門松は何の為に飾るの?その意味と置き方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

門松は何の為に飾るの?その意味と置き方は?

kadomatsu-imi

お正月には、様々な飾り物をしますね。

鏡餅やしめ縄など様々な物がありますが、その中でも一番大きくて、少し困ってしまうのは 門松 ではないでしょうか。

最近ではマンションなども増え、また戸建ての家でも場所が無く、門松の絵や写真を飾ることも増えてきました。

どちらの場合でも玄関先に二つ飾るのが一般的ですが、その正しい置き方って知っていますか?

今回は知っているようであまり知られていない門松の意味とその置き方を、まとめてみました。


門松のメインは竹?松?

kadomatu

門松の歴史は古く日本では平安時代から始まりました。

中国で長寿の象徴である松を門前に飾ったことからきているとされています。

そうなんです、門松って「松」の字が使われているにも関わらず、実際に飾られている姿は「竹」がメインに見えますよね。

本当は松が主役です

そのため、一本の松を玄関先に飾るだけでも良いんですよ。

現在でも関西地方の一部の地域では「根引きの松」と言われるものを飾っているところがあります。

根がついたままの小松を根がついたままの状態で、松の中程を白い和紙で包みます。

そして、金赤の水引をかけて玄関の両側に飾るのです。

こちらも平安時代から始まったとされていて、貴族の遊びであった「子の日の御遊び(ねのひのおあそび)」に由来しているとされています。

正月の始めての子の日に、野原に行き根のついた小松の根引きや若菜摘みをして、年頭に松の寿を身につけたり、若菜の羹(あつもの・野菜や魚肉などを入れた熱いお吸い物)を食べて邪気を払っていたとされています。

元々は貴族の野遊びの一つだったという根引きの松ですが、現在では根が付いたままの状態で飾るのは、根が付きますようにという願いと、成長し続けるという願いが込められていると言われています。


門松は神様の為の目印と仮のお住まい

毎年、初日の出と共にやってくる神様と言えば年神様です。

年神様は農耕の神様とされていて、畑の収穫が終わる秋頃に山に帰り、新年の日の出と同時に山を下りてくると言われています。

年神様は神様ですから家に入っていただき、その一年の実り豊かな日々をお願いしたいですよね。

また日本は農耕が盛んでしたから年神様をお迎えすることにより、その一年の五穀豊穣も祈ったとされています。

その為、年神様にはぜひとも家に来ていただきたい!そこで門松が家の目印になり、依代(よりしろ)となるのです。

簡単に言えばお正月にやってくる神様の為の目印と仮の住居というわけです。

ところで、門松と言えば一対ですよね。現代のように一対になったのは、江戸時代からだといわれています。

向かって右が「赤松の雌松、赤南天、紅梅と笹」、左が「黒松の雄松、白南天、白梅と笹」を飾るのが一般的です。

赤松は山、黒松は海岸沿いに見られる松で、新しい一年も海や山両方から恵みがありますようにという願いから、一対で飾ることが広まったとされています。


門松と徳川家康の意外な関係性

門松の竹の切り口には2種類あります。

真横に切ったものを「寸胴(ずんどう)」、斜めに切ったものを「そぎ」と呼びます。

元々は寸胴が飾られていたのですが、ある武将の行動がきっかけでそぎが登場したと言われています。

実はその人物は徳川家康です。誰でも知っているような将軍ですが、勝ち戦を続けてきた家康が、人生最大の敗北を喫した戦いはご存知ですか?

それは「三方ヶ原の戦い」です。

1573年三方ヶ原(現在の浜松)で武田信玄との戦いに負けた家康。

その翌年、新年の挨拶に手紙が信玄から届いたのです。

そこには「松枯れて竹類なきあしたかな(まつかれて たけたくいなき あしたかな)」と書かれていました。

家康は当時松平を名乗っていて、松(家康)のことを竹(信玄)が滅ぼすという内容だったのです。

もちろん家康は激怒しましたが、家臣が読み替えた句があります。

松枯れて武田首無きあしたかな

これは武田の首はない、次回こそは絶対に勝つぞ!という意味です。これに家康は奮起し、竹を斜めに切ったと言われているのです。

お正月の門松の竹を斜めに切り落とし、竹やりに似せてしまった。これが江戸時代以降には、関東を中心に広まったのです。


門松を飾る時期

一夜飾りが禁忌なのは何となく理解していますが、門松を飾っている期間とは正確には一体いつなんでしょう。

門松を飾るのは意外に早く12月13日以降であれば、いつから飾っても良いとされています。ですが、12月29日に飾るのは「29=二重苦」、また9が付く最後の日(末日)のことから「苦待つ(9、末)」とされ、縁起物を飾るには良い日ではありません。

同じようなことから31日に飾ることは「一夜飾り」や「一日飾り」といって年神様に対して失礼な行為だと言われているので、こちらもよくありません。

正月飾り大凡28日までに飾るのが良いのです。

また、最近はクリスマスをお祝いすることが当然のようになり、あまりにも早く飾ってしまうとクリスマスと合わないということで、26~28日頃に飾るというのが定番になってきました。

またしまう時期は、正月飾りは基本松の内の間だけ飾っておきます。

地域にもよるのですが、一般的な松の内は1月7日までです。

昔と状況が変わり、現代の日本では一対の大きな門松を家の前に飾ることはなかなか出来ませんが、門松の意味を知り神様をお迎えする気持ちを持てば、少しは年神様の御利益があるかもしれませんね。


まとめ

門松は何の為に飾るの?その意味と置き方は?
門松のメインは竹?松?
門松は神様の為の目印と仮のお住まい
門松と徳川家康の意外な関係性
門松を飾る時期

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ