キウイフルーツの美味しくなる熟成方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

キウイ フルーツをもらったけど酸っぱくて美味しくなかったといった経験をされた方もおおいのではないでしょうか?

キウイフルーツは 熟成 方法の違いで追熟できるかできないか変わってきます。

キウイの原産国は中国なので日本では「中国スグリ」と呼ばれていましたが、20世紀になってニュージーランドで栽培化が成功し、1959年にニュージーランドから輸出される際、色や形が「キーウィ」という鳴き声からKiwiと名付けられたニュージーランドの国鳥によく似ているということでキウィフルーツと名付けられました。

日本ではニュージーランド産の果物のイメージが強いですが世界的な生産量はイタリアが1位、次いで中国でニュージーランドは3位です。

キウィフルーツは猫が好むマタタビと同じマタタビ科の植物なので幹が猫に引っかかれるなど被害を受けることも多いです。

どの木にもたわわに実が成るイメージがありますが、キウィフルーツはイチョウやサンショウなどと同じく雌雄異株なので一本だけ植えても実は生りません。


キウイフルーツの美味しくなる熟成方法

キウィフルーツの種類

2大品種は「ヘイワード」と「ゼスプリゴールド」で、「ヘイワード」は世界的に最も広く流通している品種です。

Kiwiそっくりの外観で産毛のある皮で覆われ果肉は緑色で酸味と甘味があります。「ゼスプリゴールド」はゴールドキウィと呼ばれる品種の一種で皮が薄く果肉は黄金色で甘味が強いです。

1960年代から日本でも栽培がすすみ、果肉が赤い「レインボーレッド」や高級品の「香緑」といった品種が開発され愛媛県、和歌山県、福岡県などで栽培されています。

キウィフルーツそっくりで皮ごと食べられる親指の先ほどの大きさのベビーキウィはアメリカからの輸入品がほとんどです。


キウィフルーツの栄養

ビタミンCがいちごより多く疲労回復や免疫力のアップに効果があるほか、ビタミンDとともに紫外線から肌を守る働きがあります。

抗酸化作用の高いビタミンEや便秘やむくみの予防、解消にも役立つ食物繊維やカリウムも多く含んでいるため「体を磨く食べ物」と呼ばれています。

たんぱく質分解酵素のアクチニジンを含んでいるので肉を柔らかくしたり消化を助けたりします。

ニュージーランドでは皮ごと食べることもありますが、皮には食物繊維のほかポリフェノールが豊富に含まれ美容に健康にさらに効果的です。


美味しいキウィフルーツの見分け方

皮の色が明るい茶色で、張りがあって傷やへこみのないもの、産毛のある品種なら全体にまんべんなく産毛が生えているものを選びます。

アボカドを選ぶときのようにヘタとお尻を指で押してみて少しへこみ、弾力のあるものが丁度食べ頃です。

横から押すと潰れて傷みやすくなるので気をつけましょう。


硬いキウィフルーツの追熟

植物は成長ホルモンの一種のエチレンガスを生成して完熟しやがて腐敗します。

未熟なまま収穫された果物の多くは15℃~20℃の室温に置いておくことで自然と追熟し甘味が増しますが、キウィフルーツはエチレンガスの生成量が少ないので自分自身ではなかなか追熟できません。

また、キウィフルーツは樹上では完熟できないため美味しく食べるためにはほかの植物の力を借りる必要があります。

熟成を促すエチレンガスを多く排出する果物はりんごがよく知られていますが、熟したみかんやバナナでも同じような効果が得られます。

エチレンガスは熟成が進むほど多く生成され、また温度が高いほど発生量も多くなりますから冷蔵庫に入れてしまうと追熟が進みません。

りんごは品種によってエチレンガスの生成量に違いがあり、「津軽」と「黄王」が多く、「ジョナゴールド」「王林」も多めですが「ふじ」や「シナノゴールド」はそれほどでもありません。

日持ちのよいりんごほど発生率は低いといえ、最近では出荷時にエチレンガス阻害処理を施している場合もありますので、津軽や黄王のよく熟れたものを使うのが効果的です。

もぎたての硬いキウィフルーツ4~5個に対して食べ頃のりんご1個をビニール袋に入れて口を縛り、20℃くらいの暖かい場所に置いておくと1週間程度で柔らかくなります。

スーパーで売っているキウィフルーツはある程度追熟がなされていますから2~3日で食べ頃になることがほとんどです。

軟らかくなったら食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やします。

追熟が必要な果物はキウィフルーツのほか洋梨やメロン、バナナ、マンゴー、パパイヤなどがありますが、これらもりんごと一緒に置いておくことで早く美味しくすることができます。

追熟が必要な反面キウィフルーツは日持ちがよく、11月頃に収穫した未熟な実は、ビニール袋に入れて密封し、10℃前後の涼しい場所に置いておけば2月頃まで食べることができます。


キウィフルーツの食べ方

軟らかく熟れたものは横に半分に切ってスプーンで食べるのが手も汚れず簡単です。

皮を剥いて切り分けるときは硬いヘタに注意しましょう。

キウィフルーツの上部を切り落とそうと水平にナイフを入れると刃が硬い部分にあたって止まります。

無理に切り離さずにぐるりと切り込みを入れてからねじって取るときれいに取り除けます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存