「謹賀新年」の意味って何?どういうときに使ったらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

「謹賀新年」の意味って何?どういうときに使ったらいいの?

kinngakinnnen

新年の挨拶として、代表的な「明けましておめでとうございます」以外にも、「賀正」や「迎春」、「初春」、「謹賀新年」、「恭賀新年」など様々な言葉がありますよね。年賀状に毎年書いていますが、適当に書いているという方も多くないでしょうか?

実はこれらの挨拶にはそれぞれ意味があり、目上の方への適した言葉など使い分けるべき言葉なんです。

今回はその中でも「謹賀新年」について説明したいと思います。


年賀状に使える賀詞って何がある?

年賀状には必ず賀詞(祝い言葉)を書きますよね。

何気なく使っている賀詞ですが、どんなものがあるのでしょう。

  • 1文字の賀詞:寿・賀・春など
  • 2文字の賀詞:迎春・初春・賀正・頌春・慶春
  • 4文字の賀詞:謹賀新年・恭賀新年・敬頌新禧

文章の賀詞:明けましておめでとうございます・新春のお慶びを申し上げます・謹んで初春のお慶びを申し上げます

この他にも様々な賀詞があります。


「謹賀新年」の意味とは?

それでは、実際に「謹賀新年」にはどのような意味があるんでしょう。

書き下しにすれば「つつしみてあたらしきとしをいわう」と読みます。読んで字のごとく、「謹んで新年をお祝いいたします」という意味になります。

「謹」は「謹んで・相手を尊んで」、「賀」は「おめでたいこと」という意味を持っています。


「謹賀新年」は誰に向かって使う言葉なの?

年賀状の賀詞は全ての方に同じ言葉を書いていませんか?

ひとことで賀詞といっても、種類が非常に多くどれを使ったら正しいのかということがわからない方も多いのではないでしょうか。

「謹賀新年」は相手に敬意を表す意味が含まれているため、目上の人に対する挨拶の言葉です。

その他にも目上の方への賀詞は「恭賀新年」や「謹んで新年のお慶び申し上げます」などを使うことができます。

一方、目下の方への賀詞は「賀正」や「迎春」「初春」などが挙げられます。

もちろん、送る相手が目下の方でも「謹賀新年」は使うことができます。

相手を選ばず幅広く使うことができる便利な言葉なんですよ。


「謹賀新年」と「明けましておめでとうございます」は併用してもいい?

年賀状に「謹賀新年」と書いたあとに「明けましておめでとうございます」と書いてしまうことはありませんか?一見するとおかしな感じはしないのですが、これは実はNGなんです。

「謹賀新年」自体が「謹んで新年をお祝いいたします」という意味のある新年の挨拶言葉なので、「明けましておめでとうございます」と書いてしまうと意味が重複してしまいます。

謹賀新年という言葉を使った場合、添え書き(今年もよろしくお願いしますなどを書くところ)にも文章の賀詞を書かないように注意しましょう。


「謹賀新年」はいつまで使ってもいい?

謹賀新年のみならず、新年の挨拶は一般的には「松の内まで」と言われるところが多いです。1月1日~1月7日までということです。年賀状もその時期までと言われているので同じ時期ですね。

ただし、地域によっては15日までというところもありますので、臨機応変に対応してくださいね。


おわりに

いかがでしたか?

何気なく使っている新年の挨拶の言葉。

いつもお世話になっている方への感謝の気持ちを込めて行う挨拶なので、間違った使い方をしたくないですよね。せっかく年賀状を書いても、賀詞を間違ってしまったばっかりに相手の方に不快な思いをさせてしまうとお互いに新年早々嫌な気分になっちゃいます。

ぜひ今後の年賀状を書くときの参考にしてくださいね。


まとめ

「謹賀新年」の意味って何?どういうときに使ったらいいの?
年賀状に使える賀詞って何がある?
「謹賀新年」の意味とは?
「謹賀新年」は誰に向かって使う言葉なの?
「謹賀新年」と「明けましておめでとうございます」は併用してもいい?
「謹賀新年」はいつまで使ってもいい?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ