北海道でオススメする子宝神社はここ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

日本最北端の地、北海道

ここにも子宝の御利益があるということで有名な神社がいくつもあります。

今回はその中から選りすぐりの神社をご紹介します。

子宝神社 を北海道でお探しの方、ぜひ最後まで読んでくださいね。


スポンサーリンク

北海道でオススメする子宝神社はここ!

北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)

御祭神四柱のうちの一柱・大那牟遅神(おおなむちのかみ)は、多数の女神と結婚し180柱以上の御子神をもうけたと言われています。

その為、子宝や夫婦円満の御利益があると言われていて、道内においても子宝祈願に人気の神社です。

また北海道神宮の御祭神三柱は開拓三神と呼ばれていて、北海道の開拓や発展の守護神として祀られています。

住所…北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

アクセス…地下鉄東西線円山公園駅下車 徒歩約13分

     JRバス神宮前停留所下車 徒歩約1分

 北海道神宮 頓宮(ほっかいどうじんぐう とんぐう)

実は頓宮は北海道神宮から離れた場所にあるのです。

ご存知の通り北海道は豪雪地域。冬になれば参拝するのも一苦労というわけで、明治11年に札幌神社(現・北海道神宮)の遥拝所(ようはいじょ)として建てられたのです。

この頓宮の境内にいる狛犬を撫でると、子宝祈願や恋愛成就の御利益があるということです。

北海道神宮と併せて頓宮へのお詣りも忘れずに。

住所…北海道札幌市中央区南二条東三丁目

アクセス…地下鉄東西線バスセンター前駅下車 徒歩3分

JR札幌駅南口から車で約10分

札幌諏訪神社(さっぽろすわじんじゃ)

札幌諏訪神社の御祭神は建御名方命(たてみなかたのみこと)と八坂刀売神(やさかとめのみこと)で、夫婦です。

またこの二柱の神様から二十二柱の御子神がお生まれになったということで、子宝や安産、夫婦円満の御利益があるとされています。

その御利益から北海道内だけではなく全国からも参拝される方が多く、また境内には子宝祈願の絵馬を購入することがありますので、奉納される参拝客が多く見受けられます。

住所…北海道札幌市東区北十二条東一丁目1-10

アクセス…地下鉄東豊線北13条東駅 2番出口徒歩3分

西野神社(にしのじんじゃ)

社殿に向かい左側に犬の親子の像があります。

この中心にいる母犬を撫でると子宝祈願、周囲にいる子犬を撫でると安産祈願の御利益があると言われています。

御祭神の豊玉姫命(とよたまひめのみこと)と鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)が、親子でありまた安産の神様ということから、その御利益にあやかり建てられた犬の親子象です。

参拝される際には撫でるのを忘れずにしてくださいね

住所…北海道札幌市西区平和一条三丁目

アクセス…バス停平和1条3丁目(首藤内科医院前)下車 徒歩約1分

札幌水天宮(さっぽろすいてんぐう)

御祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)です。

天之御中主神は宇宙の根源とされる神様で、天地の始まりをも成されていることから、子宝や安産の御利益がある神様としても祀られています。

公園の中にある小さな神社ですので、初めて参拝される方は「水天宮参道入り口」と書かれている石碑を目印にしてみてください。

また、北海道にある水天宮は他に、小樽市、石狩郡当別町の二か所です。

住所…北海道札幌市中央区南九条西四丁目429

アクセス…地下鉄中島公園駅下車 1番出口より徒歩約3分

蝦夷ひょっとこ 子宝神社

元々はかなやま湖に沈んだ集落の鹿越神社です。

御祭神は天照大神を始めとした五柱の神様ですが、その中の倉稲魂命(うかのみたまのみこと)が、子孫繁栄、言い換えれば子宝の御利益があるということで、近年人気が出てきている神社です。

ここには子宝松という松が社殿の前にあるそうです。

また、実際こちらに参拝して子宝に恵まれたという方もいらっしゃるそうですよ。

かなやま湖の湖畔にひっそりと佇む小さな神社ですが、その御利益は大きいかもしれません。

気になる方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

住所…北海道空知郡南富良野町東鹿越

旭川神社(あさひかわじんじゃ)

御祭神は天照大御神(あまてらすのおおみかみ)と木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)です。

木花咲耶姫命は子宝祈願や安産祈願の御利益があることで知られています。

他にも木花咲耶命はとても美しい女神様とも知られていて、女性の味方でもいてくれるそうです。

また、神社全体の風水的に見ても懐妊安産、家内安全などの御利益もそうです。

住所…北海道旭川市東旭川南一条6丁目8-14

アクセス…JR石北本線東旭川駅下車 徒歩約3分

最後に

北海道で人気の子宝神社をいくつかご紹介してみましたが、いかがでしたか?

国内で一番の面積を誇る北海道ではその移動だけでも大変かもしれませんが、実際に公共機関だけで参拝に行くのは難しい神社もあります。

車が必須となる場合があるかもしれませんが、寒くなる季節の参拝は本当にお気を付けくださいね。

また、小さな神社では人がいない場合があるので、ご祈祷などが出来ないことがありますので、事前に問い合わせておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存