ちょっと待って!赤ちゃんにキスしてうつる病気は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

kiss-uturu

生まれたての赤ちゃんを眺めていると、あまりの可愛らしさに、ついキスをしたくなりますよね。

だけど、そのキスが赤ちゃんに病気をうつしてしまう恐れがあることをご存じでしょうか。

不用意な感染を避けるためにも、赤ちゃんにキスしてうつる病気をご紹介します。


スポンサーリンク

ちょっと待って!赤ちゃんにキスしてうつる病気は?

キスしてうつる病気その1 虫歯

赤ちゃんにキスしてうつる病気の代表格が虫歯です。

虫歯は、ミュータンス菌などの口腔常在菌によって引き起こされます。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯を引き起こす原因菌は存在しません。

しかし、キスや食器の使いまわしなどにより原因菌に感染すると、将来虫歯になるリスクが上昇してしまうのです。


キスしてうつる病気その2 歯周病

45歳以上の約半数が罹患しているともされる歯周病は、歯周病菌によって引き起こされます。

そのため、キス・食器の使いまわし・口移しの食事などで赤ちゃんにも感染してしまいます。

特に「感染のまど」と言われる生後19か月前後は、歯周病菌に最も感染しやすい時期です。

歯と歯茎の間で繁殖する歯周病菌にとって、赤ちゃんの歯が生えそろう時期は、格好の定着ポイントなのです。


キスしてうつる病気その3 伝染性単核球症

伝染性単核球症は、別名「キス病」とも呼ばれている急性の感染症です。

唾液を介してエプスタイン・バー・ウイルス(EBウイルス)に感染することで、発熱・頸部リンパ節の腫れ・咽頭痛などを引き起こします。

ただし、幼児の場合は症状が現れない不顕性感染のケースも多く、本人や周囲が気づかないことも少なくありません。

一度感染すると一生潜伏感染状態になります。

近年は、急性感染症以外にもさまざまな病気の原因となることが明らかになり、問題視されています。


キスしてうつる病気その4 ピロリ菌

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がんといった病気の原因になることでも知られるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は、食べ物や飲み物などから経口感染します。

保菌者の多くは幼少時に感染すると考えられており、ピロリ菌に感染している人間からのキス・食器の使いまわし・口移しの食事などは、赤ちゃんのピロリ菌感染リスクを高めます。


キスしてうつる病気その5 風邪

風邪とひとことに言っても原因になるウイルスや細菌はさまざまですが、ほとんどの風邪に共通しているのが、唾液などの飛沫感染によってうつるという点です。

風邪をひいている時に赤ちゃんにキスをすると、当然ながらその風邪を赤ちゃんにうつしてしまいます。

大人なら数日安静にしていれば治る程度のものでも、赤ちゃんにとっては命取りになるケースも少なくありません。

風邪をひいている時は、キスなどの接触を避けるのはもちろんのこと、マスクをするなどして、できるだけ赤ちゃんに感染させないように注意しましょう。


キスしてうつる病気その6 口内炎

口内炎には、アフタ性口内炎・カタル性口内炎・ウイルス性口内炎・口腔カンジタ症などの種類があります。

この中の1つ、ウイルス性口内炎はキスによって赤ちゃんにうつる可能性があります。

ウイルス性口内炎を引き起こす原因ウイルスには、単純ヘルペスウイルス・水痘帯状ヘルペスウイルス・A群コクサッキーウイルスがあります。

基本的に、大人同士であればキスをしても感染するリスクはほとんどありませんが、免疫力の弱い赤ちゃんの場合はウイルスをうつしてしまう危険があります。

ただの口内炎ではなく、ウイルスが原因の口内炎を発症している場合は、赤ちゃんへの接触は避けた方が賢明です。


キスしてうつる病気その7 髄膜炎菌性髄膜炎

髄膜炎菌性髄膜炎は、髄膜炎菌に感染することで発症する感染症です。

現在、日本での感染はほとんど報告されていませんが、世界全体では年間30万人の患者が発生し、その1割にあたる3万人が死亡しています。

髄膜炎菌は飛沫感染によって人から人へとうつるため、保菌者が赤ちゃんにキスをしたり、食器の使いまわしや食べ物の口移しをしたりすると、赤ちゃんに髄膜炎菌をうつしてしまう恐れがあります。

髄膜炎菌性髄膜炎を発症すると、まずは高熱・皮膚や粘膜の出血斑・関節炎などが引き起こされ、さらに病状が進むと頭痛・吐き気・精神症状・発疹・項部硬直などの症状が現れます。

劇症型の場合は突然に頭痛・高熱・けいれん・意識障害・汎発性血管内凝固症候群を引き起こし、死に至るケースもあります。

日本での発生は稀といえ、ひとたび発症すれば命の危険にさらされる、とても恐ろしい病気です。

大切な赤ちゃんを恐ろしい感染症から守るためにも、赤ちゃんへのキスにはさまざまな危険が伴うことを理解しておきたいですね。

また、キスだけでなく、食器の使いまわしや口移しでの食事も避けるようにしましょう。


まとめ

ちょっと待って!赤ちゃんにキスしてうつる病気は?
キスしてうつる病気その1 虫歯
キスしてうつる病気その2 歯周病
キスしてうつる病気その3 伝染性単核球症
キスしてうつる病気その4 ピロリ菌
キスしてうつる病気その5 風邪
キスしてうつる病気その6 口内炎
キスしてうつる病気その7 髄膜炎菌性髄膜炎

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存