除夜の鐘が鳴るのは煩悩と同じ数?108回の理由は何!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

除夜の鐘が鳴るのは煩悩と同じ数?108回の理由は何!?

nane

12月31日の夜、静かな時間に聞こえる除夜の鐘。実際に神社に赴き鐘を鳴らす人もいるのではないでしょうか。ところで、除夜の鐘 の数は煩悩(ぼんのう)の数、つまり108個というのが一般的だと思いますが、ではなぜ煩悩の数だけ年末に鐘を鳴らすのでしょう。しかし、108という数字は実は煩悩ではない説もあるのです。

そもそも「除夜」って一体何か知っていますか?

そこで今回はその理由をお教えしましょう!除夜の鐘を鳴らす理由、そして108回の数の理由を徹底解明です!


大晦日に鐘を鳴らす理由

除夜の鐘で鳴らす「鐘」。これは、仏具の一つで「梵鐘(ぼんしょう)」と呼ばれるものです。普段は朝と夕に鳴らされ、時間を知らせるために使われています。では、なぜわざわざ「大晦日の夜」に鐘をつくのでしょう。

元来、仏教では「正月」と「盆」の2回祖先の霊を祀る儀式が行われていました。

これが時代を重ねるうちに「正月は年神様に新年の豊作を祈る」という、神道の信仰へ徐々に移っていきます。その為「祖先の霊を祀る」という仏教の儀式は、近年では年1回お盆のみに行われていき、仏教に元々あった風習のうち正月に関しては「除夜の鐘」をつくというものだけが今も残っていると言われているのです。


そもそも「除夜」って何?

除夜の鐘を鳴らす理由の前に、「除夜」の説明をしましょう。

「除夜の鐘」は大晦日の夜にお寺で鐘を鳴らすことを言いますよね。

「除夜」とは「除日(じょじつ)の夜」のことを言います。

「除」という言葉には「古い物を捨て、新しい物に移る」という意味があります。

一年で最後の日にあたる大晦日は「古い年から去り、新しい年を迎える日」なので「除日」とも呼ばれます。

つまり「除夜の鐘」の「除夜」は「大晦日の夜」のことをさしているのです。


「108」の理由

では、何故大晦日の夜に「108回」も鐘をつくのでしょう。

一般的に「人間の煩悩の数が108個なので」と言われていますが、実はこれは仏教的な理由で他にもいくつか説があります。

人間の煩悩の数

一年間を表している

四苦八苦を表している

などがあります。


人間の煩悩の数

煩悩って、そもそも何かご存知ですか?煩悩とは「人間の心を惑わせ、悩ませ、苦しめたりする心の働き」を言います。具体的にはどんな物かと言うと、代表的な物に「欲望(肉体的または精神的)」「怒り」「執着」「猜疑(さいぎ)(他人の行い、性質を素直に理解しないで、妬み疑うこと)」があります。

そして、これらは全て人間の6個の感覚器官(=六根(ろっこん))から、もたらされるのです。その6個とは「眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)、意(い)」です。

また、六根全てが感じ取る状態に、それぞれ「好(こう)、悪(あく)、平(へい)」があり、更に「浄(じょう)、染(せん)」と、分けることができます。

「好」は「気持ちが良い」ことをさし、「悪」は文字通り「嫌な気持ち」をさします。「平」は2つの間で「どうでも良い」ことを言います。更にそれぞれを2つの状態に分けたのが「浄」と「染」ですが、「浄」は「きれい」、「染」は「きたない」を意味しています。

ここまでで、煩悩の数は「6×3×2=36」ですね。

この36通りの状態を、今度は時間軸に分けるのです。つまり「前世」「今世」「来世」の3つです。

「6×3×2×3=108」となり、人間の煩悩の数は108個となるのです。


一年間を表している

108回の鐘が一年間を表している、とは一体どういうことでしょうか。

「二十四節気(にじゅうしせっき)」をご存知ですか?二十四節気は「二十四気(にじゅうしき)」とも言います。これは、季節を表すうえでとても重要な役割を果たしています。

太陽の黄道上の視位置により24等分して、その分割点を含む日に季節を表す名称を付けたものです。簡単に言うと「太陽が移動する道(=黄道)を、24等分して名前をつけたもの」です。

カレンダーに「立春、立夏、立秋、立冬」は毎年必ず記載されていますね。この4個は二十四節気、つまり24個の季節を表す名称のうちの4つになります。他にも「春分、秋分」「夏至、冬至」などもそうです。

この二十四節気のそれぞれを更に「初候、次候、末候」の3つに分けます。これは時候を表すもので「七十二候(しちじゅうにこう)」と言います。気象や動植物の変化を知らせるものです。

「一年の月の数…12」+「二十四節気…24」+「七十二候…72」=108となります。


四苦八苦を表している

四苦八苦はご存知ですか?古来より伝わる四字熟語ですよね。除夜の鐘をつくのに、四苦八苦が関係しているとは、あまりピンとこない方も多いと思います。

四苦八苦は仏教での「苦」を表す言葉で、この場合の「苦」は「苦しみ」ではなく「思うようにならない」ことを意味しています。

人間の根本的な四苦(しく)である「生、老、病、死」、これらは自分の「思うようにならない」ことです。この四苦に、更に「愛する物と別離すること」「怨んで憎んでいる人に会うこと」「求める物が得られないこと」「人の肉体、精神が思うようにならないこと」の4つの苦を併せたのが八苦です。

当て字になってしまうのですが、四苦八苦…4×9+8×9=108となります。

新しい年を迎えるにあたり、四苦八苦を祓うために108回鐘をつくという意味になります。


除夜の鐘をうつタイミング

大晦日の夜。今年も残り僅かになると除夜の鐘が聞こえてきますよね。では、除夜の鐘は大晦日のうちに何回聞こえるのか、数えたことはありますか?

除夜の鐘にも作法があり「107回までを大晦日に、残りの1回を新年につく」というのが多く見受けられます。最後の1回を新年にうつのは「新しく迎える一年が、煩悩に惑わされないように」という願いが込められています。

ただし、これは一般的な打ち方ですので、もちろん違うタイミングで鐘を鳴らすお寺もあります。静岡県富士宮市にある大石寺は、年明けと同時に1つめの鐘をつくそうです。

また最近では多くの参拝客が列をなし、除夜の鐘をつきに訪れるので、お寺によっては108回で終わらないところもあるそうです。他にも「捨て鐘(すてがね)」といって、2つ多く鐘をうつお寺もあります。


三大名鐘と三大鐘楼

除夜の鐘を実際にうち、近くで聞いてみたいと思いませんか?近所にお寺がある方は気軽に初詣がてら参拝してみるのも良いかもしれません。しかし、もし機会があるならぜひ「三大名鐘」や「三大鐘楼」といわれている梵鐘があるお寺に参拝するのもお勧めですよ。

三大名鐘…神護寺(京都)、平等院(宇治)、園城寺(大津)

三大鐘楼…方広寺(京都)、知恩院(京都)、東大寺(奈良)

いかがでしたか?今まで何の疑問のなく、ありがたみも感じずに「除夜の鐘」を聴いてきましたが、今年からは身を引き締めて聞いてみたいと思います。


まとめ

除夜の鐘が鳴るのは煩悩と同じ数?108回の理由は何!?
大晦日に鐘を鳴らす理由
そもそも「除夜」って何?
「108」の理由
人間の煩悩の数
一年間を表している
除夜の鐘をうつタイミング
三大名鐘と三大鐘楼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存