赤ちゃんが危険!授乳中のアルコールがダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

baby

だんだん日差しが強くなり、暑くなってくると飲みたくなってくるのがビールですよね。

お仕事をしていた時は仕事終わりに飲みに出かけたり、家でまったりと晩酌したりと アルコール を楽しんでいたママもいるのではないでしょうか?

育児や家事が一通り終わり、子どもが寝てようやく一人の時間!

自分にお疲れ様!とビールをプシュッとしたくなる気持ち、すごくよくわかります!

でも妊娠中に控えていたアルコール…、授乳中 でも飲んでいいのでしょうか?

ここでは、授乳中のママがアルコールを飲むとどうなるか、何がダメなのかをまとめました!


スポンサーリンク

赤ちゃんが危険!授乳中のアルコールがダメな理由

母乳の元はママの血液

母乳はママの血液から作られます。

ママが摂取したものが母乳となるため、授乳中のママがアルコールを摂取すると、母乳にもアルコール成分が入ります。

早いと数分で血中にアルコールが入り、その時に作られる母乳も、普段よりアルコール濃度が高くなります。

赤ちゃんの身体はまだまだ未発達。そんな赤ちゃんにアルコール濃度の高い母乳を飲ませてしまうと、うまく分解できず体内に残ってしまいます。

また、アルコールを摂取すると母乳を作るためのホルモン「プロラクチン」と母乳を出すためのホルモン「オキシトシン」が抑制されてしまい、母乳の出が悪くなると言われています。

アルコールは神経に働きかけ、精神をリラックスさせたり、胃液の分泌を促して食欲が増進したりする作用があります。

アルコールは胃腸から吸収されて、30~60分で血中アルコール濃度がピークになります。

そして肝臓を通ってアセトアルデヒドに分解され、最後は水と二酸化炭素として身体の外に排出されるのです。

ところが赤ちゃんの身体はまだ未熟です。

アルコールを分解する力も弱く、アルコールの影響を非常に受けやすいです。

飲酒後に作られた母乳のアルコール濃度は、ママの血中アルコール濃度とほぼ同じ濃度です。

授乳中のママが多量のアルコールを摂取したり、長期間アルコールを摂取していると、赤ちゃんにアルコール中毒の症状が出る可能性があります。


飲酒後の授乳…赤ちゃんへの影響は?

アルコールを含んだ母乳は、赤ちゃんの発達に影響を及ぼすと言われています。

低身長

睡眠時間の短縮

肥満

運動能力の発達の遅れ

記憶障害

学習障害

このようにアルコールは赤ちゃんには悪影響しか与えません。

ママが多量の飲酒後に授乳して、赤ちゃんが急性アルコール中毒になって死亡した例もあります。


授乳中は絶対禁酒?

アルコールが大好きなママにとっては、妊娠中から授乳中まで長期間の禁酒が辛いですよね。

どうしてもアルコールが飲みたくなったら、授乳スケジュールを考えましょう。

一般的に1時間で体重1kgあたり0.1gのアルコールが体内から抜けると言われています。

アルコール度数5%の350ml缶ビール1本あたりのアルコール量は約14gです。

体重が50kgのママは1時間に5gのアルコールを処理できるので、約3時間でアルコールが抜ける計算になります。

その間に作られた母乳は搾乳して捨てましょう。

ただし、アルコールが抜ける時間は個人差があるため、3時間で完全に抜けたと過信するのは危険です。

念のために授乳は半日~1日は時間を空けたほうがいいでしょう。


種類が豊富なノンアルコールドリンク

ここ最近、飲酒運転の取り締まりも厳しくなり、ノンアルコールドリンクの需要が増えました。

スーパーへ行けばビール・カクテル・ワインなどいろいろなテイストのノンアルコールドリンクが売っていますよね。

アルコールが飲みたくなったら、ぜひノンアルコールドリンクを飲むことをおすすめします!

今のノンアルコールドリンクは本当にアルコールを飲んでいるような感覚になれる本物志向な商品がたくさん出ています。

赤ちゃんを守るためにも、アルコールは控えたいところ。

ぜひノンアルコールドリンクを活用して、育児の合間の息抜きをしてくださいね♪


まとめ

赤ちゃんが危険!授乳中のアルコールがダメな理由
母乳の元はママの血液
飲酒後の授乳…赤ちゃんへの影響は?
授乳中は絶対禁酒?
種類が豊富なノンアルコールドリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存