大切な成長の保存に!可愛い乳歯入れはいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子供の乳歯が抜けたらどうしますか?

以前は屋根の上に投げたり軒下に投げたりとしていた人が多かったかと思いますが、今は抜けた乳歯は記念に保存しておくという人も多いようです。

でも、乳歯を保存するといっても実際どのように保管したらいいのか迷ってしまいますよね。

今は乳歯を保管するための 可愛い ものがたくさん売ってあるんですよ。

おすすめの 乳歯入れ を紹介します。

スポンサーリンク

大切な成長の保存に!可愛い乳歯入れはいかが?

乳歯の保存方法

まずは乳歯の保存方法を紹介します。

保存するといってもそのまま置いておくと時間がたったら変色したり雑菌がわいてしまったりすることもあります。

記念に残る乳歯なので、せっかくならきれいな状態のまま保存しておきたいですよね。

そこで、きれいに保存するために使うのが「オキシドール」です。

オキシドールに抜けた乳歯をつけておき、一晩おいておきましょう。

その後しっかり水洗いをして乾燥させたあとにケースに保管しましょう。そうすると変色をふせぐことができます。

少々面倒に感じるかもしれませんが、ひと手間かけるだけの価値はありますよ。


① 桐の乳歯ボックス (スマイルティース君)

桐で作られた乳歯入れです。

歯の形をしており、一目で乳歯入れということがわかるのはいいですよね。

マグネット付きの内うたがあるので乳歯が落ちる心配はありません。

外側のティース君の表情ですが、笑ったものの他に、はにかんだものやおすまししたものなど様々な表情のものがありますのでお好みのものを選ぶことができます。


②GADIEL

こちらは フォトカードと胎毛・産毛保管用の小瓶が付属されています。

フォトカードは自分で差し替えが可能ですので、お子さんの一番好きな写真を入れることができるのが嬉しいですよね。

また、胎毛筆を作ることがない場合はなかなか保存するのが難しい胎毛も一緒に保管できるので良い思い出になりますね。

見た目はジュエリーボックスのようで、プレゼントにもぴったりです。

箱は二重ロック機能がついており子どもが触ってしまってもふいに飛び出るということを防ぐことができます。


③たまごのメモリアルボックス

こちらはへその緒・産毛・乳歯をまとめて保存できるメモリアルボックスです。

表の絵にはお子さんの干支がイラストされており、ボックスの下段には母子手帳や思い出の小物を一緒に収納することもできます。

名前も入れてもらえるので、世界に一つだけのオリジナルのボックスを作ることが可能で出産のお祝いにあげるのにもぴったりですよ。


④乳歯のおうち

乳歯を一本ずつではなくまとめて保管したいという方にオススメなのがこちらの商品。

見た目も可愛らしく、歯の形をしているので一目で何を入れてあるのかがわかります。

保存はしておきたいけどまとめて入れておけばいいかな、という方にぴったりです。


おわりに

いかがでしたか。

乳歯入れは様々な種類があり、どれにしようか考えるのも楽しいですよね。

乳歯を保存しておくと、初めて乳歯が生えた日のことや抜けた日のことなど、様々なことが思い出されて良い記念になるのではないでしょうか。

ぜひお気に入りのもの、見つけてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存