金魚を飼育するこどもにオススメな絵本3選+α

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

夏祭りの風物詩とも言える「金魚すくい」、元気に泳ぐ姿を見て「おうちに連れて帰りたい!」と言いだす子ども達も多いはず。

ニコニコしながら自分で掬った金魚をみている子ども達には、金魚すくいの金魚はあんまり長く生きないんだよと言ってしまうのはあまりにも悲しすぎますよね。

だからこそ、少しでも家族と長く一緒にいられるように金魚の飼育に関する本や金魚の可愛さについて描かれた絵本を集めてみましたよ。

しっかりと金魚のコンディションを整えてあげれば、どんぶりでだって元気に 飼育 することが出来るんだとか!

子ども達の笑顔の為にも、ぜひ一緒に絵本で勉強してみてくださいね。


スポンサーリンク

夏祭りの金魚を大切な家族にするために 金魚を育てる人にオススメな絵本3選+α

えんにち奇想天外


えんにち奇想天外 (声にだすことばえほん)

齋藤 孝/作 つちだのぶこ/絵 ほるぷ出版 

まずは、縁日の楽しさを追体験いたしましょう!

四文字熟語絵本が、今度は縁日に繰り出してあれやこれやの大騒ぎ。

もちろん、夏祭りや縁日と言えば「金魚すくい」。

奇想天外な金魚すくいに、きっと楽しかった夏祭りを思い出して子ども達も金魚への愛着を強くしてくれることでしょう。

作者は、「声に出して読みたい日本語」の作者こと「齋藤 孝」さん。ユーモラスなイラストを楽しみながら、ぜひとも親子で口に出しながら絵本の世界を練り歩いてみてくださいね。

もちろん、読み終わったら金魚のお世話をお忘れなく!


うちのきんぎょ


うちの きんぎょ

谷口 國博/文 村上 康成/絵 世界文化社

大人気シリーズ、「うちの家族」の1冊。こちらも、金魚の事が大好きになってしまうお話です。

朝覗いたら、金魚がクロール。次の日は平泳ぎ、その次の日は普通!

ペットとして、家族として迎え入れた金魚との生活をユーモラスに可愛らしく描いた絵本。

金魚すくいの屋台ですいすいと泳いでいる姿も可愛いものですが、おうちにやってきて「うちの家族」になった金魚の可愛さはまた格別。

「ぼく」でなくても、パジャマのままいつまでも金魚鉢を覗いてしまうかもしれませんね。


ずら~りキンギョ ならべてみると…」 


ずらーりキンギョならべてみると…

高岡 昌江/作 松橋 利光/写真 アリス館

今度はお話ではなく、金魚の姿をじっくり見ることが出来る「写真絵本」。

たくさんの金魚たちが、18種類ずらーりと並んで勢揃い。

上から横から、真下から!色んな方向から金魚の可愛い姿を満喫することが出来ます。

キンギョと一口に言ってみても、種類が違えば見た目もまったく違うんです。

金魚すくいですくった金魚がどの種類なのかを知ることが出来るのはもちろん、「キンギョのヒレはどんな風に使われているのか」「キンギョの赤ちゃんはどんな姿をしているのか」など、金魚の生態と一緒にじっくりと読みこむことが出来る1冊ですよ。

読み終わる頃には、もっと金魚が好きになっているかもしれませんね!


どんぶり金魚の楽しみ方 世界で一番身近な金魚の飼育法


どんぶり金魚の楽しみ方 世界でいちばん身近な金魚の飼育法

岡本信明/著 川田洋之助/著 池田書店

最後には、ちょっと変わり種の飼育方法をご紹介。

どんぶりのような「器」と「カルキ抜きされた水道水」のみで金魚を飼育する方法を紹介しているこの本、まさに「夏祭りの金魚すくいですくわれてきた金魚」を長生きさせるための方法について紹介してくれている、子ども達にはうってつけの本です。

立派な水槽が無くても、可愛い金魚と長く生活することが出来るようにと書かれている本。

お世話が簡単であればある程、お手伝いも容易で、子ども達も自分の家族としてのお世話に夢中になることでしょう。

たくさんある飼育方法を紹介した本の中でも、その気軽さが魅力でもある1冊。

子どもだけでは読むのが難しい本なので、ぜひお父さんお母さんと一緒に読んで、どんぶり金魚飼育を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存