関東でオススメの「子宝神社」教えます!!ご利益をもらってみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

 

東京近郊でオススメの「子宝神社」でご利益をもらってみてはどうでしょうか?

こんにちは^^

1歳3か月の息子を育てている、1児のママです!

よく耳にする「子供は3人ほしい」という話や、「1人でも子供が無事に産まれてくれればいい」など、人それぞれ生まれる子供への願望はありますよね^^?

結婚している人もそうでない人も、今回ご紹介する「子宝神社」に足を運んだ際にはぜひお祈りをしてみてはいかがでしょうか?


評判のある本当にオススメする「子宝神社」教えます!!お祈りしてご利益をもらってみてはいかかでしょうか!?

水天宮 (東京都中央区)

お宮参りなどでも有名な「水天宮」ですが、実は子宝の神社としても有名なんですよ!

万物を造ったという神様がまつられており、「子授け」「子宝」「縁結び」の神様でもあります。

神社で「子授け守り」を買うと翌日にご祈祷してくれます。

また、境内には「子宝いぬ」の銅像があり、その周りに十二支が書いてあります。

じつは、この犬の銅像と自分の干支を触るとご利益があるとされ、子宝犬絵馬には「枕元に置くと良い」といういわれがあります。

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2−4−1
℡ 03-3666-7195


関東地方の子宝神社ご紹介

雑司谷 鬼子母神堂 (東京都豊島区)

子育ての神として崇められています。

この神社で有名なのが「ざくろの絵馬」です。

こちらのざくろの絵馬は子授けのご利益がとても高いととても好評なのです!

このざくろの絵馬は持ち帰ることも可能となっており、「寝室に飾っておくと子宝に恵まれる」とも言われています。

ぜひ、足を運んだ際には「ざくろの絵馬」を持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3−15−20

℡ 03-3982-8347


川越大師 喜多院 (埼玉県川越市)

お大師様は、観音様の生まれ変わりとされています。

その観音様には「子授け」のご利益があるとされています。

1月3日のだるま市で開運の縁起物とされている「だるま」に願いを込めると良いとされています!

もしご都合があった日には1月3日に川越大師に行ってみてはいかがでしょうか?

だるま市には多くの人でにぎわっていますので、雰囲気も楽しめますよ♪

時期的にも初詣も一緒にできますので、いいですね^^

〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町1丁目20−1
℡ 049-222-0859


玉前神社 (千葉県長生郡一)

「子授け」「子宝」「縁結び」の神様としてまつられています。

境内にある「雄株」「雌株」があり、その間に育った「こどもの銀杏」があります。

「雄株」「雌株」「子供」の順番に触り祈祷することで「子宝に恵まれる」といわれています。

この子授けの銀杏をぜひ見に行ってみてください^^

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3048
℡ 0475-42-2711


鶴岡八幡宮 (神奈川県鎌倉市)

鶴岡八幡宮は結構有名な神社でもありますね♪

本殿の裏には政子石という石があり「子授け」「夫婦円満」のご利益があるとされています。

また頼朝が政子の安産を祈ったとされる「姫石」とも言われています。

鶴岡八幡宮は鎌倉のシンボルとされているため、いつも人でにぎわっています。

鎌倉は観光名所にもなっているので、近くを観光のさいにはぜひ行ってみてください!

緑も豊かでとても心が安らぎますよ^^♪

〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31

℡ 0467-22-0315


等覚寺 (神奈川県鎌倉市)

湘南モノレール「湘南深沢」駅の近くにあり緑に囲まれたところにたたずんでいます。

「出世子育て地蔵尊」はとても有名で、参拝すれば子供がいない人は子供を授かることができ、子供のいる人はその子供が出世すると言われています。

非常にご利益があるとされているため、遠方からの参拝者も多くいらっしゃいます。

神奈川県鎌倉市梶原1丁目9−2

℡ 0467-46-7464


まとめ

いかがでしたでしょうか?

神社にはそれぞれ役割が違いますが、どちらの神社に足を運んだとしても「子宝」のご利益があるでしょう。

夫婦で旅行に行ったついでや観光、お出かけ、神社を目的にしてもいいと思います^^

「子宝」というのは1人では叶えられることではないので、必然的に「相手との絆」も深まることでしょう!

私もまだ1人目ですが、子宝祈願は済ませてあるのでもっと兄弟を増やせるように頑張ろうと思います^^♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ