四国地方(高知県、香川県、徳島県、愛媛県)でオススメする子宝神社4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子どもに恵まれたいと思ったら、あなたはどうしますか?

最新の医療技術に頼るのも一つの手段ですが、子どもは授かりものという言葉が示すように、神様の御利益にすがるのも一つの方法かもしれません。

しかし、神社が予想以上にあり口コミなどを色々調べてみても、どこに行けば良いのか余計に悩んでしまう場合も多々あります。

今回は 四国 地方(高知県、香川県、徳島県、愛媛県)で子宝の御利益があると言われている 子宝神社 を厳選して各県一社ずつご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

四国(高知県、香川県、徳島県、愛媛県)でオススメする子宝神社4選

高知県…新宮神社(しんぐうじんじゃ)

県内でも屈指の子宝神社として有名です。

御祭神は天照大神(あまてらすのおおみかみ)、また境内社の子育神社には木花咲耶姫(このはなさくやひめ)がお祀りされていて、これだけでも子宝の御利益がとてもありそうですよね。

また、こちらの神社はとても古い歴史があり、905年にまとめられた延喜式の中に「十市(とおち)」の地名が出ているほどです。

つまり、新宮神社の歴史は少なくても1100年程はあるのです。

子宝のご祈祷を受けるには事前の予約が必要となります。

電話、FAX、もしくはメールでも受け付けているそうなので、希望の日時と参拝する人数をお知らせくださいね。

住所…高知県南国市十市字新宮山5937

アクセス…バス停 札場通下車 徒歩約6分

香川県…産宮神社(さんのみやじんじゃ)

名前に「産」の字が入り、また御祭神が神功皇后(じんぐうこうごう)であることから、安産祈願の御利益があることで有名な神社ですが、実は子宝の御利益でも人気があります。

その人気は地元だけにとどまらず、県外からくる参拝者もいるそうです。

三韓征伐から凱旋した神功皇后がさぬき市に立ち寄ったと伝説が残されていて、この地に産宮神社を住民たちが建てたと言われています。

その為、中世の頃から子宝や安産の御利益がある神社として信仰されてきた、大変古い歴史がある神社の一つです。

子宝祈願で昇殿祈祷を希望する場合は、電話などで神社に問合せをしてから行くことをお勧めします。

住所…香川県さぬき市大川町富田西2631-1

アクセス…高徳線神前駅下車 徒歩約28分

徳島県…上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわじんじゃ)

創建は西暦728年(神亀5年)と言われていて、既に1300年余りの歴史を誇る大変古い神社です。

社名に一宮(いちのみや。その地方で一番社格が高い神社)と付いていますが、上一宮大粟神社が徳島県の一宮だったのは中世より以前のことと言われています。

今では違う神社が一宮となっていますが、現代でも霊験あらたかな神社として神山町にあります。

御祭神は大宜都比売命(おおげつひめのみこと)で、神産みで有名な伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)の娘神です。

大宜都比売命は五穀豊穣や食物の御利益があるとされていますが、縁結びや子宝の御利益がある二柱の御子なので大宜都比売命にもその御利益をあやかろうとする人達で現在も賑わうそうです。

住所…徳島県名西郡神山町神領西上角330

アクセス…バス停上角下車 徒歩約1分

愛媛県…大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

創建は推古天皇の御代とも言われ、その昔は朝廷から「日本総鎮守」の号が下賜されたとも言われている格式が高い神社です。

御祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)で、山の神様です。

天孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が大山祇神の娘・木花咲耶姫(このはなさくやひめ)に求婚した折、大山祇神は大変喜び二人を祝福しました。

そして、瓊瓊杵尊の子孫は栄えることになります。

このことから大山祇神は縁結びの御利益、そして子宝の神様として信仰されているのです。

また、境内外になりますが大山祇神社の摂社である阿奈波神社(あなばじんじゃ)には、大山積神の娘である磐長姫命(いわながひめのみこと)が祀られています。

健康や長寿の御利益があるとされていますが、子宝や女性の病気に霊験があるということから、夫婦で参拝に行くと子宝に恵まれると言われています。

住所…愛媛県今治市大三島町宮浦3327

アクセス…JR今治駅からバスで約60分 大山神社前バス停下車 徒歩約1分

子宝祈願に行く前に

神社に参拝しに行くだけなら、いつ行っても大丈夫な神社が多いですが、神社によっては開門や閉門の時間が決まっている場合があります。

せっかく行っても参拝出来なかったら意味がありませんので、場所と時間はきちんと調べておきましょう。

また、参拝だけでなく祈祷をお願いしようと考えている場合は事前に神社に問い合わせておくことをお勧めします。

予約が不要となっている神社でも、宮司さんが他の祈祷などで外出されていたり、特に戌の日は安産祈願のご祈祷で神社が混み合う可能性があるためです。


最後にまとめ

今回は四国4県で人気がある子宝神社をご紹介しました。

もちろん今回ご紹介できなかった神社もたくさんあります。

パワースポットとして御利益がある神社、子宝の御利益があると言われている神様がお祀りされている神社など色々ありますので、ご自分に合った神社を探してみてください。

この記事が皆さんの子宝に恵まれたいという願いに、少しでもお役にたてたら幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存