中部地方で人気がある子宝神社はここ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

誰にも言えない悩みごとを抱えているときは、本当に神様にも縋りたくなりますよね。

特に子宝に恵まれないなど繊細な悩みは余計に抱えてしまうことでしょう。

そこで今回は子宝に御利益があるとされている 子宝神社 をご紹介したいと思います。

中部地方 9県(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県)で激選した神社をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みくださいね。


中部地方北部

新潟県…ほだれ大神(ほだれおおかみ)

毎年3月の第2日曜日に「ほだれ祭」が開催されることで有名な神社です。

「ほだれ」とは「穂垂れ」と書きます。

つまり稲がたわわに実り穂先が垂れている様子を表す言葉で、豊作を示しています。

そこから、ほだれ様は五穀豊穣と子孫繁栄の神様として昔から信仰されているのです。

年に一度のほだれ祭では、子宝を願う新婚女性を「初嫁さん」と呼び公募しています。

住所…新潟県長岡市来伝1020

アクセス…JR長岡駅から車で約50分

富山県…櫛田神社

こちらの御祭神は、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)と櫛名田比売(くしなだひめ)の夫婦です。

この二柱の出会いは、建速須佐之男命が櫛名田比売を助けたことでした。

ヤマタノオロチに櫛名田比売が食べられてしまうと泣いている櫛名田比売の両親に、一計を案じた建速須佐之男命が「姫を救う代わりに、結婚させてくれ」と申し入れます。

そして見事ヤマタノオロチを倒し、二柱は結ばれるのです。

そのため、子宝や夫婦円満、縁結びの御利益があると信仰されています。

住所…富山県射水市櫛田6841

アクセス…北陸新幹線新高岡駅から車で約10分

石川県…服部神社(はとりじんじゃ)

服部神社の正面にある石段は全部で108段あります。

こちらは「いろは段」と呼ばれているのですが、こちらの石段でお百度詣りをすると子を授かると言われています。

また、境内にはパワースポットとして有名な「一言地蔵(ひとことじぞう)」もいます。

こちらのお地蔵さまにお願いをするときは、本当に困っていることを「一言」だけお願いしましょう。

住所…石川県加賀市山代温泉四区18-7

アクセス…山代温泉バス停下車 徒歩約7分

中部地方中部

福井県…賀茂神社(かもじんじゃ)

安倍清明をご存知な方が多いと思います。彼は陰陽師で有名な方ですが、その安倍清明の師匠である陰陽家・賀茂忠行(かものただゆき)が伝えたという300種類以上の守礼が、ここ賀茂神社にはあります。

もちろんその中には、子宝や子孫繁栄、安産祈願などもあり、参拝者が希望する守礼を購入することができるのです。

住所…福井県福井市加茂町7-2-16

アクセス…福井駅からバスで約25分 大森バス停下車徒歩約15分

長野県…生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)

万物に生命力を与える「生島大神(いくしまのおおかみ)」と万物に満足を与える「足島大神(たるしまのおおかみ)」がお祀りされている神社です。

生命力を与え、満足させる神様たちをお祀りしていることから、子宝にも御利益があるとされています。

また、境内には樹齢800年を超える御神木「夫婦けやき」も、子宝の御利益があると言われています。

住所…長野県上田市下之郷中池西701

アクセス…下之郷駅下車 徒歩約3分

山梨県…北口本宮 富士浅間神社(きたぐちほんぐう せんげんじんじゃ)

御祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめ)です。

今でも伝わる逸話から、子宝や安産の神様として厚く信仰されています。

また、こちらの神社には夫神であられる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)や、父神の大山積神(おおやまづみのかみ)もお祀りされていて、夫婦円満や家族円満としても御利益があると言われています。

住所…山梨県富士吉田市上吉田5558

アクセス…富士急行線富士山駅下車 徒歩約20分

中部地方南部

岐阜県…恵那神社(えなじんじゃ)

樹齢は不明ですが、県の指定天然記念物にもなっている夫婦スギ(めおとすぎ)が境内にあります。

「えな」とは「胞衣(えな)」のことで、へその緒のことです。

こちらの神社は天照大神(あまてらすのおおみかみ)のへその緒を納めたと伝えられている恵那山の麓にあり、御祭神は伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)の二柱です。

住所…岐阜県中津川市中津川3786-1

アクセス…中津川駅からバスで約40分 その後徒歩約15分

静岡県…御胎内神社(おたいないじんじゃ)

御胎内清宏園内には富士山の噴火で出来た「溶岩隧道御胎内(ようがんずいどうおたいない)」があります。

こちらは自然が作り上げた洞窟ですが、人体の内部に似ていることから「御胎内(おたいない)」と呼ばれています。

この御胎内の傍に御胎内神社があり、木花開耶姫(このはなさくやひめ)や瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がお祀りされています。

子宝や安産のパワーが貰えるパワースポットとしても有名な場所です。

住所…静岡県御殿場市印野1382-1(御胎内清宏園内)

アクセス…JR御殿場線御殿場駅からバスで約20分 富士山樹空の森バス停下車

愛知県…伊奴神社(いぬじんじゃ)

大変歴史が古い神社で、西暦673年に建立されたと伝えられています。

御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)、大年神(おおとしのかみ)、そして伊奴姫神(いぬひめのかみ)です。

伊奴姫神は子宝や安産、子育てに御利益があり、また大年神と夫婦でもあります。

また夫婦の間には御子神が五柱いることからも、古来より厚い信仰があります。

住所…愛知県名古屋市西区稲生町2丁目12

アクセス…庄内通駅下車 徒歩約10分

最後にまとめ

中部地方の神社を各県1社ずつご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

行ってはみたいけれど、遠すぎて参拝しに行けないなどの場合は、神社に問い合わせてみてください。

そういう場合にも対応してくださる神社が近年増えてきておりますので、遠いからや仕事が忙しくてなどの理由で諦めず、ぜひ一度気になる神社に電話やメールをしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ