カフェインやアルコール!辛い物が授乳中にダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

母乳はママの血液から作られるもの。

赤ちゃんの 授乳中 に何でも食べたい飲みたいからと普段通りにしていては、血液がドロドロになって良い母乳が作られないこともあります。

摂取量によっては、乳腺炎などのトラブルが起きることも。赤ちゃんに与えるものは、なるべく質の良い方が良いですね。

授乳に ダメ と言われるものは、脂っこいものや甘いものなど色々ありますが、特に、カフェイン、アルコール、辛い物は避けましょう。

ここでは、それらがなぜダメと言われるか、その理由についてご紹介いたします。


カフェインやアルコール!辛い物が授乳中にダメな理由

カフェインはなぜダメ?注意することは?

カフェインは、摂取するとすぐには分解されません。

そのまま母乳に出てしまうので、赤ちゃんに悪影響が出ます。

カフェインが入ることによって、赤ちゃんの寝つきが悪くなることもあります。

また、落ち着きがなくなったり、夜泣きがひどくなったりなど悪いことばかりが起きます。

さらに、カフェインには血液の流れを悪くさせる作用もあるので、妊娠初期から控える方が良いくらいです。

母乳やミルクしか飲まない赤ちゃんに、例えば、コーヒーを与えたらどのようになってしまうか、想像するだけでぞっとしますね。

それでも、どうしてもコーヒーを飲みたいママは、たんぽぽコーヒーやカフェインレスのコーヒーで我慢しましょう。

一般的に、カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶、抹茶、ほうじ茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどに含まれます。

特にお茶については、麦茶がお勧めです。

基本的に麦茶にはカフェインは含まれていません。

また、紅茶はコーヒーよりもカフェインが多く含まれているという報告があるので、紅茶派のママは、ハーブティーがお勧めです。


アルコールはなぜダメ?避けるべきもの

赤ちゃんは、消化器官がまだ未発達です。

そんな時に、母乳を与えているママがアルコールを摂取してしまうと、赤ちゃんの体に負担をかけてしまうばかりか、中毒になってしまう危険もあります。

大人でさえ、アルコールの摂り過ぎによって、急性アルコール中毒になって病院に搬送される人がいるくらいですので、少量のアルコールでもとることは厳禁です。

アルコールが母乳を介して赤ちゃんに入ってしまうと、脳や発育に影響が出ると言われています。

では、お酒を飲まなければ大丈夫、と思うかもしれませんが、これも注意が必要です。

洋菓子など洋酒が含まれているものがあります。

少量だから、と考えてしまいがちですが、ひとつにどれくらいの量が含まれてるかはわからないですよね。

こういったものも授乳中はダメ、と考えておきましょう。

普段から、購入する商品のパッケージから含まれている原材料をよく確認するようにすると安心です。

外食時にも、店員さんに授乳中であることを伝えておくと良いでしょう。


辛い物はなぜダメ?

辛い物をとったからといって、辛い母乳が出るわけではなりませんが、一般的には母乳の味や質が悪くなります。

辛い物を食べたママが母乳を与えると、いつもより飲んでくれなかった、全く飲んでくれなかったなどの報告がしばしば聞かれます。

また、味だけでなく、辛い物は刺激物となって成分がそのまま母乳に移行するので、赤ちゃんの内臓に負担を与えたり、湿疹ができたり下痢になったりと悪影響を及ぼす心配もあります。

辛い物の代表例として、カレーがありますが、市販のルーには大量の油脂が含まれているため、これによって乳腺炎にかかる人もいますので、注意が必要です。

絶対香辛料をとるなという意味ではなく、辛い物をとったことによって赤ちゃんに何かしら悪い影響が見られたら、辛い物は控えましょう。

以上、授乳中にとってはダメなものをいくつかまとめました。

上記3つは、授乳中は少量でも赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるものなので、なるべく含まれていない食品や飲料をとるように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ