スーパー海藻のあかもく(ぎばさ)が凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパー海藻のあかもくが凄い!

kaisou-akamoku

私の家族は海の仕事に従事しておりまして、以前は魚やアサリの漁のみでしたが、縁が有って“あかもく”と言う海藻を採取して、食べられる様に加工して販売をする仕事に5年位携わっております。

まだまだ認知度も低く、知られていない海藻ですが本も出されている事も知り、奥が深い海藻で健康にも役立てられる様な食品では有るかと思われるので、皆さんにもご紹介したいと思います。


各地に

正式名称は褐藻網ヒバマタ目ホンダワラ科。一年生。

海藻としては珍しい雄と雌が株毎に分かれている雌雄異株で北海道東部以外の日本全国で採れる海藻で、春から夏にかけて成熟して粘りを持ち旬となります。

東北ではギバサと呼ばれ、血糖値、高コレステロール値、便秘や肥満を改善して、がんの増殖も抑える効能が有ると言われている、スーパー海藻です。

一日一回食べれば、糖尿病やダイエットに効果的だと言われています。


研究結果から

本の著者の方があかもくに注目されたのは、褐藻の中でも色素成分であるフコキサンチンの含有量が多い事からだそうです。

フコキサンチンには強い抗肥満作用が有る事が判り、世界的にも注目されているそうです。

さらに食物繊維やネバネバ成分としてのフコイダンを多く含みます。

食物繊維は食べた物の消化吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を抑えて余分な糖を排出し、第二の脳と言われる腸内環境を整えて便通を改善してくれます。

免疫力を向上させる機能が有る事も知られています。

その他あかもくにはオメガ3脂肪酸やミネラルも多く、たんぱく質のアミノ酸バランスも優れていて栄養価が高い事も注目すべきところとの事です。


がんに効果的?

日本人は一生のうちに3人に1人は何らかのがんを発症すると言われているそうで、厚生労働省の“人口動態統計”に寄ると、2011年のがんに寄る死亡者は35万人を超え死亡原因の第1位だそうです。

あかもく、ワカメ、もずく等の褐藻類に含まれるフコイダンは、水溶性食物繊維の一種で1913年にぬめり成分の一つとして発見されました。

1976年にはある方があかもくから抽出したフコイダンを使って、がんを移植したマウスの腹腔内に投与し、腫瘍増殖抑制率を調べたところ、約60%の抑制率が認められたそうです。

また、腹水がんのマウスにあかもくのフコイダンを与えたら、60日間の判定期間中全て生存し、与えないマウスは18日間しか生存出来なかった事が報告されているそうです。

この研究からも腫瘍の増殖阻止や延命効果が有る事が判っています。

また、三重大学の教授の研究によると、白血病の細胞にあかもくのフコイダンを添加したところ90%以上の白血病細胞が死滅、あかもくのねばねば成分である硫酸多糖類には、高い抗腫瘍作用が有る事も判っているそうです。

がんの増殖を抑えたり、がんになりにくい身体を作る事が判っているフコイダンが、あかもくにはワカメや昆布等よりも含有量がずば抜けて多く、湯通しや乾燥させてもあまり変化が無い事が優れています。

がん発症後や手術後は体力が衰え食が細くなり、必要な栄養素が採れなくなり免疫力が下がります。

食べて体力をつけなければならないが、そこであかもくの独特のとろみは病中病後でも食べやすいと評価されて、老人介護施設や病院等で介護食として利用され、運動不足になりがちな入院中の便秘解消にもなり、一石二鳥で役立っているそうです。

カリウム、マグネシウム、カルシウム等の不足しがちなミネラル成分も豊富に含まれているあかもくは、体力回復、免疫力向上の助けになり、がんに負けない体作りの助けになります。


便秘にも!

要らない物をため込んでしまう便秘、続けば過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、急性大腸炎、大腸がん、ポリープ等を発症しやすくなります。

便秘を解消するには、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やし腸内環境を整える事が大事ですが、善玉菌を増やす為のエサになる食物繊維をたくさん採る事です。

海藻に多く含まれるフコイダンには水溶性食物繊維が含まれるが、その水溶性食物繊維は水分を多く含む為、便を柔らかくし排便しやすくする働きが有り、同時に腸内の汚れや余分な糖分、塩分を絡め取る働きもあります。

あかもくが優れているのは、そのフコイダンが他の海藻と比べ物にならない程含まれており、それが便秘解消に大きく貢献しているところです。


他にもこんな効能が!

インフルエンザウイルスにもあかもくのフコイダンが良いと言う事が判っていて、同時に鉄分、亜鉛、ミネラル、ビタミンK等の成分が免疫力を高め相乗効果によって、ウイルスにかかりにくい強い身体を作ると考えられます。

また骨粗鬆症を予防するのに大事なビタミンKや骨の原料となるカルシウム、そのカルシウムとバランス良く摂取しなければならないマグネシウムも、あかもくは豊富に含んでいます。

そして身体を錆びつかせる強い酸化力を持った活性酸素が原因の老化ですが、必要以上に活性酸素を増やさずに、細胞を守って老化の速度を遅らせる事が大事で、その活性酸素を除去する抗酸化力は生の海藻に豊富に含まれています。

あかもくの抗酸化力はひじきの約5倍も強い事が判っていますし、魚の脂やエゴマ油、アマニ油等に含まれている良質な油で、血液を綺麗にして血管や内臓の老化を防ぎ脳の情報伝達をスムーズにして、記憶力の低下や認知症を防ぐと話題のオメガ3脂肪酸も豊富に含んでいます。


スーパー海藻

海藻には秘められたパワーがたくさん有りますが、他の海藻と比較してあかもくには色々な成分が豊富なので、スーパー海藻と言われるようになりました。

もずくやワカメと比較してもカリウムはおよそもずくの20倍ワカメの10倍、カルシウムはもずくの4倍ワカメの2倍、マグネシウムはもずくとワカメの4倍、鉄分、亜鉛等もおよそ2倍ずつ位含まれていますし、普段の食事では採りにくいミネラルやビタミンKも含まれています。

又便秘にも良いフコイダン、高い血圧を下げて安定させる効果のあるアルギン酸、フコイダンの色素成分でカロテノイドの一種、抗腫瘍作用、抗酸化作用等が有るフコキサンチンも豊富に含みますので素晴らしい食品であると言えます。


体験談

私が見つけたあかもくの本には体験談も数々載っていました。

糖尿病の方で薬を飲んでも血糖値が下がらなかった方が、毎食採るようになったら一か月で基準値になられたり、高血圧で降圧剤を飲んだら血圧が下がり過ぎる方が薬を減らし、あかもくを食べ始めたら三か月で安定した数値が出る様になり、あかもくを食べるのを止めると又血圧が上がる経験をされた方、胆管癌で膵臓と小腸、胃、十二指腸、胆管を少しずつ切除し、手術は成功したものの食欲が無く困られた方が、お見舞いに戴いたあかもくを食べる様になったら、徐々に食欲が出る様になり、体力がついて来て食欲も少しずつ出て来て、ふらふら歩いていたのが、しっかり歩けるようになり元気も出て来て、腫瘍マーカーの数値も落ち着き四年経っても癌の発症前と同じように元気に暮らせるようになった方、胃腸が弱く毎年の健康診断でピロリ菌の感染を指摘されて、医師からピロリ菌の除菌治療をした方が良いと勧められていた方が、毎日あかもくをスプーン一杯ずつ食べる様にしたら、3ヶ月後の健康診断でピロリ菌がいなくなった方、子供の頃から便秘で悩まされていた方が毎日あかもくを食べる様になったら、朝晩お通じが有るようになられた方等、副作用が無く健康にも良い食品で、色々な症状が改善されて素晴らしいなと思っています。

私は元々健康オタクで続けられる範囲で、色々なサプリメントや食品で健康は保っているつもりですが、あかもくの仕事に家族が従事する様になり、アンチエイジングにも良いし、健康にも良い、一石何鳥にもなる海藻を知る事が出来て、更に健康オタクに磨きがかかるようになりまして、今後歳を重ねていくうえで頼もしい味方を得て有り難いと感謝で一杯です。

是非これを読まれた皆さんもあかもくを見付けたら食べてみて下さい!


まとめ

スーパー海藻のあかもくが凄い!
各地に
研究結果から
がんに効果的?
便秘にも!
他にもこんな効能が!
スーパー海藻
体験談

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存