風邪の引き始めに私がしたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

大事な会議を控えていたり、旅行の予定があったり……そんな時に限って引いてしまう風邪

突然の体調不良で予定が大幅に狂ってしまい、途方に暮れた経験をお持ちの方も多いことでしょう。

風邪をこじらせないためには、引き始め の対応が大切です。

すぐに実践できる対応方法をご紹介します。


風邪の引き始めに私がしたこと

薬の乱用はしない

今は、ドラッグストアに行くと、様々な風邪薬が売られています。

風邪気味だなと感じたら、まずは手軽な市販薬で様子を見るという人も多いでしょう。

しかし、安易な薬の乱用は却って症状を悪化させる危険があります。

特に、決められた用量を超えて薬を服用するのは大変危険です。

病院で処方される薬に比べて効き目が弱く設定されているとはいえ、薬である以上、市販薬にも副作用は存在します。

「たくさん飲めば効き目もUPする気がする」などという安直な理由で薬を乱用するのは絶対に避けましょう。


早めに病院を受診する

仕事や家事、育児が忙しいと「たかが風邪程度で」と市販薬で様子見をする人も多いと思います。

しかし、高熱が出る・下痢や吐き気がひどいなど、いつもの風邪とは様子が違うなと思ったら、早めに病院を受診した方が良いでしょう。

また、普通の風邪であっても、市販薬でだらだら様子見をするより、思い切って病院を受診した方が、結果的に早く治癒するケースもあります。

普段から何かあった時には気軽に受診できる、かかりつけのクリニックや病院を作っておくと便利です。


熱がある時は入浴しない

37度台の微熱の場合は、長湯をしなければ入浴しても問題ありません。

しかし、熱が38度以上ある時は、入浴は控えた方が良いでしょう。

入浴すると体が温まるので、一見風邪には良いような気がしますが、それは間違いです。入浴は、自分で思う以上に体力を使う作業です。

そのため、高熱の時に入浴すると体力を消耗してしまい、風邪を悪化させる原因になります。

また、入浴中に気分が悪くなり、浴室で倒れてしまう恐れもあるため危険です。

熱が高い時は入浴は避け、温めたタオルでさっと体を拭く程度に留めましょう。


保湿を心掛ける

風邪のウイルスは乾燥を好むとされています。

特に、冬に風邪や様々な感染症が流行しやすいのは、空気が乾燥するのも理由の1つと考えられています。

ウイルスの活動を抑えるには、部屋の湿度を50%以上にキープする・マスクをして鼻や喉の乾燥を防ぐ・数時間に1度は部屋の換気をする・水分補給をするなどの対策が有効です。

風邪の引き始めだけでなく、普段から加湿器を使って部屋の湿度を一定以上に保ったり、空調が効いていて乾燥しやすい場所や屋外に行くときはマスクをしたりすることが大切です。


水分補給を忘れずに

熱が出ると、体内の水分が失われて脱水状態に陥りやすくなります。

脱水を防ぐためにも、風邪の引き始めには水分補給を忘れずに行うべきです。

水分補給を行う際は、普通の水よりもスポーツドリンクの方が、水分の吸収率が高いのでおススメです。

ただし、スポーツドリンクの中には糖分が多量に含まれるものもあるので、できるだけ甘さ控えめのものを選ぶか、水・ぬるま湯などで薄めて飲むと良いでしょう。

また、喉が渇くからといって冷たい水やスポーツドリンクを一気に飲むと体の内側(内臓)が冷えてしまうので、できるだけ常温に近いものを少量ずつこまめに摂取するようにしてください。


栄養のある食事をとる

医食同源という言葉もあるように、食と健康は密接に結びついています。

風邪の引き始めに栄養のある食事をとることで、風邪の症状がそれ以上悪化するのを防ぐことができます。

特に、ビタミンB1・B2・ミネラル・タンパク質などを豊富に含む豚肉・レバー・卵、ビタミンCを豊富に含むジャガイモ・ミカン・緑黄色野菜、体を温め新陳代謝を促すショウガ・ネギなどは、風邪の引き始めにはぜひとっておきたい食物です。

体調不良で食欲が湧かないときは、スープやおかゆ、お湯割りなどに調理すると食べやすいでしょう。


しっかり休養する

ここまで、風邪の引き始めに有効な方法を色々とご紹介してきましたが、やはり一番大切なのはしっかり休養することです。

風邪くらいではそうそう休んでいられないという方も多いとは思いますが、引き始めに無理をしてしまうと症状をこじらせて、結局寝込む羽目になったり、体調不良が長引いてしまったりという事態を招きかねません。

早めにしっかり休養することは、結果的に風邪を早期に治すことにもつながります。

風邪の引き始めかな?と思ったら、早めに就寝する・急ぎではない仕事や用事は後回しにするなど、体調を第一に考えて行動するようにしましょう。

以上、風邪の引き始めに私が心がけている対応方法でした。

早め早めの対策で、風邪の悪化を防ぎましょう。


まとめ

風邪の引き始めに私がしたこと
薬の乱用はしない
早めに病院を受診する
熱がある時は入浴しない
保湿を心掛ける
栄養のある食事をとる
しっかり休養する

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存