです

中々思う様にはならないものです。


水族館

川遊びが好きな我が家は水族館は、高校や社会人になった今でも好きな所です。

小さな水族館から、有名な水族館もよく行きましたが、小さな頃は食い入るように見ていましたし、大きくなって携帯電話を持つような年頃になりましたら、写真をたくさん撮る様になって、小さな頃好きだった事って大きくなっても好きなんだなと気付いたりしています。


スキー

最初はみんながスクールに2時間程入ってから、やり出したのですが、子供って早いですね。

2時間でほぼ滑れるようになり、すっかり虜になり、学生になって部活動等で週末のお休みでも、あまり行かれなくなる様になるまで年に何回か近場のスキー場に行っていました。

いつの間にかどんどん上達して、長男と次男でリフトにどんどん乗ってどんどん滑って、一日があっという間でした。

車に板を何本も積んで、朝ご飯を持って暗いうちから、毎年冬は何回も行きました。親もスキーならやれるので、朝行って、一日滑って夜帰る、皆で身体が動かせるなんて家族で楽しめて我が家にとって、究極の皆で遊べる遊び場はゲレンデです。


工場見学

子供と楽しむと言う点で、何度か工場見学も予約して行きました。

お菓子やジュースの見学が主でした。大人も日頃目にする事の無い作業や機械が見られますし、試食が有ったり、プレゼントを戴けたりと特典もたくさん有って親子で楽しめました。

ただ、人気が有って予約が取り辛い事が難点でした。


牧場

大人もペットも楽しい点で牧場も何回か行きました。思いっきり走り回れて、動物とも触れ合えてお腹が減ったらお弁当を広げられて、おやつには美味しいソフトクリームや牛乳が飲めて盛りだくさんです。


ぶどう狩り

フルーツ狩りもいくつか行きましたが、一番好きだったのはぶどう狩りです。我が家がよく行ったぶどう狩りの農園は、バーベキューをしながら、ぶどう狩りが出来て、施設の中に遊具も有って子供が飽きても対応が出来る施設でしたから良かったのだと思います。

色々とあげてみましたが、子供が成長するにつれ、遊べる施設も内容もどんどん変わりますが、家族で楽しめる様になって行くし、とっても楽しかった時の事は覚えていてくれるので、あの時は楽しかった等と話してくれると、良かったなと思います。子供はどんどん成長していきますが、その時は戻っては来ないので、“今”を一緒に少しでも楽しんでください!


まとめ

子供の情操教育にも?一緒に楽しめる場所ってどんな所?
保育園
児童館
池や川
交通公園
アスレチック
プラネタリウム
水族館
スキー
工場見学
牧場
ぶどう狩り

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存